お正月終り

お正月が子供の頃と比べ、短くなった感が強い。また、年末年始感も薄いな~。
お店がお正月も開いている、時間感覚が違ってくるなど有りますね。
時間感覚って事で言えば、心拍数説が腑に落ちる派ですが、心臓ドキドキしていると時間の流れが遅くなるなら、早くなる薬を服用してサーキット走ると、挙動への対処など丁寧に出来そうですねw。レースに限らず、一瞬の勝負が大事なスポーツ選手の心拍数を調べてみたい~(笑)トップ選手は鼓動が早かったりして。



冷え込み厳しいです。
今日は暖かい部屋で取り組めるマスキング作業で幸い。
e0085968_11382919.jpg





ラインテープは1本1本、慎重にバランスを考えながら貼っていくものですから、
時間が掛かって仕方が無いです。
e0085968_11385836.jpg

ヘルメットのお見積もりを頂いた際、私の感覚でも高額でお伝えしてしまうのはこのせい。

今年は「外」へ出ようと思います。毎年言っているようですが、昨年は長期お預かりのご依頼も多く。極力外に出ず仕事に専念していましたが、良い面よりも悪い面が多かった。
先日、早速ミニバイクコースへ午前中足を運びましたが、上記のような微妙な塩梅は、そこの世界ではもう求められていない様子。


正月にテレビで生け花の番組を観ました。タレントさんの生け花を先生がダメだしする番組。
先生が手直しすると確かに見栄えが良くなるんですよね。
でも、その差って、正直私には先生が言うほどの大差は無い印象。また、「作法」に拘りすぎて自由度が無いんだな~とも。
私のやっている事もそうなんだろうな~、ちょっとした事で全然違って見えるんだけど、多くの方からは大差なく感じるんだろうな~、、と思うと同時に、これからは「作法」や固定観念をもっと除去していかないとダメだな~と感じた次第です。




年末のお話。
昨年の、車のドアロックモーター作動不良の続き。

秋頃にはまたもや作動不良が再発。
e0085968_1140848.jpg





そこで今回は、ドアロックモーターの汎用品を取り寄せて対処してみました。
FC280PC-22125
e0085968_11404964.jpg


予想通りというか、大きさは同じですがシャフトの長さや径が異なってました。



ブラシだけ移植しようと確認。
e0085968_1141475.jpg


せめて中は同じだったら、、願望は叶いませんでした。





とりあえず分解。
e0085968_1141151.jpg





磨り減ったブラシ
e0085968_11412662.jpg






汎用モーターブラシとの比較。
e0085968_11413986.jpg


汎用品は当り面が約半分。
純正は15年、7年はもつか!?




ブラシの銅板!?から折ってハンダ付けで移植。
e0085968_11415474.jpg





組み付け完了
e0085968_1142671.jpg



今の所、至極良好です。
作動音が力強くなり、しっかり動いている事も感じられます。

サラリーで働いていない私のような人間には、経済的にはこんな手間掛けるより、仕事を行い、その対価で新品アクチュエーターを買った方が良いですが、趣味・楽しみって事なんですよね~。



Kさん、モーターのギア抜き貸して頂き有難う御座います。
出番無く済んで良かったです。



では~



_
[PR]
# by os_design | 2017-01-12 11:50 | Diary

あけましておめでとうございます。


大晦日には、その雰囲気を味わいたくなり奈良公園へ。
e0085968_11531553.jpg




東大寺~春日大社をXRでお散歩し、大晦日の混雑で雰囲気を楽しみました。
e0085968_11533972.jpg




年末年始は何かと用事を見つけてお散歩してました。
e0085968_1154533.jpg

受験生が居ますので、合格祈願で有名!?な安部文殊院へお守りを買いに。



少し足を伸ばせばまだまだ未踏の道が。
e0085968_1154313.jpg







奈良盆地
e0085968_11552641.jpg




e0085968_1155416.jpg



e0085968_11555178.jpg



冬装備をしていると、思ったほど寒くない、という事を思い出しました。


本日は趣味の為出勤しました。
明日から仕事始めです。

旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。





_
[PR]
# by os_design | 2017-01-05 11:57 | Diary

今年中に完成です。

昨日も晴天に恵まれ、ふらりお散歩。

目的地はくろんど池。
e0085968_1115167.jpg


ようやく見つけた「夏草や 兵どもが 夢の跡」




ここは、その昔走りのスポットだったんですよね。
e0085968_1117402.jpg





もう、10代の頃に「どこだろう?」と何回か探しに出たのですが、辿り着かず、、。
その後も、思い出す度に探すも辿り着かず。
e0085968_1118370.jpg

