ちょっと監督してくれん?
e0085968_20333035.jpg


という役目を戴くとこから始まった8耐。
流石に経験不足なもので丁重にお断りしたものの、本来の監督兼ライダー兼メカ兼その他諸々兼の田村選手が、色々考えての人選だったようで、経験不足は補うよう配慮してくれたものの、流石に多くの立場を兼任しており大変なので、一応立場上はって感じで鈴鹿へ行って参りました。

って事で、水曜日は半日で仕事を終え準備していざ鈴鹿へ。
e0085968_20335719.jpg



e0085968_20342013.jpg



裏方の流れは経験豊富なメカのこうちゃん、上月メカが段取り組んでくれるので、私は出来る事を探しながらのお手伝い他。
e0085968_20344291.jpg




金曜日のピットウォーク
e0085968_20345685.jpg



後輩から「ばくおん」って面白いです!と伺い、ちょうど鈴鹿へ向かう前日に「ばくおん」を借りて読んでましたので、応援したくなりました。
e0085968_20351277.jpg


絵柄で好みがハッキリでると思います。私もそうでした。それがそれがどうしたことか、試しに読んでみると、これが実に面白いマンガでバイク好きなオヤジ必読な感想です。バイク関連のマニアックな笑いが豊富で楽しめました。マジでお勧めです。



ヨシムラカラーのご依頼時の資料集めも。
e0085968_20383585.jpg





クイックリリース対応フロントスタンドを皆さん工夫して自作して来られてました。こちらはおふらんす製
e0085968_20384535.jpg





夜間走行テスト
e0085968_2038597.jpg





どなたか存じ上げないですが、良い雰囲気でしたのでパシャリ。
e0085968_20391659.jpg





暗くなって来ました。
e0085968_2040838.jpg


e0085968_2040297.jpg



e0085968_20404451.jpg



e0085968_20405670.jpg



e0085968_2041751.jpg




土曜日予選後にクラッチ交換
e0085968_20412416.jpg




日曜日スタート前。
e0085968_20413655.jpg


ご承知の方も多いと思いますが、この後雨が降り出しスタート遅延。ピットからレインタイヤや発電機など持ってきてクルーてんやわんや。結局大雨が降り出し一度ピットへ。



トラブルは出たものの、走行不能にはならずレースは終盤。
e0085968_20415034.jpg




この時間のピットの雰囲気好きです。
e0085968_20421672.jpg



e0085968_20422770.jpg




e0085968_20424060.jpg



e0085968_20425476.jpg



e0085968_2043792.jpg




完走して花火を観る事が出来ました。多くの皆様に感謝!
e0085968_20432637.jpg




車両保管解除が遅かったです。
海外チームが、まだか!まだか!と問い詰めておりました、多分。外国語はさっぱりですので。
e0085968_2043417.jpg




そりゃ、そうですね、直ぐに次の国へ旅立つ準備してますもんね。
e0085968_20435449.jpg



関係各位の皆様、お疲れ様でした!

レース会場って普段なかなかお会い出来ない方々と久し振りに会える場所です。今回も多くの方々と久し振りにお会いでき感謝致します。ゆっくりお話出来る次の機会を楽しみにしております。また、お会い出来なかった皆さんもまたどうぞ宜しくです!


TakeUP&TEAM JP 完走おめでとうございます!
[PR]
by os_design | 2014-07-31 20:44 | Diary

夏ですね~!

e0085968_1058463.jpg

すっかり夏ですね~。バラの蚊取り線香を早く焚きたいOSですこんにちは。


またもや迷い込んだ来客がいらっしゃいました。
e0085968_10582349.jpg




今度は亀!
e0085968_10583631.jpg


一体、どこから歩いて来たんだろう、、、。
炎天下、かわいそうにアチアチになって旅路を進んでおられました。




先日のカエルに続き、用水路へさようなら~
e0085968_105937.jpg

バイバイ!



