アライからケニーロバーツモデル、RX7X ROBERTSが発売されるのを見て、お!カッコイイ!
先日、筑波サーキットでキングの講習が開催されたとか。
いつか関西でも開催されて機会でもあればサイン欲しいな~!
そのいつかのために色紙を用意しないと、、そうだ半キャップだ。
夜な夜な半キャップにRX7X・ROBERTSモデルイメージで塗装しました。
e0085968_10332269.jpg

7Xイメージですが遊び心でAGV




遊び心で、補修用に置いていた既に使わなくなったダクトを付けてみましたが、無い方が良かったかも?
e0085968_10334142.jpg

ウチのロゴも要らなかったな、、。



半キャップだと楽ですね~
昨今のヘルメットは取り付け部品が多く、マスキングの手間もそうですが、何かするたびの洗浄の手間も無く。
e0085968_10342552.jpg


外装もそうですが、ウチでは削っては洗い、、の繰り返しです。外装の裏のスポンジ類は基本的に剥がさせて頂きます。新しい品は大抵再使用可で剥がせますが、古い場合は崩れてしまい廃棄品となる場遭いも御座います。どうぞ悪しからずご容赦下さい。
昨今のバイクは、規制対策での遮音目的など、本来不要・外した方が良いスポンジ類もあるようですが、とはいえ付いていた品はできるだけ綺麗にお返し出来ればと思います。




普段、バイクに乗る時はフルフェイスじゃないと怖いので、基本的にオブジェです。
既にボロゴロだった半キャップでしたし、、。
サーキットの足用バイクで使うくらいかな?。
e0085968_10345015.jpg


あとはサインが入れば、私のお宝に。


では!
[PR]
by os_design | 2015-10-30 10:35 | Helmet 

数字で解る毎朝の冷え込み。とうとう今朝の仕事場は一桁に。
AM9:00を過ぎてもまだ室温9℃台。寒いの嫌だな~。
体調崩しやすい季節、どうぞみなさん体調にはお気をつけて!
おはようございますOSです。


4輪車の塗装はしていますか?と聞かれますが、スペースの都合でパーツのみ承る事が御座います。

こちらレクサスNXのオーバーフェンダです。
e0085968_10203978.jpg

新車への取り付けですので何かと大変で、当初はボディーカラーとは別のカスタム色など提案させて頂いておりましたが(笑)、ボディー色でのご依頼承りました。



何が一番の問題かって、まず色が異なってくるという事なんですよね。
打ち合わせの段階で試乗車の同車種を乗って来られ、オプションの同色ナンバープレート枠を指しながら
「ほら、これ見て!純正でこんなに色違いあるよ~」と、勇気付けられ、押し切られた形です(笑)。
e0085968_1022018.jpg


過去、なんども申し上げていますが、机上論では100%同じ色を塗装出来ますが、
厳密にはそれは無理な所で、あくまでも近似色になります。



取り付け後、納車された写真を頂きました。
e0085968_10223441.jpg


オーナーさんからは、純正オプション品よりも見栄え良く、取り付けメカさんからもお褒めの言葉を頂けたようで、ご満足頂き何よりです!
純正オプション品購入の半額以下で出来上がりました。


私的には、やはり色は違いますので、その辺りをいつも危惧しているのですが、
それって、かなり極端な所の話しで一般的には問題無い点なのかな?と最近気が付き始めました。

何かと、それは無理です出来ないんですという件。最初から諦めているのではなく、
対策をした上での無理って事です。現状厳密には無理←私には言い切る事が出来ないってだけ。
例えばメカさんでは、私がエンジン組めば壊れません、と言う方よりも、私が組んでも壊れますよ、
という方の方が安心してしまう私。機械である以上壊れない事はまず無いという前提で。
壊れると言い切る方ほど壊れないように対策してるという印象。極端ですね~(笑)


とある方との話しの中で、理系脳は極端に話しを振る~めんどくさい~(笑)←あ、私の事かも(苦笑)
私、文系ですが理系に進みたかった(笑)

では~!
[PR]
by os_design | 2015-10-26 10:23 | 作業・完成品

週末は岡山国際へ!

