奈良観光

先日、奈良観光へ行って来ました。

=3/21 修正追記しました=

遠足始め子供の頃に奈良観光をした事あるものの、大人になってからは観光をした事は無く、大人になった今、改めてしてみたいと思っていた所、丁度キッカケがあり後輩を募って行って来ました。
訪れたい所を幾つか挙げるも、時間計算すると全然足りなく奈良公園をメインに。


先ずは20年振りに母校へ。
そして皆がサボっていた某公園に。
遠方から来た者もおり、思いの他盛り上がり時間を要しましたので、
次の法隆寺はとりあえず来た!(笑)程度で。
e0085968_1155263.jpg


e0085968_11552123.jpg






そして、昼食は青春の味!彩華ラーメンで腹を満たし、奈良公園へ。
e0085968_11553880.jpg





先ずは東大寺。
ビックリした!
門から余りの巨大さにビックリです。
e0085968_115633.jpg


やはり、子供の頃とは見方が違ってて面白い。

確か、何度か火事で消失したりと、建立時の建物では無いと覚えてますが、
それよりも、当時の携わった職人さんへ思いを馳せました。

当時の鳶職人に安全帯ってあったのかな!?
あんな高い所で仕事なんて怖すぎるし凄すぎる!
構造計算なんて経験でしょ!?こんな巨大な建物を勘みたいなものだよね!?凄いな~!
鋳物や彫金職人さんなど、実に多くの職人さんが全国から収集されてたんだよね!?
とか、現場の方々へのご苦労や思いなど色々考えさせられました。
-PR 構造設計は大阪のOSD設計へ是非♪-
OS・Dを子会社にしてくれないかな~笑

e0085968_11563325.jpg

この雰囲気ってVR技術で何とかなるんだろうか!?
実際に見るのが大事って改めて感じました。

確か、疫病の蔓延から荒れた国を治める為に建立されたと覚えていましたが、
ネットで調べると、疫病の文言が無い、、。
学生時代、歴史はうたた寝の時間でしたので、私の知識なんてそんなモノ(笑)
尚、英語は完全就寝時間でした。(笑)



また、奈良時代の国を挙げてのこの投資が、形が違えど今も生きてる!今も回収が続いてる~~!と思うと感慨深い。
8世紀の奈良時代の投資で、今も飯食べてる方が居ると思うと、様々な困難や問題はあるものの、国の投資ってこうじゃなきゃ駄目だよな~とかいう思いに。
1200年前の投資が今も生きてるって、ほんと凄いな。


おっさん集まって集合写真(笑)
見事に会社の慰安旅行の風。
e0085968_1157334.jpg


私が卒業後、学生を集めてバイクレース、NK4に参戦させるという企画が有りました。関西の大学のバイク倶楽部・サークルからメンバーを募り、鈴鹿サーキット・コンストラクターバイクメーカーもかな!?関係各位の力で学校毎にロードレースに参戦させる企画です。

全てをお膳立てして走らせてたんです。鈴鹿の走行も、無料でいつでも可という驚きの企画。

私が卒業後に始まった企画、、、なんて運が無いんだ、、と当時深く嘆いたものです。

そんな好待遇な後輩達が走っている姿を、コース外からドス黒い嫉妬から眼の奥を真っ黒にして眺めていましたね~(笑)

他校でレースで結果を出した学生も居ましたが、企画終了後の総括としては「失敗」だったと耳にしています。

所詮学生、所詮若者。求められるスキルは無く、弊害ばかりだったと耳にしています。

今回、観光した後輩達5人は当時それに参加していたメンバー。
皆、今でもバイク好きではあるものの、実際に所有しているのは三人。

その内、一人は今でも普段からバイクに乗る「バイク乗り」、もう一人は趣味でレース参戦する「レース好き」。そして私の目からみてバイク乗りではあるものの、乗る時間がなかなか取れない「バイク持ち」的な三人。それだけ見ると費用対効果からは確かに失敗だったかも知れません。当初の企画意図は失念しましたが、現状特にガッツリレースに携わる者も無く今に至りますので。しかし、今は皆それぞれ職業人