今回、ビックリ!実にシンプルな道順で、且つ、自宅から20分もあれば着く、、(汗)。
今まで、点在する「くろんど池こちら」看板頼りに行ってたのがまずかったか、、。





未だ二輪通行止めなので、迂回路へ。
e0085968_1120303.jpg

売店が有ったり、観光地化してるんですね。






どんな道なのか気になり、4輪で通過してみましたが、
e0085968_1122229.jpg


3つ4つの荒れたコーナーのみの僅かな区間のみ通行止め。
もう、制限解除してもいいでしょ~と感じた次第。

大阪~奈良、、特に河内地方にお住まいの方ならご存知、
山越えの道はことごとく二輪通行止めなんですよね、、。



昔々、その昔、、勤務時代はそれなりにレースサポートをしていました。

私がライダーさんと直接お話させて頂く場合、やはり皆さんは結果で応えたい!と申されますが、「私は結果は重視しないんです、、正直、結果出た所で仕事には結びつきにくいんです。それよりも、、」


結果は重視しないとはいえ、スポンサードしていたのは十分な結果をそれぞれ残して来られた方ばかり。
やはりレースは資金力が必要です。
何かしらの方法で資金を稼ぐ能力のある方ばかり。レースへの情熱を仕事に向けると大成する方ばかりです。
そんな方々ばかりでしたので、「それよりも、、、いつかは引退する時が来ます。その引退してからの活躍に期待しています。」
稼ぐ能力がある方々ですので、将来的に社会的地位を得る方が多いだろうと考えていました。

具体的には、二輪レース・レーシングライダーは勿論、二輪の地位向上のため「引退後、社会で出世した際、隠さずに胸張ってレーシングライダーでした。と述べて頂きたい事が一つ」「それと、然るべき地位に付いたら、社会に残る二輪への理不尽への対応」をお願いしていました。
どの道、私には将来的にそんな力を持つ事が無いだろうと、皆さんに賭けてました。


大半の方は忘れてるだろう~な~(汗)
まだ20代のお話、、。青二才が戯言語ってるわ~~くらいだったろうな~(泣)


ここも大阪某所
e0085968_1125711.jpg


ここは流石に大阪~奈良への交通の要所ですので今も通行出来ます。
、、奈良~大阪への交通に関係の無い奥の方は、未だ通行止めありますが(苦笑)。


この写真に憧れて、若かりし頃GSXRを購入しました。
e0085968_11252559.jpg


この仕事に就いてから、レーシングライダーとして活躍されていた本人さんと出会いましたが、感動したな~~。

今は強い影響力持ってそうなんだけどな~、、通行止めとかなんとかしてくれないかな、、(^^;




池の周囲を散策していると、林道が!
e0085968_11271134.jpg




どこまで続くのだろう、、、
e0085968_11272248.jpg


直ぐに終わりました。

くろんど池は心霊スポットでもあるそうな、、、。
赤い三輪車が出るらしい、、、。赤三レーシングかっ!?(笑)






ZRX 作業ご報告です。

色は塗り終え、今はクリヤの塗り重ねを進めております。
e0085968_11273986.jpg




タンク・ビキニカウル、共に見本のラインを再現という事でしたので、
極力再現を行いましたが、意図が不明な点は変更を加えております。
e0085968_11282529.jpg





右見本、左今回
e0085968_11285825.jpg




こちら見本
e0085968_11291698.jpg




こちら今回
e0085968_11293037.jpg




このようなシンプルなラインの場合、大抵作業者は意図して微妙な味付けをします。
その意図は、同じ作業者として大抵読めるものです。
こちら見本です。
e0085968_11295225.jpg

