GPZ750R タンク

「あ゛?オレのはニンジャちゃうんやボケ!オレのはGPZ900R。あのな、、ニンジャっちゅうのは、、」
確か、以前にもお話させて頂きましたが、18・19歳の頃、八尾カワサキさんでバイトしてた時、社員のメカさんに叱られました。
ニンジャかっこいいですね~!と話しかけたおかげでこっぴどく叱られた若かりし頃の思い出。
私は「天気いいですね~」的な感覚だったので、まさかそれが逆鱗に触れるとは思いもよらず。
もしかすると、確かそのGPZは401仕様でしたのでパワーに劣る北米仕様=ペットネームNinjaと一緒にされると困る!っては感覚だったのかな?
今となっては叱られて良かった。深いこだわりを知り得る良い機会でした。メカさんも20代前後。熱量も高かったのでしょう。

正直、その時は馬耳東風でしたが、私も仕様地のコダワリは持っていましたので、胸には留めていました。
カリフォルニア仕様とスイスは馬力出てないから駄目だとか、そんな話題は好物でした。

そして今の仕事に携わり、多くの方々と接していると、皆さん実に多くのコダワリをお持ちでそれぞれ大切にされている事を知ります。
私には理解できなくてもその方にとっては大切なコダワリ。流行りの言い方では(?)理解できなくても認めるって事でしょうか(笑)
マークⅡのタンクだと思ってたら、いや違いますFXですみたいな。

という訳で、実はこれまでGPZ750・900R系の場合はタイトルにニンジャとは殆ど記載していませんでした。
ニンジャかどうか不明ですから。

でも個人的には仕様地がどこであれニンジャと呼ぶ事に違和感は有りませんので文中にはニンジャとも記載しており、それはまた、ヒット数を稼ごうとする下心でもあり(笑)
約10年間、ソコを突っ込まれたのは一人だけ。ちゃんとGPZ~と記載してるよな、、オレのもニンジャじゃないんだ。と突っ込まれたのは僅か一人(笑)

じゃ、車名がNinjaと付いたのはいつから?今の250?
とグーグル先生に聞いてみると、Ninja750Rがヒット。
なんだそれ?

GPX750Rの北米仕様でした。
そしてGPZ600RもNinja600Rとか、、。
個人的にヘェ~!。

また、GPXって記載するときにも人により「GPX750」じゃ駄目なんですよね
「GPX750R」Rって付けないとっていうのが個人的なコダワリ。
自分の愛車を間違えられるって、惚れてる熱量に比例して嫌だった私。
車名にオレのはRが2個付いてるとか、SPって付いてるとかの時代を生きてきた方々には理解して頂けるかな、、、
頂けたら嬉しいです(苦笑)ですので、GPZ-Rと総称する際にも600も有るし400も250も、、
ですから、本当は心苦しかったりするわけなんですが、、。
「カタナ」にしても「刃」じゃないんだよ「刀」なんだよみたいな。
なんでSUZUKIはサイドカバーのマークのあそこに日本刀載せたのでしょうね(笑)
人それぞれで些細であったり大問題だったりする余談でした。
私、昔はその辺りキッチリ派で今はどうでもいい派ですが
コダワリをお持ちの方はいらっしゃると思いますのでそのお気持ちは大切にしたいと思います。


GPZ750Rのタンク。
e0085968_10464222.jpg


上の余談踏まえて細かい事を言えば、既に750は販売終了後に出た後期型900Rタンクですので実際の750のタンクでは無いんですね。900Rのタンクを750に流用という。オーナーも特にこだわっていませんのでそこは問題ではないんですね。私も前期のタンクと後期のタンクがあれば後期を選びます。尚、私のニンジャはフレ番みるとA1の販売年登録のA2のフレ番。そして前期タンク。前期が欲しいという方が塗装前にいらっしゃったら交換したかった。またフレームナンバーもどうでもいいので噂で素材が変わり良くなってるとかいう高年式フレームが欲しいくらい。こだわりはそれぞれですね。


e0085968_10465996.jpg






KawasakiロゴはG1タンク現物から写し取ったロゴ。
e0085968_10473396.jpg


以降のロゴとはちょっと違うんですよね。



また、ここのラインの納め方も
e0085968_10474987.jpg





初期型の納め方。
e0085968_1048444.jpg

当時の事ですからバラつきはあることが予想されます。


タンクのみの塗装ですが、上部は乗車時に楽しんで頂ければと磨きこんで綺麗にしました。本来は全体の塗装肌合わせが基本とするならば側面との塗装肌が違ってきますので本来ならバッテン付くかもしれませんが、今まで頭が固かった私。もっと自由に!というのが昨今のテーマ。


最後に、
ふと就寝中にGPZ750Rはニンジャと呼べるのか?基本国内販売だけじゃなかったかな?北米へは販売してなかったんじゃ?ニンジャと呼べるのは北米仕様のみという論理からすると駄目なんじゃ?。ふと疑問になり、こちらのタンクの持ち主、四半世紀750Rに乗り続け恐らく世界で一番の過走行のオーナーに伺ってみましたところ、G3にはNinjaステッカーが貼っている。また海外へは北米へ輸出はないものの某国には、、。とご教授頂きました。
起床後、雑誌みてみるとそこにもありました。G3にはNinjaステッカーが。G3には、、、ではG1とG2は、、笑。
まだまだ頭が固いな、、苦笑。

毎度のご依頼誠にありがとうございます!

昨年から始めました予約制度辞めました。
それぞれ手掛けてみないと解らないご依頼が大半なのに、机上の空論でした。

では!
[PR]
by os_design | 2016-02-03 10:54 | 作業・完成品