「バイク乗り」の後輩は、関西圏以外でFMラジオでDJ始め、イベントMCとして活躍しています。自身の持つ番組の中では当時チーム監督としての経験も生かし、地元のYSP店をスポンサーに、バイクの普及を呼びかけるコーナーをお昼時に放送しています。先週は新型MT09の紹介だったかな!?スクーターから大型まで幅広く。思考は「ホリゾンタルグレイ」なのに、プロですから全く感じさせず(笑)。

末席とは言え、二輪業界に身を置く者として嬉しい限り。

ちなみにウチの学校はヤマハでしたので、ヤマハへの恩返しは彼が担ってくれ、投資以上の効果はあったと思いたい。一度バイクのコーナーが終ってしまいました、何かと大変なのでしょう、、今は再開してます。更なるコーナー充実のため、ヤマハ本体が番組スポンサーとして、、お願いしたいな~、、(汗)
プライベートを他人が述べるべきでは無い職業と察しますが、失敗失敗と言われるのが辛く、話題に出してごめんね。


当時のNK4の企画が、職業次第ですがウチの学校では違った形、広くバトンを渡す形で生きています。他の学校でも、今当時の投資が生きてる方が居るんでは!?
当時、それキッカケで休学し、アーブカネモトに付いてWGP回ったどこかの外国語大の彼は今何してるんだろう、、。今もバイク・レース業界に携わっていたら一廉の人物になってますよね!?

今の若者は、、所詮学生、、、、。今も連綿と続くアレw。

当時の総括は失敗であっても、長い目で見ると違ってくるよな、、という思いが、恐れ多いですが東大寺と繋がって見えました。




お水取りの二月堂
e0085968_11573388.jpg




時間が足りなくなり、早足で春日大社~興福寺
e0085968_11575882.jpg


まだ寒い時期でしたが、天候恵まれ観光日和でした。
最後は鳥貴族で同期も参加し酒宴。
時間が足りなくなるくらい楽しめた奈良観光。
やはり企画して良かったです。
みなさんも改めて地元の観光地を是非!



では!










_
[PR]
# by os_design | 2017-03-19 12:26 | Diary

ガレージ414代表 光元様より アライ RX7X 塗装のご依頼承りました。
いつも有難う御座います。
e0085968_1027358.jpg

今回は、前回のそれまでのイメージを一新したパターンでのご依頼でしたが、
前々回のパターンを追加アレンジさせて頂きました。



前々回はこちら http://osdesign.exblog.jp/11142966/
e0085968_1028082.jpg





前回はこちら。リンク、、あれ!?無いなぁ~。未掲載だったかな!?自分でも見つけ難い状態で申し訳御座いません。たまに言われます、見つけ難い・見難いって(汗)私は、、自身のブログなのにグーグル検索で調べています(^^;;;
e0085968_10281952.jpg

こちら、光元氏の「あるテーマ」をパターン化しています。前回は、選手権を離れ気分一新という事でシンプルにしましたが、し過ぎたのかな!?という反省の元、今回は彼のマークでもある「スカル」を何処かに配置しようと思い、






このように追加アレンジさせて頂きました。
e0085968_10291084.jpg





一見、シンプルな塗り分けですが、それぞれの色やパターンに、パール等を入れているのも前回と同じです。
e0085968_10292995.jpg




e0085968_1030490.jpg



e0085968_10302261.jpg



私には光元選手はホンダのイメージが強いですが、昨今カワサキH2で走るイメージに上書きされて来ました。
今年も東へ西へ、レースを楽しまれますように!
公私共にご活躍される事を引き続き願っております。
また、怪我無きように!

毎度のご依頼有難う御座います!





