<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レーシング


DUCの限定販売車両のモンスター1200・リオレウス仕様売れたんだろうか、、。
子供達とぼちぼち4Gを楽しんでるOSですこんにちは。
基本ソロで行きたいんですがG2で早くも詰みそうな予感、、。
カプコンさんから塗装の依頼が来るまで頑張ります(笑)

もうかなり以前に納めさせて頂きましたご依頼品の数々です。
ご紹介のタイミング無く今日まで、、。


GSXR600レーシング
e0085968_1011596.jpg




仕上げは勿論レース仕上げで各種ロゴもステッカーを製作し貼りつけました。
e0085968_10111984.jpg





全体をまとめてのクリヤコートは行いませんが、色毎にはクリヤコートしています。
e0085968_10114155.jpg




九州・オートポリスサーキットへ直送して、、
e0085968_10115918.jpg


直ぐに帰って来て、、。



e0085968_10121727.jpg

コースインした車両が直ぐに走行ラインに入って来て、それを避けようとして転倒というアクシデント。
ライダーに大きな怪我無く安心しました。




スクリーンのフチは欠けてしまっていますが、破片を拾って頂いており修復に助かります。
e0085968_1013690.jpg


無くても作れますが有るのと無いのとでは全然違います。







ネジ穴も欠けたシートカウル
e0085968_10132556.jpg



e0085968_10133937.jpg





修復し完成しました!
e0085968_10135070.jpg







ネジ穴も修復しました。シートレールの曲がりは不明ですが、多少曲がっているとして穴位置が異なるとカッコ悪いので穴開けずにそのままです。
e0085968_1014362.jpg





破損したレースカウルの修復は、一見大ダメージでも容易に出来る場合があったり、その逆もあったりしますので、事前にお見積もりはし難いですが、新品を購入するよりもお安くは出来るようにします。
e0085968_10142183.jpg


新品を購入した方が安い場合は、その旨伝えて新品をお勧め致します。
ミニバイクのカウルなど、元が安い場合は修復よりも買い換えた方がいいですね。





マジカルレーシング様 Ninja250レースカウル 
e0085968_10143534.jpg


昨年同様、雑誌企画のもて耐参戦用のカウルです。
数日しかお時間は無かったものの間に合わせました。
出来る限りお急ぎにも対応させて頂きます!出来る限り、、(^^;




こちらTakeup様のGSXR1000レースシート。
いつもの上面チョップの凹み加工です。
e0085968_10145167.jpg




数こなしてきましたので、最初よりも早く軽く出来るようになりました(笑)
e0085968_1015342.jpg





こちらもGSXR1000のレースカウル。
一枚新品・一枚破損品。
e0085968_10152216.jpg


パターンは旧タイプ。同じ箇所を破損するのでこちらもコツを掴んできました(笑)。
どのようなバイクも破損箇所は車種毎に定番の箇所がありますね。
GPZ-Rでしたらフロントウインカーの穴開きなど。




傷付いたヘルメットも修復。
e0085968_10153635.jpg


かなりの破損で見た目終わった感じの擦過傷がありましたが、帽体にはダメージ無く修復させて頂きました。





こちら練習用ヘルメット。
吊るしそのままでは寂しいので、ロゴなどを入れさせて頂きました。
e0085968_10155225.jpg




当初、白や銀などを検討しましたが、ベースカラーと馴染んで街乗りとしては落ち着いて見えて良いものの、レース用としては最終コーナー立ち上がりからストレートの一瞬で、ライダーを確認するには見え難く、目立ち易いよう確認し易いように蛍光ピンクにしてみました。
e0085968_1016758.jpg


コースにもよるでしょうけど、JSB車両が最終から立ち上がりピットウォール前を駆け抜ける速さってほんと一瞬です。その一瞬にピット員が確認し易いように。
ヘルメットやカウルの塗装はライダーのみならずピット員の為でもある。という私の持論です。




剥がれ防止にステッカーの部分のみにクリヤコートです。
e0085968_1020176.jpg

ここの部分が直線での確認用・視認性に効きますね。


見た目ボロでも速ければカッコイイ!という時代は去った今です。
とはいえ見栄えに大枚をはたくのはなかなか難しい方も多いと思います。
出来る限りそのような事案にも対応させて頂きます!出来る限り、、(^^;

どうぞ宜しくお願い致します。



ではまた!
[PR]
by os_design | 2014-10-20 10:27 | 作業・完成品

簡単に見えて、、

日常の中でふと目に留まる愛車。あぁいいな。
私の感じる所有感とはこんな些細な瞬間ばかりです。最近、留めて置く際、カバーや毛布を無くしてみました。
e0085968_121208.jpg