先ずはゲート前で広島からのお客さんと待ち合わせして、お仕事の打ち合わせ。
遠路ありがとうございます!メールお待ちしております!


何かネタないかな~?!ブラブラしよう~!、、、
e0085968_9412150.jpg

と思ってましたが余りブラブラ出来ませんでした。



久し振りに見たアライの後部スポイラー。
今もテストなどしてるのでしょうか!?
e0085968_9413772.jpg

パテントの問題で、市販はないだろうな~とか思ったり。
いっそ、過去に流行った「うさ耳」みたいに作ってみたら、、売れるかな?とか思ったり(笑)。でも勝手に作って付けてたら、装備車検で落とされるんだろうな、、(笑)



先日ヘルメットを納めた平野選手が参戦する、
キングオブユーロファイターを1コーナー内側で観戦!
e0085968_9421084.jpg

場内放送で「アァ~!!」

まさかまさか!?

暫く後に無事走り出せており一安心!

ご無事で何よりです!




こちらJSB参戦田村選手の、修復前のショウエイX12リアスポイラー。
かなりハードに破損しています。
e0085968_9423335.jpg




形が変わるほど捲れて穴も開いてしまいました。
e0085968_9424999.jpg






帽体のスポイラー部は殆ど傷無し。この部分は殆どさわらずにOKでした。
e0085968_943346.jpg





完成です。
カウル修理と同じようなものですね。
e0085968_9431319.jpg


変形してしまってましたが、問題無い程度に修復出来ました。



そして田村選手のJSBをインフィールドで観戦!
スタート直後の1コーナー、場内放送からコースアウト~!と流れて来て、まさか~まさか~、、、とドキドキしながらの裏直ヘアピン。
e0085968_943313.jpg


いない、、




Wヘアピンに駆け寄り再度確認。
e0085968_9434123.jpg


やっぱり居ない~




あ!居た~!
e0085968_9435277.jpg


ポイント取得圏には程遠くなりましたが、無事に走り出せており一安心。
ポイントは得る事が出来なかったのですが、アベレージ32秒台の壁を今回で突破できたようで何より~!


そして、、。
e0085968_9442093.jpg

ご無事で何よりです!

帰路は渋滞を避けようと早めに岡山を後にしましたが、結局、宝塚渋滞にハマり帰宅。

秋晴れの週末の岡山国際でした。


では~!
[PR]
by os_design | 2015-10-20 10:00 | Diary

広島県 K様よりゼファー1100のオールペイントのご依頼承りました。
e0085968_10265984.jpg


ZEP11ノーマルラインでは無くZ1・2イメージパターンです。



パターンは、私の感じるZの玉虫ラインイメージ、Low&Longをテーマに。
e0085968_10271673.jpg


ノーマルパターンはさておき、元々は形状の異なるタンクの形状を生かしたパターンを当てはめますので、微妙なさじ加減に毎回苦労するところです。



特に上部2本ラインは見る角度で極端に曲率が高くならないように。
狙いのライン・雰囲気を得ようと思うと、捨てなければならないラインが出てきたり、取捨選択の繰り返しで決めていきます。
e0085968_10273928.jpg

今回、ラインは基本お任せ頂きました。その場合、過去のラインにアレンジを加えて引きますので、ワンオフラインになります。
仕上げはストリートフィニッシュです。
塗装肌落とし無しです。






シート側、ラインの納め。
ご要望により上部2本の白ラインは、タイガーラインで納め方はオリジナルです。
e0085968_10282670.jpg

ここは「Z」の場合、金ラインの後ろ端が下側は曲線になっていたりするのですが、それはZ(プレスタンク)は丸いから似合うのであるというのが私の解釈です。
ゼファーの場合「角」で納めた方が私はカッコイイと思いますので、このように。




サイドカバーはいつもの定番割れを修復+補強。
e0085968_10291542.jpg


尚、割れ修復ですが、後々修復箇所がうっすら表面に現れる事が御座います。
その解消の為、常時作業の見直しを図っていますが、出るときは出るというジレンマ。特にミラーフィニッシュの場合、塗装肌の乱反射が無い分、解り易くなります。また、塗装のワキも同様で、未だ根本的な解消には至っておりません。クリヤを本来塗料メーカーが設計している膜厚以上に付けますので、材料の使い方としてはイレギュラーなのです。
心配な方は、ウチなら大丈夫というノウハウの有る業者様へご依頼をお勧めします。

