先日、猪名川サーキットへ行って来ました。
e0085968_13204946.jpg


猪名川に行くのは確か10数年振り。その前はまた10年近く前。
もうすっかり道を忘れている+新しい道の開通でナビ通りながら「こっちで合ってるのかな、、」」とドキドキ。到着寸前に大きな背骨が道に落ちていてビックリしましたが無事付きました。イノシシの骨がなぜ道の上に、、。




GSXRのIさんからお誘い頂き、仲間を誘って来ましたが、そのIさんが来ない、、。
e0085968_1321532.jpg


どうやら日にちを間違えたようだ、、(苦笑)



でも友人のバイクはエンジン組み上がったばかりなので、空いた中気軽に慣らしが出来る良い環境。
e0085968_13212236.jpg






もう一台、ST仕様のXRを持っていきましたが(私のじゃないです)アンダーカウル未装着でしたので、急遽なんとかして付けていく事に。
e0085968_13213668.jpg


知人のサイトで見掛けたネタを真似させて頂いて装着。



ポリタンク!(笑)
e0085968_13235553.jpg


車体に合わせ赤のポリタンを求めて3軒ホームセンターを回りましたが、結果売って無くて残念。でも思いの他フィッテング良好で笑顔に!


今回はご一緒出来ませんでしたが、またお誘い下さい!




今回猪名川に誘って下さったI様のGSXR1000レーサー
e0085968_13241953.jpg


ダメージを負ったカウルの修復とペイントです。




全体へのクリヤコートは施さないレース仕上げです。
e0085968_13243586.jpg





ですが、各色毎にはクリヤコートを施していますので、
パーツクリーナーで拭いたとしてもウエスに色が付く事はないです。
e0085968_13244976.jpg


蛍光部分はいわゆるカッティングシートです。





無論、塗装の凹凸は有りますが、凹凸を無くす為のクリヤ重ね塗りが無い分軽量です。
e0085968_1325979.jpg

何グラム軽量になるか?
計測した事は無いですが、こちらのGSXRフルカウル+シートで私はクリヤを250~300g用意します。
古いデータですが、4輪塗装の際の塗料の定着率は3割程度だと言われます。
スプレーのエア圧や塗料粘度、ガンの性能など様々な要素が有りますので、
全てにおいて3割とは全く言い切れませんが、、、。

4輪と比べて塗装範囲が狭い事や、求められる点が多少異なりますので、
私の場合定着率3割が基本だとしたら4割以上は定着させてるだろう~5割くらいは、、ってな感じで
塗装しています。
仮に50%定着させているとして、
定着率 300g×50%=150g から更に溶剤が抜ける分を引くとクリヤ塗装の重さです。
イベントレース仕上げで凹凸を滑らかにする場合は、クリヤ塗り重ねを最低2回以上ですので、
150×2=300g(溶剤抜け含まず) 蛍光色など塗装膜が厚い場合は4回~重ねますので、
150×4=600g(溶剤抜け含まず)の重量増です。
ネジ1本数グラム単位で軽量化を追及されている方には眩暈がする重さだと思います(笑)

ですが、実際は必要な箇所にクリヤの膜厚は付けますが、それ以外は極力付けないように
塗装していますので、そんなに重たくはなっていないと思いますが、、。

街乗り用・ミラーフィニッシュは、クリヤの膜厚がもたらす見栄えの良さも有りますので、
全体へのクリヤ塗装をしっかり施しています。
ですが膜厚付けると、それはそれで皆さんに予めご容赦ご承知をお願いしています塗装膜のトラブルに
繋がりますので、何を得て何を捨てるか、ハードパーツのカスタムやエンジンチューニング同様、
塗装もカスタム道を一歩進んで突き当たる「割り切り」が必要です。



規則のジェネレーターカバーを取り付けるためにカットされたアンダーカウル。
このメーカーのGSXR(K9~)カウルのジェネ部をカットすると、カット部がペラペラになり
非常に割れ易ので、裏側に補強としてFRPを貼りこんでいます。
e0085968_13264112.jpg


先にクリヤの重量増を述べましたが、FRPで何かをするほうがよっぽど重たくなります。
極力軽く仕上げる事が出来るようになりましたが、新品と比べたら、
勿論10g100g単位で重たくなる場合も。


私の結論としては、カウルに重さを求めるなら未塗装カウルが一番だと(^^;
過去スーパーバイク時代の某メーカーワークスカウルを手掛けた時、驚きましたが、
それはゲルコートすら殆ど無く、ガラス繊維自体も薄いクロスをほぼ1プライ(クロス1枚ということです)で
向こうが透けるようなカウル。紙みたいな重さで非常に軽量でしたが形状の保持はやはり難しく、
車体に未装着状態ではぐにゃぐにゃ。ここまでするか!凄いな~と。
ですが、今は高速走行時にたわまないカウルで風の流れを整え、走行安定性運動性を向上させる事も
大事だと思いますので、重量増になっても空気の整流を整えた方がベターだと個人的には思います。
ゆえにカットなどして、たゆみそうになった所は補強しています。


