暖かくなる日が訪れるようになりましたね。

今年こそ暖かくなったら朽ちてきたDIY製入り口ドアをリフレッシュ!
本当は冬になる前に、、と思ってましたが、ちょっとね、、、
e0085968_10532025.jpg




越冬中です。
e0085968_10534563.jpg

暖かくなって何処かへ飛び立ってから~!
秋に怪しい扉のままでも、そのままやん!って突っ込まないようにお願いします(苦笑)




ここ数週間はこちらの加工・ペイントに専念しておりました。

CBR1000RR・SC59
テールカウルにマーカー取り付けです。
e0085968_10543439.jpg


見本は某レース車両です。
昨年夏の鈴鹿8耐で「お!かっこいいな!」と見ていましたので、
ご依頼のご相談時にはアレか~!とは直ぐに解りました。
夜間走行のピットアウト時の姿がカッコ良かったので、GSXRにも付けようか?
と提案しかけましたが、電気の装飾品増えての電気トラブルのリスクが増えても駄目なので、
グッと飲み込みました。決して作るのが大変だからでは、、(笑)


そのマーカーのご依頼!承りました(笑)
レーサーなら機能優先ですが、街乗り車は見た目を大事に。


試行錯誤の開始です。
テープで形状を作ってイメージを膨らませて~

レンズの素材を切り出しました。
e0085968_1055635.jpg




板はテールカウルに合わせて湾曲させています。
e0085968_1055193.jpg


手曲げなので、少々の歪みは味わいって事で~



テールカウル自体は塗装しない予定ですので、マスキングの後
マーカー取り付け位置をカットです。
e0085968_10553479.jpg


予めカットラインをデータ化してそれを型に利用しています。



カットしたレンズを合わせました。
e0085968_10554620.jpg




良い感じ
e0085968_1055596.jpg





マーカーのボディーの製作です。
レーサーでしたらシート内の空間も多く、自由度は幾分高いですが、
街乗りですので何が存在しているか分らない、、内側への出っ張りはなるべく少なく。
あれやこれやと思案しましたが、結局FRPの簡易型を作りました。
e0085968_10561866.jpg


取り付けは取り外し可能にしたい!ショーモデルでしたらテールカウルに引っ付けてもいいのですが、万が一のテールカウル破損・交換の際、使いまわし出来る方が良いですもんね。



こちら取り付けるネジの台です。
ネジ部はヘタリにくいようプラパーツで作ります。
部品取り外装からパーツを切り出して、、
e0085968_10564080.jpg




溶着して重ね合わせネジの台に。
e0085968_10583575.jpg


裏側は固定する際、強固に固定出来るよう星型に。見た目は汚いですが(^^;



マーカーボディを型から抜きました。
e0085968_10592646.jpg




予めマーカーボディーの糊代用にデータ化からレンズ取り付け部の糊しろをマスキングし
周囲をハンドフライス加工、、、リューターでフライスのように地道に一段下げました。
e0085968_110194.jpg





糊代の周囲を削り、レンズ取り付け部が凸になったおかげでレンズをあてがうと、
このようにレンズが出っ張るように。狙い通り。
e0085968_1101522.jpg




ここでLEDソケットを差し込んでみます。
e0085968_111138.jpg


差込部の厚さが足りないので固定が緩いです。後に要加工です。



レンズの糊しろ部をマーカーボディー同様にハンドフライス(もういいですか、笑)、、リューターで一段削り込みます。
e0085968_1113489.jpg


こちらもレンズ加工用のデータを作ってマスキングして削ります。


はめてみました。
e0085968_111505.jpg


う~ん!良い感じ~!


昨今、ウインカーやテールレンズなど、汎用品が数千円も出せば購入出来る時代。
汎用品で合わなければ作るしかないですね。
でも、汎用品は数千円で買えますし綺麗ですが、それには高額な金型や
それを利用して大量生産して数売るから数千円だという事は皆さんご理解頂けているかと思います。
こちらはワンオフです。
ワンオフでも金型の製作からの発注をすれば
汎用市販品同等になりますが、数十万円~数百万円単位は必須ですね。
それらと比べたら安い~!と思える方向きのカスタムです。



初めて3Dプリンタが欲しくなりました。実用に耐えれる樹脂を射出できるのを(^^;

ではまた次回~!
[PR]
by os_design | 2015-02-24 11:03 | 作業・完成品

価格表を作ってみました。

兼ねてより「もっと詳細な価格表はよ!」とは伺っていましたが、
実質全ての作業がワンオフになる塗装作業ですので躊躇していました。
それは結局ベース金額に積算積算・・で結果価格表が意味の無いモノと
なってしまい不信感を産むだろうという事からです。
ですが、かえって何も無いのも不親切だな、、と感じ改めて価格表を
作ってみました。
私自身、値段の書いてない飲食店って躊躇しますし。

実は10年前に一応価格表は作っていたのですが、、。
次の10年に向け改めて作りなおしました。

価格表ページも更新しました。

e0085968_12213100.jpg


書き切れない特記事項(苦笑)

まだまだ特記事項が多すぎて、、それはその都度ご説明させて頂きます。
予め記載した方が良いと思われる事項は随時更新致します。

お問い合わせの多いGPZ750・900Rはセンターカウル・アンダーカウル無し・純正パターンで
塗装の凹凸も滑らかにして(ミラーフィニッシュでは御座いません)仕上げさせて頂いて、
25万円~が参考価格です(パターンにもよりますが)。
「凹凸は有ってもいい」などこれまで同様個別にご相談承ります。


また、お問い合わせの多いヘルメットですが、品が小さいですが作業が
膨大で凝ったパターンは20万円~です。センターライン1本2本などの
パターンでしたら6万円~です。市販ヘルメットの部分色変更も承ります。
お代は塗装範囲・パターン次第です。シンプルな部分のパターン塗り替えで5万円~。


結局は要ご相談になるのが殆どですがどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by os_design | 2015-02-13 12:25 | other

価格表

e0085968_12321929.jpg



長年、価格表無しでしたが、
「価格表が無いと不安」という声に応えまして、価格表を製作致しました。

価格表を作っていなかったのは、全てのご依頼はそれぞれがワンオフ作業であり、
平準化した価格表では積算に次ぐ積算で高額になり、結果「釣り価格表」とも取れる事を
危惧しておりました。

然しながら、価格提示の無い飲食店等へ入店するのに勇気がいるように、
何も無いと不安に繋がる事は危惧しておりました。

上記記載の通り、全てのご依頼はワンオフになりますので、
ご依頼内容次第で大幅に安価にも高額にも変動します。

間口は広くありたいと思います。

どうぞお気軽にご依頼お問い合わせの程宜しくお願い申し上げます。






_
[PR]
by os_design | 2015-02-13 11:34 | 価格表