今年、久し振りにクリヤを変えました。9年ぶりくらいかな?簡単には3:1の配合のクリヤから2:1のクリヤに変更しました。中吹きから仕上げまで全て同じクリヤを使用しています。
過去、様々なクリヤをテストしてきましたが、普段使いのクリヤと比べデメリットの方が目立ち、採用を躊躇していましたが、今回はおおよそ満足行く品と出会えました。


更に話しがそれますが、今回採用したクリヤの謳い文句。

超高外観・ワキ・モドリが発生し難く、耐スリ傷性能に優る。自己治癒性にも優れ小さなスリ傷は回復します。という事でしたので、テストしてみました。

まず、ワキのテスト。販社さんでは大丈夫でしたが、ウチでの高膜厚テストでは、沸きは発生しました。
そこはやはり時間を掛けるしか対策は無さそう。ですが時間を掛けたからといって無くなるとは思えません。


そして、自己治癒能力テスト。
数年前に日産のエクストレイルで市販車初採用されたスクラッチガード・シールドみたいなクリヤかな?とテスト。
#3000#2000#1500と研磨痕を付けました。
e0085968_10343310.jpg


J君ごめんなさい(^^;作業合間のシールドホルダーを作業合間にテストに使わせて頂きました。



予め販社さんにその性能を伺っていました。
どのような条件で傷が治癒するのか不明でしたが、スクラッチ云々始め、そのような品はお湯を掛けると直ちに回復します・するというので、約80℃のお湯をかけました。
e0085968_10352424.jpg



販社さんの言う通り(笑)
e0085968_10354442.jpg


お湯では特に回復もせず。
決してそのメーカーさんを否定している訳でありません。メーカーさんは様々なテストをした結果そのように謳っておられますので、何かしらの条件が必要なのでしょう。私もその性能はあくまで付加価値であればいいな、くらいでしたので。
完成後はこれまでよりも確かに感じるくらい硬いです。耐スリ傷性能も向上しました。ミラーフィニッシュは大変ですが(苦笑)




閑話休題

コスト重視でとのご依頼です。
こちらフロントフェンダです。
普段は内側のスタビライザーはリベットを飛ばして取り外しますが、取り付けたままで。
e0085968_1036326.jpg


このような所の積み重ねでコスト削減しています。




テールカウル
e0085968_10361859.jpg






ラインは内側へ巻き込まず、プレスラインまで
e0085968_10363019.jpg

シートを外した際、こちらの方がスッキリ見えるかな?と



そのまま伸ばすと左右が繋がるこのパターン。
毎回このラインを引いていて思うのです。左右繋がるパターンを、あえてセンターをカットしておしまいにするというこちら。当時のバイクパターンの発明レベルじゃないか?と。Zは私と同い年ですので、発売当時・またそれ以前の事はリアルで知る由も無いのですが、、。
e0085968_10372752.jpg


代理依頼のゼファーです。
オーナーは既に走り出されているかと思います!
これからも末永くゼファーと共に豊かなバイクライフを過ごされますように!
ご依頼誠にありがとうございます。
[PR]
by os_design | 2015-10-14 10:37 | 作業・完成品

つい先日まで某エンブレム騒動が賑わっていましたね。やはりこのような仕事していると、何かと思う所あったんですよね。もう永遠のテーマ。
先日、日本人ノーベル賞受賞!大村智氏「人のまねをするとそこで終わり。超えることは出来ない」
また、、
「凡人は模倣し、天才は盗む」ピカソ氏
「誰かを真似て他人の二級品になるよりも、常に自分自身の一級品でありなさい。」ジュディ・ガーランド氏

イタタ(^^;

正直、以前と違い、名言格言の類はお腹一杯なのですが、ちょっと自分用のヘルメット、
若かりし頃の憧れから人まねで自分のパターンとしたヘルメットを塗装した所なので、響きました。

e0085968_1126540.jpg


もうかれこれ、20年以上何個も愛用のパターン。←これに限らずいつも同じ事を何回も述べてますが、
毎回はじめましての方もいらっしゃいますので、ずっとそのように心掛けています。どうぞ悪しからず!
10年ほど前に違うパターンにしてみたものの、実にシックリこない。で、パターンを戻した奥のショウエイX11。