またまた余談が過ぎました。
シートカウルです。
e0085968_13265981.jpg





大破していた部分も形になりました。と申しますか形にしました(苦笑)
e0085968_13271382.jpg




底部のネジ穴も左右無くなっていましたが、復元しました。
e0085968_13272421.jpg




以前に掲載しましたが、元はこのような状態。
e0085968_13274146.jpg





e0085968_1328152.jpg

直るのではなく直すのです(笑)ここまで大破していると新品購入の方が結果良いですが、
内容次第で承ります(笑)
このような修復作業は既に廃盤となったカウルの復元などに生かされます。
ちょっとこれは厄介だな、、でもアノ方法で試してみようか?出来るかな?、、という案件を手掛けて
自分自身のスキルアップの為ですね。
多くの場合、新品があるなら基本買い換えて頂きますけれども、
新品より復元金額が高くなっても宜しければ大歓迎です!(^^;


完成画像をオーナーに送付しご覧頂けた後ご連絡頂きました。
ゼッケンは艶消しだったのですが、、
ハイ。帳面みたらちゃんと記載しておりました。
私の見落としです。申し訳御座いません。
普段から画像添付して作業ご報告させて頂いておりますが、
それは完成に至るまで楽しんで頂くと同時に、そのようなミスも指摘していただこうかという理由もあります。
所詮私も人間ですのでミスも御座いますので、忌憚無く不安に思われた際は
その都度ご指摘の程宜しくお願い致します。



ゼッケン塗装しました。
e0085968_1329146.jpg


蛍光のラインを入れている時「ゼッケンあれば締まるよな~」と思いながら作業進めておりましたが
私の見落としでした。



シートカウルも。
e0085968_13291726.jpg





そして、最後に、、

フロントにライトステッカーを作れませんか?という事で、
以前からTakeUP田村選手用にも作りたかった事もあり作ってみました。
e0085968_13293240.jpg

こちらのGSXR1000K9以降L0~現行用ライトステッカーは販売予定です。
予価¥3000(税込み・送料別)

ウチとTakeUPさんから販売予定です。

曲面への貼りですので、慣れていない方は綺麗に貼れないかもしれません。

他車種用もワンオフ製作可能です。
ステッカー自体は同程度で出来たとしても、印刷するまでのデータ製作に非常に手間が必要です。総額はステッカー代に+データ製作費です。目安としてデータ製作で1万円は越えるかと思います。数作ればデータ費も均せて一枚あたりの単価が下げられますね。

こちらも修復・塗装致しました。
シートベース・タンクカバー
e0085968_13314291.jpg



お預かりしたのが昨年9月。今年はもう走らないという事で予めお時間頂戴しておりました。
ようやく完成です!

長らくお待たせ致しました!
今年の新しい試みが、上手く行くことを願っております。
また、今シーズンは修復のご依頼はないようにどうぞ!
スペアはお待ちしております(笑)

ご依頼誠に有難う御座います。
[PR]
by os_design | 2015-01-30 13:32 | 作業・完成品

奈良県A様 GSXR750

明日からセンター試験ですね。受験生始め親御さん共々気掛かりで仕方無いと言う方も多いかも。
私は人生の大きな「ふるい」の一つだと考えてます。
結局本人次第とはいいつつも、大半の方は明日明後日でその後の人生が大きく異なってくる「ふるい」。怖いですね~


みんな個性才能豊かに色んな要素で色んな形
e0085968_13263045.jpg




ふるい目前。
e0085968_13264591.jpg




通り過ぎた組
e0085968_1327164.jpg





通れなかった組
e0085968_13273079.jpg





普通では通れなくともやり方を変えたら
e0085968_13274594.jpg





通れました。
e0085968_1328096.jpg


これは逸材かも知れませんね。



また余りにも大きすぎてふるいに通れなくとも、



形を変えれば通れたり。
e0085968_13281912.jpg


個性才能が伸びすぎて天才の域か(笑)
元々こんな形で通り過ぎてたら天賦の持ち主でしょうね。




動くだけで周りに影響及ぼしますね(笑)
e0085968_13284426.jpg


ビルゲイツにジョブズ、本田宗一郎氏や松下幸之助氏なんて、もっともっと長そう(笑)


人生には色々な形の多くの「ふるい」が有りますね、、多分。別の「ふるい」を見つけたり形を変えると
その「ふるい」は通れます。また「ふるい」次第では隅っこまで走りきって「目」の無い端から抜けられたり(笑)


こんな話しが何かの漫画であったような、、さてなんだったかな?
我が家もそのうち受験生が出て来ますので他人事とは思えず、、。
みなさんのご武運を祈念します!