_
[PR]
# by os_design | 2017-03-13 10:33 | Helmet 

広島県N様よりCBR1000RR SC59塗装ご依頼承りました。
e0085968_11301636.jpg

長年、サーキット走行を楽しんでおられるオーナーです。




当初は単色、次に2色、そして今回のパターン有りとその都度変化を付けて楽しまれています。
e0085968_11303566.jpg

当初違和感しか無かったSC59のシートカウル、見慣れたら実にカッコイイ!他車種やカスタムにも大きな影響を与えたと感じます。




シートラバーは長年使っていると、角が破れたり捲れたりしますね。
予め角を丸めて対策とします。
e0085968_1131469.jpg



e0085968_1132178.jpg




スペアと合わせ約2セットです。
e0085968_11321484.jpg

まず転倒は無い方です。今はレーサーでは行わない磨き作業を、街乗り車程では無いですが、全面バフ研磨仕上げとさせて頂きました。




他メーカーレーサーのパターン色替え+αです。
e0085968_11323529.jpg

作業中、大地震でも来たら、、オーナーの大切な愛車を倒す訳には行きませんので、前後スタンド保持に加え、天井からタイダウンで吊っています。建屋が崩れたらどうしようも無いですが、、。ええ、、心配性です(苦笑)

完成してからオーナーが「言われたw」との話しを伺い「あ!」、、と。
スズキの某有力チームカラーじゃないです(苦笑)





遊び要素として「ウイングレット」を製作です。
e0085968_1134080.jpg





モトGPでは今年から禁止ですね。
国内規則は分かりませんが、レース参戦はまず無いとの事で、その点は大丈夫です。
e0085968_11342358.jpg


製作に当り、お遊び要素とは言え他者への安全の配慮や、風を受け止める機能は果たすように進めさせて頂きました。
カウル本体へもカーボン補強を行い、取り外し可能としています。



反対側です。
e0085968_11352910.jpg





オーナーは自動車メーカー始めモックアップ用資材を販売する業務にも携わっておられ、製作に適した資材選び始め相談させて頂きました。
e0085968_11354116.jpg

勉強になりました。誠に有難う御座います。



機能を考慮すると憂慮する点が多すぎます。オーナーのご要望を伺い見た目重視で塗装も施しました。
e0085968_11384589.jpg

機能を優先し実際に機能するとなると、足回り他制御にも影響与えますね。
ウイングレットが産まれた背景を知ると、実に興味深い。




付けては外し、、の繰り返しで製作し見慣れてしまった今、無いと寂しく感じるようになりました。
e0085968_11411937.jpg


大変長らくお待たせ致しました。
もう岡山国際も新舗装完成しましたね~
今年もご安全にスポーツ走行を楽しまれるように!
また、ウイングのハンドリングへの影響お聞かせ下さ~い!
毎度のご依頼誠に有難う御座います。






_
[PR]
# by os_design | 2017-03-06 11:41 | 作業・完成品

油冷GSXR1100 補修塗装のご依頼承りました。
e0085968_1092855.jpg

最初お越しくださった際、余りに綺麗な状態なので伺うと、新車からのワンオーナー。ライトカスタムの殆どフルノーマル車。
もう今年で27歳のGSXRです。私も多感な19歳の時この型の一年古いGSXR1100Kを乗り回していましたので覚えていますが、当時から多くの中古車はロゴ部分のクリヤの剥がれ・浮きが目立つバイクでした。特にタンク。
そのような事も無く、綺麗な状態で動体保存されているGSXRにオーナーの愛情を感じます。