今回は、更に青春時代へ遡り。
後ろに羽を自分なりに入れました。関西方面の方でミニバイクコース通いの経験ある方なら、
ご存知の方もいらっしゃるかと思います。今回はX11と比べシンプルに。
e0085968_11265994.jpg


昔々その昔、コースで目立って速い方がこぞってこの羽だったんですね~


「速い=カッコイイ」の図式に見事に取り込まれました。真似したいな~と思ったところ、この羽のパターン入れるには考案者の許可が必要・勝手に入れるとシバかれるとか耳にして、メンドクサイな、、と思うものの、勝手に入れてみたり。でも面倒に巻き込まれるのは嫌なので直ぐに変えました。


丁度、塗り終えた所で、小学校からの同級生が。
車を乗り換えたので、エンブレムを塗りたいってことで。
e0085968_11273177.jpg



元は青じゃないのですが、こちらのエンブレムとお揃いの青にしたいって事です。
e0085968_11274342.jpg




アイボリー→青です。
e0085968_11275731.jpg




こちらは赤メッキに
e0085968_1128952.jpg


昔、一緒にスポーツランド生駒に通っていた、今は車好きの仲間。
彼曰く、最近のベンツのテールライト知ってる?あの羽に見えてしゃ~ない!
あの、勝手にいれたらシバかれるってあの羽~!
タイミングよく、そんな話しで盛り上がりました。

時は流れて、10年近く前、この羽の考案者に出会いました。
今も現役・当時からミニバイクトップライダーの某有名削り出しメーカーの番頭さん。そんなライダーでしたから私は以前から存じ上げていましたが、まさか考案者だとは。
で、その話しを伝えた所、勿論「そんな話ししらん~(笑)」、でも正式に許可頂きました(笑)。
ところが、実は私が思うこのパターン元は、羽はその番頭さんですが、頭頂部と羽を合わせたのは、、「きらあ」というチームのボスだと認識しており、厳密にはそこのボスの真似だという認識。ですが、そこの同い年のチーム員とは当時顔見知りで彼らはそんな事は言ってませんでしたし、一人には当時缶スプレーで某GPライダーアレンジパターンで塗装した事も。
余談ですが、そのボスは今でもJSB現役ライダー。私は面識無いのですが、いや、、厳密には、、。昔々NSR50が全盛を迎える中、少数派になりつつあるNS50Fで鬼神の走りを魅せるボス。憧れでしたね~。なんであんなに速いんだろう~?!と同い年のチーム員と話してたら、だって走りこみ凄いよ。今日も深夜某所の駐車場で練習されてるから行ってみようか?と連れてって貰い初めて会話。誰も居ない深夜の駐車場、私、当時週2回の勢いでコース通ってましたが、コース外でも走りこむ姿みて、そら速い訳だ、、と感じた青春の日。
前回掲載した高校のクラスメイトが、そのボスと125ccの同期で仲良くして貰ってたようで、昔、私のヘルメットみて「これ「きらあメット」やんパクリやん」と言われたりも。
頭部のパターンは藤原儀彦選手で完成された(と考えている)古くからあるパターンで、組み合わせの妙だという認識。


でもね、いいんです。私が自分用に自分の為に欲しかったので。
もう大人なんだから派手な色恥ずかしいでしょとか、大人しい配色やパターンに!とか私には無理みたいなので、これからもヘルメットはこのパターンアレンジで。

ご依頼の際、稀にこんなパターン・配色、自分で考えた案をプロに見られるの恥ずかしい、、でも塗ってみたい!という案件が御座います。なんら恥じる事は御座いません。私はどんなパターン・配色でもその想いを大切にさせて頂きます。