ラインが均等に同じ幅で配置されておらず、また前側に向かって歪みつつ上がっています。
また、正面から左右のパターンがズレて見えましたので、それも修正を加えました。



この意図は、作業性重視・コストへの対応しか考えられず、
極力元の味付けを維持しながら修正を加えさせて頂きました。
e0085968_11311289.jpg

作業者次第で得手不得手はあります。この辺は重視されなかったのかも知れません。

休みに入るまでには完成です。逆に言えば完成したら休みに入ります(笑)



GPZ900Rタンク
もう殆ど完成です。
e0085968_1132927.jpg


もう十分綺麗ですが、最後の磨き仕上げが残っています。
あと1回のポリッシュで完成です。



年末年始の休暇は29日~5日までを予定しております。
今年も皆様のおかげで一年を終える事が出来ました。
お仕事を頂く事は、大層ですが「生きてても良いよ」と同義語くらいに思います。
今年も多くの皆様に大変感謝しております。
来年も引き続きご愛顧の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。




では~!



_
[PR]
# by os_design | 2016-12-26 11:46 | 作業・完成品

お散歩と日々徒然

日曜日は友人が生駒へレース観戦に行っていると知り、
昼にスポーツランド生駒へ
e0085968_10474380.jpg



朝はハンドルカバーを装着。
e0085968_10475728.jpg

手持ちのグッズが古い品ばかりの私。
そうか、、これも既に15年以上前の品。
ハンドガードが無いと、レバーにカバーが干渉して操作し辛い当時品。今は大丈夫なのかな!?
この日は暖かいので取り外し。オーバーパンツも暖かくて不要。




そして、グリップヒーターの動作確認も。
e0085968_10485219.jpg


ふと、気が付きましたが、これが手持ちのパーツで一番古い!?
17歳からのお付き合い。レーシングワールド本店かバイクショップ光で買ったような、、。
最初はVJ21A・RGV250Γに付けていました。
そういえば、、、当時に「オヤジ臭い」「カッコ悪い」など散々言われたような(笑)
全然気にしていませんでしたw。だって少しでも暖かい方がいいんです。
昨今のグリップヒーターは凄く暖かいと評判ですね、、。
こちらは、、四半世紀前のですから(笑)


動作確認が出来ず、思考錯誤している時「今日は生駒」を知り、
中断してそちらへ。



ちょっと話しして帰ろうか、、と思っていましたが、
e0085968_10491257.jpg





レースが面白く、結局最後まで観戦。
e0085968_10492579.jpg

帰ってから調べたら、モトチャンプ杯でした。
そりゃ見応えありますね。




トイレの給水タンクのダイヤフラムが破損していました。
e0085968_10494182.jpg


ネットで品番は直ぐに解りましたが「HH1113」「TH405S」と二つ同じ品としか思えない品番が。
出来ればリアル店舗で購入したい私。近くのホームセンターで「TH405S」が売っていましたので購入して交換。動作確認OK。
こんな耐久消費財に、機種専用品である薄いゴム膜の「ダイヤフラム」を採用している事に疑問符が付きました。10年は持ちましたが、、。グーグル先生曰く、21世紀に入ってから、それまでの一般的な汎用仕様から各社独自の仕様に変化している模様。
いいのかな~、、これで。



昨晩の帰宅時、余りの濃霧で町が停電したように真っ暗。22時くらい。
いつもなら、街の明かりとまでは行きませんが、先に明かりが見えています。
明日は暖かくなる予報ですが、すでに前兆が。
e0085968_10533821.jpg


スマホのカメラって便利。
濃霧の中、目視よりスマホのモニターでは先が見えている。助かりました。

もしかして、フロントガラスやヘルメットのシールドを、カメラモニター仕様にしたら、撮像素子の力で夜間でも昼のように見えるのでは!?ヘッドライトなんてハロゲンで十分。むしろもっと暗くしないと白飛びしそう。

パナソニックの透過ガラスモニターとソニーのISO409600の撮像素子とか組み合わせて。
っていうか、ISO409600って凄いな~。今はもっと良いのあるのだろうか、、私のカメラ、ISO3200(苦笑)


ナビ用途は既に存在していた気がしますが、夜間用って!?