っていうか、受験生がここ見てる訳無いと思いますが(苦笑)
我が子には早くから自分が通りたい「ふるい」≒キャリアを見つけられたら
と思うのですが、これが難しい。




こちらは私が我が子にも望む早くから自分の「ふるい」を見つけられた・決められたオーナーからのご依頼です。

GSXR750
e0085968_13293932.jpg





デザインは某レーサーを基本にお好みにアレンジされてます。
e0085968_13295510.jpg




各ロゴはステッカーとペイントの混在です。
e0085968_1330815.jpg





こちらは仕事中見つけられた某車種の純正デカールを、うちで手切りで切り出して貼り付けましてクリヤコートです。
e0085968_13302648.jpg


GREFUSA文字は切り出すのが厄介でしたので、
改めてデータを製作し切り出しています。



こちらは頒布用ステッカーを利用しています。
e0085968_13324411.jpg





こちらのロゴは全てデータ製作・型を起こし塗装しています。
e0085968_1333139.jpg


以前SCE・プレイステーションがレースのスポンサーに付いた事が有りそのイメージです。
GSXR750のロゴも新規に制作です。




ミシュランは通常入手可能なステッカー、ブレンボとNGKはパターンに応じて切り出したステッカーです。
e0085968_13332375.jpg



繰り返しになりますが、通常手に入るステッカーを貼ってクリヤ塗装は可能ですが、
密着性能に劣る場合が多いです。
具体的には粘着力の強いガムテープ等をその箇所に貼って剥がすと、クリヤ層がめくれる恐れがあります。少々デリケートな扱いが必要です。危惧される方は辞めておいた方が吉です。


尚、純正デカール・ステッカーの類でクリヤ前提の品はその対策が施されているようです。剥がれることは先ず無いです。

タンクのメーカロゴや、このような品です。
アライの塗装用ステッカー
e0085968_13334951.jpg


普通のステッカーとは表面の印象が異なります。


余談ですが、アライは販売していますがショウエイは販売していません。

ですが、存在はしています。
こちらショウエイの塗装用ステッカー
e0085968_13341093.jpg


ショウエイサポートライダーの塗装用ステッカーです。
失敗した時用に多めに帽体と一緒に同梱してもらってた品です。



通常市販品と異なるのが「R」マークの有無。
e0085968_1334357.jpg

ショウエイも市販してたらまとめ買いするのに、、(^^;


閑話休題

タンクです。
こちらもロゴは塗装
e0085968_1335836.jpg




e0085968_13352612.jpg





こちらも塗装ロゴと市販ステッカー・デカールとの混在です。
e0085968_13354319.jpg




e0085968_1336443.jpg






組み付け後お越し頂けました!
e0085968_1336572.jpg


オーナーは二輪のプロメカニックですが、ほんと組み付けは大変だったでしょう、、。




最近のバイクは爪でハメ込みが多いですね。
組み付け時、爪が塗装で大きくなりハメ込み難くなる事を恐れ、
爪類は最低限の塗装しか施さずマスキングしています。
e0085968_13372522.jpg

完成後は見えない手間賃です。
そんな手間隙の積み重ねですので、どうしても費用がかさみます。


カッコイイですね!
e0085968_13385777.jpg





昨今10代で大型、それも750とはマニアックです
e0085968_13412237.jpg




e0085968_13413953.jpg




私も初の大型は19歳でGSXR750でしたので、勝手に親近感を湧かせています(笑)
e0085968_13415468.jpg





事前には色々パターンを製作しご検討頂いております。
その中のボツ案一枚
e0085968_1342824.jpg



既に数ヶ月前に納品させて頂いておりますので、既に各地へ走り出しておられるかと思います。
大変長らくお待たせ致しました!
これからも末永くGSXR750と豊かなバイクライフを楽しまれますよう願います。

この度はご依頼誠に有難う御座います。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by os_design | 2015-01-16 13:42 | 作業・完成品

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

新年初仕事はこちらから。
TakeUp田村選手 GSXR1000ビーターアルミタンク
e0085968_1334468.jpg


切った貼ったのトライアンドエラー用タンク
レース用レース仕上げですので、ホコリの付着などそのまま磨き無しです。

昨日発送本日到着するかと思います!
今年もどうぞ益々のご活躍を~!!

現在、納期は3月以降、、春には、、多分、、な状況ですが、
何卒どうぞ今年も宜しくお願い致します。

では!
[PR]
by os_design | 2015-01-06 13:35 | Diary