余談が長すぎました。
GPZ-R補修ペイントの数々です。


A7黒銀フロントカウル
e0085968_11285133.jpg





横は純正がまだ出ましたので純正デカールです。
e0085968_1129342.jpg




正面のKawasakiは純正デカールがもう出ないので塗装です。
e0085968_11292143.jpg




定番の割れ修理です。
裏側も綺麗に。
e0085968_11293474.jpg





ミラーホルダーも。
e0085968_11294454.jpg


これからも末永くニンジャがある豊かな生活をお過ごし下さい!
ご依頼誠に有難う御座います。




A11~ライムグリーン
e0085968_11295956.jpg





こちらも定番のウインカー割れ修理。
e0085968_113010100.jpg




裏も綺麗に。
e0085968_11302342.jpg





なんと、オーナーが試しにデカール発注したら、デカール出ました!
e0085968_11303539.jpg


このデカールの位置って、個体差があり、こちらは元々の位置・左右の傾きが異なっていましたので、貼らずにご自身で位置決めして貼って頂く事にしました。
ホンダでしたら、デカールに位置決めのアプリケーションが付いてますので、
大抵位置が変わる事って少ないんですが、そこはカワサキって事で。

この後、別のお客さんが発注しましたが無くなっていました。
なんだったんだろう、、。


こちらCBR1000RR・SC59
e0085968_11313944.jpg




このように、ここに合わせるように!と見た目で解る様になっています。
e0085968_11315156.jpg





良くある事なのですが、お持込頂きましたカウル類のライムグリーンは全て色が異なっていました。
e0085968_1132488.jpg


今回、塗装しない外装とのバランスをどうするか、、
経験的に、元々の色に近いと思しき外装色に合わせるように調整しました。
組み付け後、直ぐに乗って来て頂きまして、違和感無く安心しました。



お持込頂いた際、すでに裏が黒塗りされていましたので、同様に。
e0085968_11322248.jpg





テールカウルはライムグリーン部分のみ塗装です。
e0085968_113235100.jpg

コスト重視のため、白の部分は全く手付かずです。以下同様です。




こちらも定番の欠け。ご要望は無かったものの厚みを持たせて復元しておきました。
e0085968_1132488.jpg


卒業後は某二輪メーカー系列への就職を希望される学生さん。内定は決まったでしょうか?!
決まってたら、オレンジに塗らないと駄目ですね!(笑)
ご依頼誠にありがとうございます。




こちらはフロント換装によりフェンダ塗装のご依頼。
e0085968_1133446.jpg


勿論、単品のみも承ります。
ご依頼誠にありがとうございます。




セパレートハンドル用カウル。
e0085968_11332689.jpg




レース仕上げ。
e0085968_11333657.jpg


極力お安くと言う事で、街乗りですがレーサー仕上げとして、仕上げ磨きをお任せしました。
磨き大変だったでしょ~!(笑)
これからも末永くニンジャと共に豊かな生活を~!
ご依頼誠にありがとうございます。



A13イエロー
e0085968_11335279.jpg





横のデカールは出ませんので塗装です。
e0085968_1134366.jpg


純正デカールは反射シートになっていますので、その反射表現は出来ていません。
反射シートに塗装すれば、より純正に近くなるかと思いますが、施工した事はありません。
出来ない事は無いですが、シート+塗装でかなりの凹凸になるというデメリットが。
凹凸を無くす事はできますが、相当クリヤ塗装を要します。



正面のKawasakiも塗装です。
e0085968_1134295.jpg


定番のウインカー割れも修理です。



アンダーカウルも
e0085968_11344658.jpg




納品後、気に入って頂きまして、追加でアンダーカウルのご依頼も承りました。
e0085968_11345759.jpg


元々、フチに塗装のたまりが多かったので、スッキリさせました。
e0085968_11352592.jpg


もうとっくに走り出されているかと思います。
どうぞこれからも素敵なニンジャライフを過ごされますように!
ご依頼誠にありがとうございます。




カスタムカラー
e0085968_11362529.jpg




オールペイントご依頼時には、補修の事考えずギラギラさせて頂きましたが、
e0085968_11364024.jpg


無事補修出来て良かったです。



テールカウルはシルバーのみペイント。
e0085968_1136557.jpg


オンとオフ、ニンジャとYZ、これからも豊かなバイクライフを~!
もうお怪我されませんように!(苦笑)