相変わらず仕事場で引き篭もり作業を進めている毎日ですが、先日ミニコースへ出掛ける事があり、久し振りにバイク乗りの体操服を着てみると、、、もうね、パッツンパッツン。体重は長らく大きな変化は有りませんので、そういう事ですね(泣)

多忙にかまけ自己管理が行き届いておりませんでしたので、自転車に合わせジョギングも再開することに。仕事中や日々の生活で体の重さを感じる事も増えましたので、もっと運動しないと、、と。

しかしながら、過去同様に走り出して膝を痛めた事もあり、スローペースで走るものの、やはり膝に痛みが、、。そしたらですね、嬉しい事に現役マラソンランナーの後輩から素敵なアドバイスを頂き、靴を買った方がいいですよ、これがお勧めですと。


早速そのお勧めの靴を買ってみました。
e0085968_10593443.jpg

凄いですね~!体が慣れて来た事もあるかも知れませんが、この靴を履きだしてから膝に痛みを感じないんです。技術の進歩ってあらゆる所にありますね。

現在一日置きで約7kmを50分~1時間のスローペースですが、多忙でも続けていかないと、仕事も出来ない体になりそうですので継続頑張ります。



作業ご報告です。
三重県N様 GSX1300R隼 F・Rフェンダ作業進めております。
e0085968_1115475.jpg


長らくお待たせし申し訳御座いません。



前後取り付け穴の補強も済ませております。
e0085968_112723.jpg





Rフェンダも干渉部を凹み加工しました。
e0085968_1122213.jpg


現在、仕上げ作業中です。
完成次第速やかにご連絡させて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。



このような作業も。こちらZEP750のステーを粉体塗装です。
e0085968_1124116.jpg


粉や液体の高温焼き付け塗装は、焼き付け炉に入る大きさに限り承ります。
エンジン類の焼き付け塗装は現在行っておりませんので、どうぞ悪しからずご容赦の程宜しく申し上げます。




先日、鈴鹿8耐のテストへお手伝いに行って参りました。
e0085968_1125746.jpg




この日はテスト項目が多く大変。
e0085968_113955.jpg




エンジンも積み替えてテストテスト!
e0085968_1132399.jpg

新しいバイクってエンジン軽くて小さいですね。もう独りでGPZ900Rのエンジン持ち上げられないような気が、、(汗)



夜間走行テストも。
e0085968_1141622.jpg


やはり、点灯不良のチームがちらほらと。
保安部品が無くなりスッカラカンになったレーサーで、ライトを継続点灯させるのは、小さいバイクも大きいバイクも何かと大変です。




スペアカウルのライトカバーを製作。
e0085968_1144193.jpg





簡易ですので、型も作らずこのように簡易的に。
e0085968_1145257.jpg




誠に申し訳御座いませんが、来週から始まる鈴鹿8時間耐久へレースウィーク当日より参加して参りますので、誠に勝手ながら24~27日の4日間店を閉めさせて頂きます。

#83 テイクアップ&TEAM JP への応援戴けましたら幸いです。
また、当日鈴鹿へ観戦に行かれる皆さん、是非ウチのピットへ~!
福岡から来られる某GPZ900Rニンジャ仲間さん、お待ちしておりま~す!


長らくお待ち頂いている皆様方には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご容赦ご理解の程頂けたらと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by os_design | 2014-07-17 11:06 | Diary

ZEP750のペイントのご依頼承りました。

e0085968_1114557.jpg



気が付いたらすっかり立派な旧車のゼファー750。ついこの間新車販売開始したような気がしますが、廃盤となってもう7年も経つのですね、、。1991~2007年の16年間の販売+7年=販売開始から23年、、、。早いなぁ~。


やはり古い車種ですので、再塗装された塗膜の劣化と錆びが目立ちましたので剥離作業致しました。
e0085968_11142532.jpg


やはり結構な錆びでした。パテが入っているのはごく普通の事です。心配有りません。元々の塗装膜から察するに初期型モデルのタンクでしょうか?。ZEP750も年式によりタンクの形状が異なっているかも知れませんが、知らないので、、色から判断しました。とすると20年物ですね。
Z1と同い年の私、Z1が誕生25年程度の時期に手掛けたZ1純正タンクの錆び具合と比べたら、さびが発生しているとは言えマシです。鋼板の進歩のおかげでしょうね。


サビ取りの指示は無いものの、流石にこのままでは精神衛生上も良く有りませんので、サビ取り致しました。
e0085968_11144315.jpg




剥離後のタンクのプラサフ塗装時は、スプレーで入りにくい箇所に予め筆でプラサフを塗装して鋼板を保護します。隙間には毛細管現象を利用して流し込みます。
e0085968_1115382.jpg