ホコリやらが積もるものの、何気なく視界に入る愛車っていい。
e0085968_1272759.jpg

ほこりが積もったり汚れたら清掃ですね。清掃してれば気が付く事もありいいですね。
ネジが緩んでるとか無くなってるとか、、。


塗装して5年くらいです。色々テストも兼ねて外装に限らず何かと塗りました。
当初は光の写りこみ真っ直ぐ平面に仕上げていましたが、このようにパターンに沿うようになって来ました。
クリヤがじっくり時間を掛けて痩せてきたのだと推測します。
e0085968_1221138.jpg


解決するにはどうするか?じっくり時間を掛けて塗装を塗り重ねる。1回クリヤ塗れば、次の塗り重ねは1ヵ月後?1年後?現実的な解決方法は無さそうです。ですが、硬化時間を設ける事は大切で、急ぐと後々ロクな事になりません。私のはマスキング作業や造形作業にも手間隙掛けましたが、そのような塗り重ね時間にも気を掛けました。が、何かと色々出て来ています。そんな事例を私の愛車をみながら直接話せる方に「ほら、こうなります」とご説明させて頂いております。これくらい(笑)こんなくらい(笑)と気にされない、気にしない方が大半です。私も仲間ではあるのですが、老眼でその箇所が解らない方も(^^;



後々の事を考えなければガッツリ塗り重ねて極力急ぎ、完成時のいっときだけの綺麗さは出せますが、そんなのは嫌ですよね~!
e0085968_1222798.jpg


じっくり取り組んだ私の愛車でも何かと色々あります、、とお伝えしていますが、十分綺麗でしょ~!?

と言うわけで、大半の方が想像されている以上に時間が必要なのが塗装です。レース用など基本いっときの消耗品として扱われる品は除きます。また実作業は作業開始してから判明する煩雑さも未だに多く、事前に解らない事も未だ多々あり、、いつも納期回答は曖昧にさせて頂いております。誠に申し訳御座いません。

暇になりそう~だ~(^^;とお伝えしていた所、嬉しい事にまたちょっと忙しくなって参り、
お問い合わせの際に上記のような事で納期回答が曖昧になっている事、
先にお詫び申し上げます。すみません。


年末には暇になりそうです。
どうぞ宜しくお願い致します(^^;;;





東京都 K様 GPZ900Rフロントカウル。
e0085968_1224866.jpg


カーボンを愛車の顔の一つとされているK様のGPZ-R。




以前にも同様のご依頼を承りましたが、今回は全く同じでも面白くないので、
K様のご提案を形にさせて頂きました。パターンの前側をカーボン地が透けるように。
e0085968_123497.jpg


些細な事が気になる同業者なら解る、、、いやほんと、これがまた大変で、、、(^^;



それぞれの色を透けさせるには、それぞれをマスキングして塗装です。
e0085968_1232159.jpg




我々!と申し上げてしまいますが、我々の仕事は塗装好きな方には直ぐに段取り自体は解ると思います。
テープを貼って切って塗装を繰り返すだけの簡単なお仕事です(^^;
e0085968_1233595.jpg

そう。簡単に見えるのですが、、。



Ninja文字の中もカーボン地を透けるように。
e0085968_1234991.jpg





正面も同様に。
e0085968_124391.jpg


これからもGPZ900Rと過ごす、素敵な時間が豊かになりますように!
毎度のご依頼誠にありがとうございます!





東京都 K様 アライ Quantum-J 
e0085968_124495.jpg




こちらの愛車 http://osdesign.exblog.jp/22377353/ GPZ-Rに合わせ、
クアンタムJの市販モデル色替えのご依頼承りました。
e0085968_125794.jpg




レース用でなくこれから長年愛用されようかというヘルメットです。
部分的な色替えとはいえ、仕上がり重視でイチから塗るように、全ての部品を取り外します。
e0085968_1252087.jpg


部品を外して赤を青にするだけの簡単なお仕事ですね、、(笑)
フチゴムを外す際、元のパターンが一緒に剥がれないように慎重に、、この怖さは同業しか解りませんね、、(笑)

いやほんと、なんでも簡単な訳が、、(^^;;



車体と同じ色で塗装させて頂きました。
e0085968_1254354.jpg



納品後、後部ダクトが外れてしまい、返送して改めて取り付けさせて頂くという
ご迷惑をお掛けしてしまいました。その後大丈夫でしょうか?


改めて、ニンジャとヘルメットのご依頼頂き誠にありがとうございます。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します!





一見簡単そうに見える事が多い塗装ですが、ほんの些細な事が全体のイメージや所有感に繋がります。
簡単な事ほど実は奥が深いって事は、皆さんそれぞれの職場や趣味などで経験されている方も多いと思います。
ネジ1本締めるにしても、本来の締結力は出ているかとか、、突っ込むと奥が深いですよね。



明日は用事で休みます。
本日は代わりに出ています。
丁度、大型台風来襲でちょうどいいような、、。

では~!
[PR]
by os_design | 2014-10-12 12:07 | 作業・完成品