A7タンク。
オークション激安品。
e0085968_1137996.jpg


錆有り・穴あき有りで購入。
剥離処理後、素地の状態をみて使えそうなら・簡易修理で使えるなら塗装しようというご依頼です。



剥離処理
e0085968_11372879.jpg


結果、既穴あき補修箇所以外に多数穴が見つかりました。



このような大きな中から、針穴のような穴まで多数発見。
e0085968_11374075.jpg



穴は多数あるものの、素地外観は綺麗なタンクです。
このまま廃棄するのは勿体無いので、是非将来の為に保管を!とお伝えし、剥離処理費のみで返却です。
長らくお待たせ致しました。
毎度のご依頼誠にありがとうございます!



900Rシリンダ
e0085968_11375745.jpg


色がタレているように見える箇所は元々の素地です。



以前はシリンダーなんて、エンジン丸ごとゴロゴロしてましたのにね~。やはり減りました。
e0085968_11382462.jpg


毎度のご依頼誠にありがとうございます。


今日はいつも以上に長くなりました。
最後までお付き合いありがとうございます。

では~!
[PR]
by os_design | 2015-10-08 11:40 | 作業・完成品

引き取りお出掛け

TakeUP様GSXRレーサー完成です。
e0085968_10175165.jpg

スクリーンにもゼッケン入れて、ライトカバーは改めてFRPで制作。


e0085968_10181152.jpg




e0085968_10182629.jpg

ポイント圏内に入り、MFJグランプリへ繋がりますように!!




こちら、週末に開催されたゼファークラブのミーティング、全国Mでいいのかな?
に間に合うよう塗装です。
e0085968_10184167.jpg


手間が掛からず直ぐに出来るような品でしたら、極力融通利かせて頂きます。
ミーテング後でいいという事でしたが、折角のミーティングです。間に合わせますと。
都合上ほぼ磨き無しですが、十分綺麗に出来て良かった。
無事(?)に帰宅されたようで何よりです!





週末は、ある品を引き取りにお出掛け。
帰路、高校生の頃、暇が有れば通った某所へぶらり。

高1の秋、たまたま立ち寄った金剛山で見かけた所謂走り屋って方々。
予備知識全く無しでしたので、何してるんだろう?訳がわからず。コーナーの外が溜まり場になって多くの方々が見学してる、、。
何見てるんだろう?ちょっと私も見てみよう。バイクが凄い角度になって走ってる!楽しいのかな?ちょっと真似してみよう⇒これ楽しい~!
から始まり、どうやら膝を擦るってのがいいみたい。そうなのか?では擦ってみたい!と、通い詰めるも転倒・怪我ばかりで一向に擦る事無く、、、
時は過ぎ高3に上がる前、運動部の仲間が、ウチのクラスに速いくて上手いらしいヤツがおるで~⇒是非とも紹介して~!
運命っていうのか、高3ではそのヤツと同じクラスになりまして、いつも通っているという持尾って所に連れて行ってもらうと、驚愕の走り。教えて貰う事に。
まずは低い速度から慣れていったらいい。丁度実家の近く・すぐ上にそんな所あるから、そこで練習しようか。
って場所がこちら。
e0085968_1019111.jpg


もう四半世紀ぶりくらいに訪れたかも知れません。
道の向こうが見えないくらい、木々が成長してる!、、、そりゃそうだ。20年以上も経っています。



高3の春。ご指導のおかげでようやく膝が擦れました。
e0085968_10193653.jpg




時は経ち、木々は鬱蒼と茂り。
e0085968_10195218.jpg




道に膝を突き出すスタイル(笑)
e0085968_10201872.jpg

この業界に入り、朝比奈さんにお会いした際は、私も言いました「耐久カウル付けてました!!」って(笑)。
この型のVガンマ、今たまに無性~に欲しくなります。

この頃は、今もレース復活されている某カワサキワークスライダーのパターンを真似してヘルメット塗ってました。



木々の成長を見て、改めて時の流れを実感した次第です。
e0085968_10222071.jpg

ここに足を運ばなくなってから、友人は結果的に全日本125フル参戦2年、私は、、もう取り戻せない時間の流れ。と感傷的に。


その友人は今、仕事で宮城県住まいなのですが、もしかして帰省してるかな?と実家前を通るも、車が無かったので素通り。



往路にもマツウラモータースさんへ立ち寄り。
e0085968_10224547.jpg


いつも耳にしていましたが、ほんと忙しそう。知人の流れのメカニックもほぼ常駐でお手伝い。店主は小排気量スペシャリストなので、先日のオートポリスで気になった事もご相談。それが出来ればFL100でもオートポリス2分23秒か~、、愛すべきド変態の店主(笑)
流れメカニック奥ちゃん(流れメカでもういいですよね(笑))コーヒーご馳走様でした!

