Kawasaki H2 

今週末のモトレボ参戦用に、アンダーカウルの加工取り付けのご依頼承りました。
e0085968_1613418.jpg


イチから製作するとなると相当大変なので、他車流用加工取り付けです。




純正触媒は付いたままですので、エキパイ含め膨らみを持たせました。
e0085968_1613516.jpg

見栄えを考慮すると膨らませず「面」で構成出来そうでしたが、
バンク角対策のため、極力追い込んで必要な箇所のみ膨らませました。





スリップオン交換のみのノーマルH2ですが、サーキット向けでは無い車両ながら岡山国際の全日本JSB予選通過可能なタイムで周回されますので、見栄えよりも実用性を重視しました。
e0085968_16145315.jpg

特に気になる触媒部は、隙間5mm以下+カウル厚で収まるようにしました。
これで擦ったら触媒の撤去をお願いしたいです。




走行中の動きを想像し、問題となりそうな箇所の切った貼ったを何度も繰り返して完成に漕ぎ着けましたが、ハードパーツ同様、完成した姿からはそれまでの経緯はなかなか窺い知ることは出来ませんね。なんてこと無い姿。
e0085968_1616968.jpg

取り付けステーは私がチャンネル板で作りました。それを位置関係の型として改めて製作して頂ければ幸いですが、今回、時間が無いですね。



何度も貼りを繰り返すと重たくなりますので、その点も気をつけ重量感が出ないように。
e0085968_16203621.jpg





静止状態では十分バンク角はあるように見えますが、走る方ならご存知の通り、
バンク角は姿勢やサスの入りでも左右されます。
e0085968_1621733.jpg





ステップバーの先端が接地していますので、このような箇所も参考にしています。
e0085968_16214114.jpg




ステップバーの削れた面にL字材をあて、実走行で路面に干渉しそうな箇所を探ります。
e0085968_16281914.jpg

静止状態では問題無さそうでも、バーを基準に見ると干渉しています。




確認しては切った貼ったの繰り返しです。
e0085968_16223989.jpg


大半の方はここまで気にしなくても良いかと思います。
ですが、これが公道では別の問題が。公道はサーキットでは有り得ない路面のうねりや凸凹が有ります。旋回中にそのような箇所を乗り越える際、腹下を擦った経験が有る方もいらっしゃるかと思います。公道で膝のみならず肘を擦るような方は、今後ご依頼有った場合の為先にお伝えしますが、ソコは諦めて下さい。そもそも危ないですよ、、と大人の意見で締めておきます。

また、このような加工の問い合わせを良く頂けるので先にお伝えさせて頂きます。このように念には念を入れた加工まで行うと、H2専用で販売している社外ドライカーボン品の方が確実にお安いです。流用・小加工で多少擦る可能性があったとしても、付いたらOKという事でしたら、専用品よりも安価です。


ゼッケンベースを製作しゼッケン貼りました。
e0085968_16231986.jpg




フロントは綺麗に貼ることを諦めました。
e0085968_16233764.jpg


ラッピング用フィルムは扱った事が無いのですが、ラッピング用なら綺麗に貼れるのでしょうね。





毎度のご依頼誠に有難う御座います!
明日からサーキット入りですね~!
ご武運を祈念致します。



PS 
「まだバイク乗ってるの?」「いい歳してバイク?」
昨今、聞かなくなりましたね。そりゃそうだ、ライダーの平均年齢が50歳越えているのですから。「趣味はバイクです」と言える雰囲気になっています。もう履歴書の趣味欄にバイクと書いても大丈夫では無いでしょうか!?過去バイクブームというのが有りましたね。その時の世代が上になれば現在の状況になるな、、と若い頃待ち望んだものですが、想像した状況とは少し違う。バイク=危険だという事で、まだまだ社会的立場上オープンに出来ない方がいらっしゃいます。後少し、、後少しで、、。