今回、立ちゴケ傷の補修を承りましたが、「当時モノ」感を残す事に特に注力させて頂きました。
e0085968_1010739.jpg





このような、27年間もの長い時間で歪んでしまったデカールの浮きもそのままに。
e0085968_10103569.jpg

崩れ落ちないか心配でした。



サイドパネルも最低限の面積で補修を。
e0085968_10113229.jpg





デカールの帯にもダメージが有りましたので、塗装で補修しています。
e0085968_10114782.jpg


デカールの補修は、その発色が基本的に塗装では再現が難しく、不可能だと考えた方が良いので、その旨お伝えした後に承りましたが、違和感無く仕上げる事が出来ました。端的には、印刷モノのパールやメタリック成分の並びや数を、塗装で同様に揃えるのが非常に難しいのです。同様のご依頼を塗装店に断られた方は多いと思います。私もその点ご承知頂けなければ、残念ながらトラブルの元なので承れません。



e0085968_10122914.jpg





シートカウル
e0085968_10124750.jpg




こちらも主にデカール部分の補修です。
e0085968_1013065.jpg



e0085968_10131036.jpg



e0085968_10132134.jpg





アンダーカウル
e0085968_10135355.jpg



こちらは以前に補修された痕が見受けられました。
丁寧に補修されていましたので一見判別が難しい状態。
e0085968_1014562.jpg





ロゴなどマスキングが必要な箇所は、このように再塗装時のマスキングの痕・ガタが見受けられましたので、
e0085968_10165224.jpg

その痕を無くし、より判別し難い仕上げとさせて頂きました。




ロゴなど、必要なマスキング箇所は全てをデータ化しマスキングを作って進めます。
e0085968_10171237.jpg




データ作っては貼ってみて、データの修正を施しまた貼って、、の結局アナログ作業です(苦笑)
e0085968_1017278.jpg





これ欲しかった~~!のシングルシートカバー。
e0085968_10173972.jpg

ブレててすみません。



これが無いのでゼッケンが必要な際は、ゼッケンプレート使ってました。
e0085968_10175967.jpg


白ヘルメットは大人の証!とか思い、白ヘルメットにしていた二十歳頃。
後にステッカーが増え、、ゴテゴテになり、、結局俺には白は我慢ならん!と塗装しました。(笑)


当時は今回御依頼頂きましたGSXR1100Lが欲しくてたまらなかったのですが、今思うと自分の用途が峠専用機でしたので、細いリアタイヤ(4.5インチ幅)や正立フォーク、キャブも小さいФ36のGSXR1100Kが合っていた気がします。スイングアームもLより短く(当時は短いスイング=スポーティ)峠には良かったかも?


私のGSXR歴を改めて思い起こすと、全てが過渡期車両だという事実、、。

'88GSXR750J
エンジンがそれまでよりショートストローク、後の'90でロングに戻される

'89GSXR11100K
後のLで方向が決まり、M、Nはエンジンは1カム1ロッカーながら同じ車体。更に後のGSFは1カム2ロッカーのLベース、キャブは小さかったですね、、と言う事はKベースかも。

'94GSXR1100W
水冷初期型2年目。95で外装始めフレーム・ホイル等が変わり以後そのまま継続

記憶で述べてますので間違いはあるかと思います。

全てはモデルチェンジ初期型の過渡期マシン(苦笑)


GPZ900Rに乗り始めた後、一度'91GSXR1100Mを手に入れましたが、直ぐに売ってしまいました、、。とりあえず置いとけば良かった、、。

余談が過ぎました。



今後もGSXR1100Lとの生活、バイクライフが豊かでありますように。
ご依頼誠に有難う御座います。







_
[PR]
# by os_design | 2017-02-28 10:22 | 作業・完成品

ぶらぶら

極めて個人的な見解ですが、お笑いを楽しめる大人って人として成熟している気がする。子供の頃とは見方が違いますもんね。私なんか笑わせて貰いながら、賢いな~賢いな~!と感嘆ばかりだという。テレビなんてその時点でのお笑い全日本選手権じゃない!?と思うと見方が変わりました。でも放送に載せられない全日本選手も沢山いるはずなので、劇場とかへ寄席とか凄く見にいきたい。面白いだろうな~、行った事ないんですよ。若い頃、母校の学祭に「ティーアップ」さんが来てくれました。会場大爆笑。私も笑いすぎて腹筋が痛くて痛くて、、。面白かったな~、、でもそれ以後も余りテレビで観ないな~。毒がキツくて放送に載せられない芸だったんだろうな、、と思い出しました。超個人的見解でした。