では~!
[PR]
by os_design | 2015-10-05 10:23 | 作業・完成品

10月1日 曇り

先日からの専念作業の一つ、GSXR1000K9~吸気ダクト完成。
e0085968_1042541.jpg





カウル内側なのに結構破損しているダクト。
瞬間的に強い応力かかっているんでしょうね。
e0085968_10424586.jpg






シート台も完成。
e0085968_10431251.jpg


一箇所ネジ部が欠損していました。
そのような場合、予想で穴を開けておく事も出来ますが、元々FRP樹脂の特性上仕方無く(と思っていたほうが吉)穴がズレていた・開け直したい、また、FRP補修の際に、多少なりとも樹脂の収縮などで位置がズレてしまっている場合も御座いますので、穴は開けず、現車合わせで開けて頂く様にしています。
穴開け忘れじゃないですよ(笑)






リアフェンダ

こちら、私が8耐の際のリアタイヤ交換練習の際、失敗してスタンドが外れ、割ってしまったんですよね~。ごめんなさい。
ニヤリと直してくれたらいいよ~って言われましたので直しました(笑)
e0085968_10434135.jpg

左右ネジ穴破損・欠損していましたが、修復しました。



欠損していた穴も復活。
e0085968_10442290.jpg


他でもそうですが、造形は板金パテでなく基本FRPで復元しますので、
乱暴に扱わない限り直ぐポロっと崩れるような事はないです。無いハズです。

他も目処の付いて来たGSXR。
今日中には全て完成予定です。
今日明日は全日本岡山のテスト日。カウル2セットで行ってますので、
万が一の際は今日中に岡山へ発送出来ればと思います。
そんな事態にならない事を祈る、今日明日です。




話題は変わりますが、

こちら、愛用のデザインナイフ、NTカッターの替刃
e0085968_10464442.jpg


お店で見つけたら全て購入するようにしているのですが、最近、置いているお店が減っているんですよね。
オルファの品はどこでもあるのですが。NT派には寂しい限り。



陳列棚からごっそり引き抜き、確認もせず買い物かごに入れると、たまに陳列棚に違う替刃が混じっているんですよね。愛用は30°の替刃なのですが、45°とか混じってたり、、、。45°はまだ使えるものの、全く使わないこちらとか。確認しないのが悪いんですがこんなに(笑)
e0085968_104740100.jpg

厚切り円カッター替刃。
面識有る方で、この替刃のカッターを使って居る方いらっしゃいましたら差し上げます。どうぞご活用下さい。





もう、売り場が見かけないくらいになってきましたので、大量替刃セットを購入。
これみて初めて知る、アートナイフの替刃って、元々は普通のカッター替刃。
e0085968_104845.jpg

もう結構使っているのに減っている気がしないくらい大量で大助かり。




専用工具でポキポキ折って替刃の完成。
e0085968_105079.jpg





今の愛用NTカッター2本。
e0085968_10501984.jpg


以前は細いタイプや、加工して重たくしたり軽くしたり、長くや短くしたのも試してみましたが、結局ノーマルに戻るという(笑)




ポキポキ替刃の1個だけ、幅違いで主力のシロに入らない。
e0085968_10503742.jpg






その替刃はセカンドの黒用に。
e0085968_10505427.jpg



これから益々パターン・デザインのデジタル印刷化が進んで行くかと思います。昨今の市販ヘルメットなんて顕著ですね。いつかアートナイフを使わなくなる日がくるのだろうか、、。

そんな事を思った10月最初の一日目でした。


では~!
[PR]
by os_design | 2015-10-01 10:51 | Diary