相変わらずゲームもしていますが、最近読書にもハマっております。

読書っていうと高尚な感じで誰にでも言い易い気がしますが、私はそれが偏見だと感じました。啓発本や知識を得る為の読書では無く、たんなる娯楽としての読書。娯楽としての読書でも「ゲームにハマっています。」とは伝わるニュアンスが異なりませんか。人事担当者なら趣味欄に読書は勿論バイクは大丈夫としてもゲームはどうでしょう。記載しても読書なみに大丈夫でしょうか!?
少し余談ですが、これまでブログでは当初よりカタカナ語が嫌いなので極力排除してきましたが、「ニュアンス」を調べると「意味合いが微妙に違う」などがあり、それも少し違うな、、とニュアンスにしてみました。
最近ゲームにハマってますと言うと後ろめたい気がしますが、私には読書もゲームも同じ娯楽なんですよね。楽しいから行っているのであって同じ娯楽。それを後ろめたい気がするのは、これまでの刷り込みと強い先入観。子供の頃ゲームばっかりしていた時期がありましたからね~、散々叱られて来ましたから。
また、ラジオで耳にしましたが「SPORTS」の語源はそもそもラテン語の「娯楽」から来たもので日本では娯楽というよりも修行的な要素も含めてしまいスポーツを楽しむのが下手だ、、うんぬんかんぬん、、。語源の詳細はネットで調べてみて下さい。ウィキによればラテン語から古フランス語へなり英語へ、、などの記述が。
何らかの行為を行う場合、何らかの人生の糧となるような意味合いを持たせないと無駄な行為としてしまう件。私もその傾向が。
私にはバイクも読書もゲームも同じ娯楽なのに、ゲームは後ろめたい気がした事を恥じました。それと共に、読書という娯楽の地位にバイクもゲームもなれば良いなと。今の若い方は、産まれた時から高性能なゲーム機が存在していましたので我々世代とは違う印象だとは思います。
私はリターンゲーマーですので、せめてゲームの方もバイクのようにもっと認知される世になればいいなと。ゲーム好きっていうよりモンハンが好きなのですが(笑)

最後に、ゲームに意味合いを持たせてみましょう。
e0085968_16263874.jpg

モンハンのおかげでお客さんと交流を深めることが出来ました。もっと居ませんか!?中年のモンハン好き!(笑)
昨今、ゲームはコミュニケーションツールです。
今の若い方々が上の立場になった時、今よりは良い情況になっている事でしょう、、バイク同様に。

では~!
[PR]
by os_design | 2016-04-29 16:28 | 作業・完成品

九州での地震、お見舞い申し上げます。

私の母は宮崎に生まれ育ちました。九州には特別な想いがあるんです。
中でも私にとって阿蘇は特別な地なのでほんと、心が痛みます。
阿蘇といえばやまなみハイウェイですが、高千穂から国道265号に入り、それまで山や木々に遮られていた視界が高森峠から一気に広がり、そこで目に入る阿蘇の雄大な風景も好きだったりします。峠を下りた先が南阿蘇。旅行者・キャンパーとして寝泊りした事しか無いですが、いつか、阿蘇で開業出来ればいいな、、と一番に夢に描いていた地域は南阿蘇村・高森町なんです。そこが今回の地震で、、。早期に普段通りの生活が出来るよう願っております。



お預かりしている車両は、万が一に備え、常時タイダウンで固定していますが、
建物自体が倒壊すると意味無いですね。
e0085968_10514877.jpg




TakeUP様 GSXR1000レースカウル
e0085968_1052111.jpg



某チーム専用の非売品のカウルですので、新品からでは無く中古の再生です。
e0085968_10522589.jpg





塗装屋さんを替えたのかな?と思しき点がいくつか見受けられました。
ステッカーがクリヤコートされていました。
e0085968_10523997.jpg


塗りなおした跡は見受けられましたが、クリヤコートしていると、万が一の再塗装の際、このように塗装の凹凸が発生していしまい、かえって余計な手間が掛かってしまいます。破損したら買い替えでは、問題無いです。



ケプラー製なんですよね、、。ケプラーの繊維が実に厄介。
利点は千切れ難いので、万が一の際、ガムテープ補修で直ぐに走り出せる事でしょうか。
ガラス繊維製もそうなのですが、ダメージを負うと少なからず層間剥離が発生します。ケプラーはなかなか千切れませんので、割れずに剥離が広がっていました。今後の事も考え、そのような箇所から出来るだけ引き剥がしました。
e0085968_10525670.jpg


いっそ、無事な所も後の事を考え剥がしてやろうかと、試してみましたが、一筋縄では剥がれず断念。
同業者しか解らないかと思いますが、ケプラーの繊維が表面に現れると平滑な面にならないんです。極力軽くと努めると表面に現れやすく、繊維を埋め込もうとすると重たくなる、、。ケプラーカウルの補修って、基本表側の貼り込みで対処するのがベターなのかな?と思わせた今回。四半世紀前はケプラーカウルの市販製品が一般的に見受けられた感がありますが、今はあまり見なくなったのは貼り込み難さや後の補修の厄介さなのかな?と勘ぐってしまいます。