じ、、実用新案とか知的財産の権利取れるかな(笑)


やはり今朝も濃霧。
e0085968_10542217.jpg

こんな時期に濃霧とは珍しい。



もう年末なんですね。折々の行事や季節感を感じたい方ですので、
未だ全くそんな気分になって無いのが残念。今日も単なる毎月の21日の気分。

年末年始の休みを決めなくては、、。
結局、今年はGWもお盆も特に休んで癒してませんので、
年末くらいは癒そうかと思います。


では~!




_
[PR]
# by os_design | 2016-12-21 11:07 | Diary

作業ご報告です。

本日快晴
e0085968_12492010.jpg




ZRX、プライマーサフェーサーまで進みました。
メールでのご報告は不要だということでしたのでこちらで。
詳細は省かせて頂きますが、どうぞご覧下さい。
e0085968_12495177.jpg

新品未使用品以外は、一見綺麗でも飛び石傷などが多々ありますので、
全面プラサフ塗装して確認します。



外したエンブレムは左右別で保管しています。
e0085968_12511216.jpg


ZRX1100~のエンブレムは左右で形状が異なりますので、
左右別で保管しています。


下地研磨前の下準備。
燃料センサーの基部に、再塗装された際の塗膜が残っています。
e0085968_12522949.jpg

板状のゴムパッキンですからそのままでも大丈夫だとは思いますが、
後々燃料漏れしても嫌ですね。
清掃した後、マスキングして進めます。




燃料コックの方も。
e0085968_1254425.jpg

メーカー問わず純正もそうですが、再塗装でもマスキング無しで塗装されている品があります。再塗装の場合は、安くするための一環か、バイクを知らない4輪塗装業者さんかと思います。純正も塗ってあるんだから大丈夫だろう、、と推測します。その純正塗膜がふやけてしまうのですが。

でも、悪く無いと思いますよ。結果的に「安くして!安く!そして早く!」の圧力から手間も時間も省いた結果ですから。手間賃が大半の仕事です。安く早くしようとするなら手間を省かなくてはなりません。問題はそれを施主が認識しているかどうか。



タンク内に塗膜が落ちないようにしてから清掃です。
e0085968_12564063.jpg

燃料コックも同様に。




フレームへの取り付け部、ゴムが削れてこびり付いています。
e0085968_12574619.jpg


純正でも付きます。ですがちょっと量が多いです。



削り落としても良いですが、ゴムの油分が研磨溝に入り込み、
落ちなくなって不要なトラブルを避ける為、予め極力清掃で落とします。
e0085968_12581847.jpg







原因はこれ。
再塗装時に裏へ入り込んだ塗装ミストが、付着して研磨紙状になり、
乗車時の振動でゴムを削っていたようす。
e0085968_12584450.jpg

削ります。




研磨作業開始です。
タンク周囲の「フチ」に塗膜が厚く付いています。
フチが厚いと、このような欠けが発生し易くなります。
e0085968_12594271.jpg




ちょっとした事で欠けたりめくれたりし易いです。
e0085968_130776.jpg




欠けると錆が発生し易くなります。
e0085968_1302012.jpg





長期間そのままだと、フチから錆が伸び、タンク表面まで達する場合もあります。
e0085968_1302012.jpg

80年代後半~90年代の車両で純正塗装を維持している車両でも、
一見綺麗でもフチから表面まで伸びている場合が多々見受けられます。
四半世紀も経てば当然か。



全周削り込みます。
言葉に表し難いのですが、一見綺麗なタンクでしたが再塗装の時には
結構なダメージを受けていたと見受けられました。
削ってみると周囲の盛り上がりはその際に塗装されたプラサフが大半でした。
経験上ここまで厚塗りとなると、結構なダメージを受けていたと推測出来ます。
e0085968_133278.jpg

プラサフ厚塗りは「悪」とする風潮もありますが、下地時間の大幅短縮に繋がります。

昨今、厚塗り前提のプラサフが開発され、数多く販売されています。
過去はスプレーパテという品も有りましたが今はプラサフで十分です。
私も100均を利用しますが、我々が安く早くを求めた結果です。
塗装業者さんの立場を想像して述べると、仕方無いのです。
尚、こちらは潰されたタンクの代用としてネットオークションで購入されたタンクですので、
オーナーが依頼されたのでは有りません。