特に裏側、筆の痕が残る箇所が御座いますが、ご容赦の程宜しくお願い致します。




ご要望はタイガーカラーですが、ゼファー750純正のタイガーライン・色では無く、雑誌に掲載されていたZ1のラインイメージでベースカラーを暗く濃くお任せです。そのZ1自体も純正とは異なるオリジナルです。

ゼファー400・1100とは異なり、ニーグリップ部のえぐりが無くZ1とは似た750のタンクですが、Z1とは大幅に異なる形状ですので、その辺りのつじつま合わせが最も苦労しました。
e0085968_11152280.jpg




具体的には上側2本のイエローラインは異なる面を跨いで伸びるラインですので、視点次第でラインの曲がり方見え方が異なり、その辺りが苦労致しました。
e0085968_11293932.jpg




また、Z1と比べると高さを感じるタンクですので、パターンで細く長く・ロー&ロングに見せるように。
e0085968_11155065.jpg


凹み修正有りでパテが入っていますので、厳密にはタンクの左右の形が異なります。ある年代までは、新品でも左右形状が異なっています。
その辺りも考慮しつつ、左右が同じに見えるように。




昨今、ネットの普及で作業に関する情報の入手も容易くなりましたね。私もお世話になっております。タイガーの塗り方の手順など調べれば直ぐに見つかります。昔は純正塗装膜を薄く削り「塗膜の層」を観察したりと何かと苦労しました。私は数こなして来たもののZ1・2に特化していませんので、専門業者さんのお知恵と比べたら劣りますが、私なりに今まで見てきた経験から上二本のラインは実は真っ直ぐだと考えております。
e0085968_1118996.jpg


Z1のタンクに玉虫含め上二本の線を綺麗に引こうとすると、実はテープを極力曲げずに真っ直ぐに引くのがポイントだと感じています。あるポイントで真っ直ぐテープを貼ると、タンクの曲面に添って自然と曲がりあのラインになるんですね。私もネットにお世話になっていますので、ちょっとしたトリビアを。





同時に上面からの見え方にもこだわります。
横視点を重視すると上面の見え方が違和感が出てきたりします。具体的には横重視で2本ラインを曲げていくと、曲面であるがゆえに斜め上や上面からの視点では局所的に歪みが酷くなります。その辺りも考慮しつつ、ゼファーに合わせて曲げる所は曲げますが、その曲げが視点を変えても極端に歪みが出ないようにスッキリとさせます。
e0085968_11183757.jpg


磨き込んでいますので、おっさんが写ってますね、、(苦笑)




純正ラインや見本のラインにこだわる所はこだわりつつも、捨てる要素は捨てつつこのゼファーがスッキリカッコよく見えるように作業進めさせて頂きました。乗車した際もスッキリ綺麗に見えた方が気持ち良いと思いますが如何でしょう。
e0085968_1118575.jpg






つじつま合わせですので取捨選択、どこかは捨てる必要が有ります。
それをどこに持ってくるか、、。
e0085968_11191442.jpg




e0085968_11193091.jpg







純正パターンには規則性が有るのですが、その辺りはあくまでこちらのゼファーオリジナルという事で無視しております。この辺りの納め方などスッキリ見せるため変更しています。
e0085968_1119485.jpg





テールカウルもテールアップイメージになるように工夫して。
e0085968_1120140.jpg




こういう所がオリジナルとは異なります。
Z1始め、カウルの内側までラインは入っていませんが、この方が私にはカッコよく思えますので、このように。
e0085968_11202590.jpg



e0085968_11204748.jpg





サイドカバーはエアクリーナー部を黒に。
e0085968_1121353.jpg




右カバーが一部欠けてました。
e0085968_11212046.jpg





ご相談の後、復元ではなくこのように整形させて頂きました。
e0085968_11213536.jpg





プラサフ塗装時に判明した割れ。曲げて割れを見えやすくしています。予めチェックして下地作業を行いますが、このような割れは先に判明し難い事もあり使い込まれた外装は特に全面プラサフ塗装を行い分り易くします。プラサフ塗装すると発見しやすいのです。
e0085968_11214936.jpg




ベースカラーは一見黒ですが、キャンディーカラーですので、光が当るとこのように見えます。
e0085968_1122611.jpg




大変長らくお待たせ致しました。
オーナーが決まった販売車両だと伺っております!
お時間頂戴した事お詫び致します。

どうぞ素敵なZEP750ライフを過ごされますように!

毎度のご依頼誠にありがとうございます。
[PR]
by os_design | 2014-07-05 11:22 | 作業・完成品