FRP補修の方法として患部を予め切開するのが基本かも知れませんが、
私は基本切開しない派です。ですが、余りにも酷い場合は切開。
e0085968_10531744.jpg





薄皮一枚で形を保持している状態です。
e0085968_10533865.jpg


型があればイチから貼り込んだ方が確実に早くて綺麗で安価だと思いますが、非売品なので仕方無いです。
入手費用・補修費用合わせ、相当高いカウルになっています。売ってくれたらいいのに。ライダー買いますよ。



今回、昨今の流行りか極力シンプルに。
e0085968_10535679.jpg


そして細かいパターンはシート。



予めCGで擬似的に検討しますが、実車のイメージと異なった場合の変更を容易にするためと、
後の補修の簡便さの為です。
e0085968_10541333.jpg






上の中から最終的に決まったのがこちら。
e0085968_10542632.jpg

ライダーとセットのイメージを検討したく、走行写真を加工しています。
年間通してコレ!って決めているのでも無いので、飽きた場合にも容易に変更出来るように。



最後にライトカバーを作って完成。
e0085968_10565813.jpg

以前のカバーをベースに作りましたが、以前とはカウル形状が違っているんですね。
製作工程の問題もありますが、ピッタリ合いません。


昨年中に預かって、ギリギリで焦らせてしまいました。
申し訳御座いません。

今日から鈴鹿2&4ウィーク突入。
どうぞご武運を~~!!!


PS 
先日書店にて、小説「空飛ぶタイヤ」が目に留まる所に山済みされていたので、池井戸潤の新作かな?と思わず買って読みました。今月始めの事でしょうか。
後輩に教えて貰いましたが、結構前の作品だったんですね。どうやら再販のよう。良く知っているな~!と思ったら、題材の事件当時、三〇ディ-ラー勤務。肌身に末端の痛みを受けていたのですね。そりゃ知っていて当然かも、、。
そしたら昨日の〇菱自動車の報道。再販のタイミングが良過ぎないか、、と思わず勘ぐりました(苦笑)
[PR]
by os_design | 2016-04-21 10:59 | 作業・完成品

4月12日

今年も既に4ヶ月が過ぎようとしている訳ですが、そう言えば今年に入ってから以前載せたお気に入りラジオ番組を毎日一日中聞いている事にビックリ。
今は5年前の放送に遡って聞いていますが、もうすぐ聞き終わるんですよね、、さて困った。過去3年分は既に2巡しているので、さすがに3巡目は覚えてて駄目だろうと。何か面白いラジオ番組あれば教えて下さい!。今聞いているのは、、広めてしまって放送打ち切りになったら、、首都圏民に聞かれるとヤバい地下ラジオ(笑)ですので、ファンとして番組名は控えますが(w)ピン!と来た方お願いします。
その番組と言いますか、パーソナリティーの一言が某ニュースサイトで記事になっていたのは知っていましたが、2011年から遡って聞いていると、切り取りの型の捏造だったという事実(笑)。焼きゴテされるので記者さんも仕方無いのでしょうが、(笑)
あまりにゲスなので、大人として来客の有る時は予め別番組に切り替えていますが、急な来客の時焦るんですよね~。真面目な話しをしている時にスピーカーから〇〇〇とか流れてくる(笑)。



バイクシーズン到来ですね。
レースシーズンも開幕。

GSXR1000 アルミタンク
e0085968_1032489.jpg

こちらは昨年のMFJグランプリ用。



内部に立て板のある、耐久でも大丈夫仕様。
e0085968_104371.jpg





磨き無しのレース仕上げでコストダウンしていますが、裏側は未塗装として後の加工や修正の際に備えています。
塗膜が付いていたら溶接・加工出来ませんもんね。
e0085968_1041931.jpg

今シーズンも参戦される事だと思います!御武運を祈念致します!
毎度のご依頼誠にありがとうございます!



こちらはステッカーシート。
e0085968_1053995.jpg


所謂、切り文字ステッカーですが、何が大変かと言えば機械で切り出した後のカス取りという余計なシートを取り除くのが大変。
ですので、顔馴染みの方へは、このように「後はお任せ♪」として安価にお出ししています。かなり以前の画像ですので、何のステッカーだったかな、、。某チームステッカーだったかな?

さて、今日も某ラジオ聞きながら一人爆笑しつつ仕事仕事。あと2ヶ月で2012年分が終わるんですよね~、
2013からは3巡目、、さて困った。次は何聴こうかな。もう日中放送の普段のラジオには戻れない気が、、。
[PR]
by os_design | 2016-04-12 10:06 | 作業・完成品