久し振りにぶらぶら出ました。雨やら体調不良でほぼ一ヶ月ぶり。

笠置キャンプ場
まだキャンプには寒いせいか人はまばら。
e0085968_11165224.jpg




今回は目的地が有りました。
普段のルートでは面白くないので通った事の無いルートで。
e0085968_1117785.jpg





改めて、、カーナビって便利ですね。
e0085968_11172281.jpg

車体からの電源取り出し無し
ブルートゥース無し
の無し無しですが、付けている方の気持ちが良く解るようになりました。




私は大出力マシン好きです。XR230は非力なマシンですが、法定走行の限りにおいては問題無いし大出力なんて要らないとか、実はこれで十分では!?と自身の趣向に反して思ってしまいます。この先に有るのが、昨今デビューしている250ccクラスのアドベンチャーモデルなのかな?と思うと、250アドベンチャーが気になりますが、まだ重いし走らない!と感じるんだろうな。
e0085968_11192366.jpg

でも200キロ300キロなんてドコで出すの!?出せるの!?不要じゃない!?とは思ってませんしこれからも思いません。そこらで出せますし出ます。そういう反社会的な楽しみが残念ながらあるのがバイクだと思っています。
駄目ですよ、そんな事したら絶対に。するならサーキットで。




関西圏の方には馴染み深い、名阪国道を路肩から。
e0085968_1121588.jpg

止まっている間、多くのバイクが気持ち良さそうに走り抜けて行きます。
サーキットに居るみたいな音がする。



視線を移すと大規模太陽光発電所。
e0085968_11373841.jpg

名阪スポーツランド横の発電所、更に広がってるな~。




この日は名阪スポーツランドへ。
e0085968_11391944.jpg

ここは全日本選手権も行われるオフコースなので、素人には過激に見える。
あんなバンクへ思いっきり突っ込んでいくライダーって、ほんと愛すべき尊敬できる人種。人間技だと思えない。昔のここの旧コースを走った事ありますが、私なんて徐行で1周回るのが精一杯。




あの山はトライアル用かな!?轍がある。
e0085968_11405998.jpg


トライアルも凄いね~。あんな所バイクで登る場所じゃない(笑)。




この日は後輩が走りに来ているというので様子見観察に来ました。
着いて直ぐは走行中でしたので、上から資料用の動画撮影をしようと移動したとたん、ピットインして走り出す気配が無い、、。
e0085968_11412954.jpg





その後もトラブルにて走り出せず、、。
e0085968_1141478.jpg

オヤジになっての復帰組ではありますが、それなりの経験者なのに初歩的なトラブルが続出(笑)原因は電気か!?



Cコースではドリフト走行会!?
ドリフトの世界も良く知りませんが、車種は何が多いかな?と見ると今もS13が目立ちました。
10年前と変わらぬ姿。私達世代がハタチ前後の車ですね。部品とか出るんだろうか!?
シャーシ以外、、いや外見以外、流用他でどうとでもなるんだろうか、、。
デビュー年からすると初期のNSRやRC30の世代。バイクでしたら人気車種でもパーツの廃盤続出モデル。そんな所が気になるオヤジでした。




日が暮れる前には帰路へ。
e0085968_1142535.jpg



帰路も景色とちょっとしたワインディングを楽しみつつ帰りました。
元々ライディングスキルはさほど無いのですが、昔のように走れない自分を今回も感じた次第。こうやってどんどん劣化していくのだろうな、、と思うと寂しい限り。ただ、それは日頃の甘えだと思わせる偉人が、身近に居たり見聞きしますので、複雑な心境。64歳で国際に昇格された現役選手権ライダー、岡山国際を600で34秒って凄すぎるだろう、、凄すぎる!。個人的な面識は無いですが偉大すぎると尊敬しています。


では~






_
[PR]
# by os_design | 2017-02-20 11:52 | Diary