削り込みます。
e0085968_1341328.jpg



より念入りに取り組むメニューを考えると、一度全部剥離処理を行い、
ブラスト処理や薬品での錆取りから亜鉛処理などの表面処理、そんな所から始めれば、
より完璧に近くなりますが、下手すると新品タンクよりも高額になりコストが合わないでしょう。

相当なダメージを受けていたと推測出来ますが、ZRX1100系のタンクに有りがちな、
大ダメージの際、損ないがちな造形も残されており、表面も綺麗に仕上がっていますので、
それらを生かしながら進めます。

尚、多色使いでクリヤを塗り重ねた場合もクリヤがフチに溜まってしまいますが、
最終的にクリヤを削り込み、フチの膜厚を極力薄くしています。




研磨洗浄作業を終えたらプラサフ塗装です。
先ずは裏側からです。
e0085968_1364369.jpg


裏側は純正時でも塗膜が薄く錆が発生し易いので、塗装の本来の目的、素材の保護を念頭に塗装します。
溶接されたステー部等は隙間があります。錆が発生し易い箇所です。その隙間へはプラサフを充填するように流し込み防錆を図ります。
そして表へのプラサフ塗装です。現在、ここまで進みました。
引き続き作業進めます。




こちらは別件で、GPZ-Rタンクへのエア取り入れ口加工。
e0085968_1372311.jpg

現在スムージング化を終え、ここまで進みました。




こちらは毎回メールでご報告させて頂いるFZ750シングルシート。

塗装の凹凸を無くす段階に進んでいます。
重力の関係上「凹」が埋まり難いので、必要に応じてこのようにひっくり返して塗装します。
e0085968_1381599.jpg


ヤマハSR400のタンクは、生産ラインで回転させながら塗装しているという記事を読んだ覚えがあります。確か別冊モーターサイクリスト。購読していた頃って20代前後でしたので、もう20年も前の記事です。
クリヤの仕上がりをより平滑にしようとするなら、塗装後にユズ肌と言われるブツブツにならない方が良いのですが、ブツブツにならないという事は、塗装後も直ぐに固まらずベタ~~っと伸びるクリヤが適しています。

伸びるという事は、よりタレ易いということです。
タレるという事は重力に引っ張られています。

その解決方法として「じゃ、重力のベクトルを常に変化させたら良いんじゃね!?」的シンプル発想から、回転式にしていたSRのタンク塗装ラインに「へぇ~!」10回。
おっさんの表現ですね(笑)

無重力で塗装したら塗装肌どうなるんでしょう!?
水のような粘度でも勿論垂れる事は無いでしょうね。
塗装肌が一切無い完璧な平滑な状態に出来そう。
溶剤の揮発時間なども関係する、艶はどうなるんだろう!?とかも。
宇宙飛行士の実験を見るたびに、塗装実験してくれないかな~!?って毎回思います。

ルーティンワークに入りましたので、もっと進みましたら改めてメール送付させて頂きます。



快晴で日向は暖かい本日ですが、この時期の太陽の高度では仕事場裏の林を越えられず、、
仕事場は寒い、、寒いなぁ、、(^^;;
e0085968_1328882.jpg


e0085968_1310232.jpg


晴れの日は調色があればそれに当てます。

旧式の調色ライトしか無いので、自然光基本です。
ただこの時期、日の光も青が地表に着くまでに減衰されていますので、
どんな色も赤っぽく、黄色っぽく見えるんですよね~、、。
最新式のライトなら天候に左右されず大丈夫なんだろうか、、。どんな光源でも色を合わせるのが100%として考えています。しかし、様々な条件から100%は無理なんです。100%に近づけるよう尽力はします。より100%に近づける調色に取り組みだしたら数日は当然、いくらでも時間が掛かります。
最終的にはコストとの折り合い。
100%が無理なので、普段から色は違ってきますと謳っています。
99%合っていても1%違うなら、それは色が違う。
なぜ?と興味がある方はご説明するにも長くなりますのでどうぞグーグル先生に(^^;
基本は自然光の見た目で進めます。


大規模4輪塗装工場のお客さんから常時ライトだと伺っているので、
使えるんでしょうね、、。一体幾らするのか聞くのも怖いですが(笑)
e0085968_13112554.jpg


っていうか、今外みたら曇ってる、、
やるせないな~


では~!




_
[PR]
# by os_design | 2016-12-15 13:12 | 作業・完成品