隼のオールペイントのご依頼承りました。
e0085968_11173058.jpg





狭い作業場ですので、作業中遠目にみるには隣の部屋に入って。
e0085968_11174748.jpg


各パーツに繋がるパターンになりますので、予め製作したイメージ画を参考に仮ラインを貼っては剥がしてを繰り返して慎重に。





予めイメージ画を製作するに当たり、現車を参考に手直しを繰り返したのですが、繰り返した一番のポイントはシートカウルです。当初御希望パターンが造形に沿わず、真横からみてそのパターンにすると、視線を移せばパターンがガタガタに歪んで見えてしまい、さてどうするか、、です。その辺りを実物に仮ラインを引きながら打ち合わせです。

例えば真横から見て真っ直ぐにすると、上から見たらこのように見えます。
e0085968_11182273.jpg




このような箇所をどうするか、造形に合わせるのが一番ですが、後ろ上がりのパターンを希望されていましたので、なかなか大変でした。
e0085968_11184296.jpg

歪みもそうですが、パターンが後ろに巻き込んだりも。



このような箇所の歪みを無くすと、
e0085968_11185595.jpg



横からはこう見えます。
e0085968_11195926.jpg



イメージ画を現物に反映した際、問題が多々発生しますとお伝えしていますが、その見本みたいな例です(苦笑)




最終的に決定したイメージ画がこちらです。
e0085968_11205745.jpg

実作業では更に問題も出ますので、変更も加えながら作業進めます。






これはもう、丁稚時代からの信念と言うか考えなのですが、造形に無理の無いパターンが一番です。そう言う目で見ると、ほんと、純正のパターンって良く出来てると思います。
余談ですが、パターンや色の好みって、個人的に食事に対する好みっていうか、国民性と言うか、考え方に似てるな~と思うんですが、新鮮な魚は刺身にして醤油で食べたい!ってのと、いやいや、バターやソースで味付けしたのが食べたい!ってのと似てるな~と。素材の良さを生かすグループと、素材はあくまで素材で味付けでどうとでもするグループの差。国によっては、ド派手なペイントや毛皮を被せたりするのを好んだり、別の国では単色+αを好んだり、原色でド派手があれば、中間色で柔らかい印象のも有ります。多種多様でそれぞれ大切にしたい、しなければならないそれぞれの好みですが、今の私の好みは、タマにはコッテリも大好きですが、鮮魚は刺身で醤油で食べたい派です(笑)
刺身を載せる器はコテコテが大好きです(笑)


e0085968_11211444.jpg




外装を取り外しますので、ウインカーの交換作業も承りました。
e0085968_11213558.jpg


出来れば、メカ的な作業はプロでは無いので、オーナーの大事な愛車を触りたく無いのですが承る事も。その理由の一つが、昨今のアフターパーツは皆さんご承知の通り見栄えが良く安い品が多いですが、難点が有りますね。そのままでは付かないって(笑)こちらもウインカーを差し込んでみたら、固定箇所が緩くてガタガタでした。


一先ず、このようにワッシャを作って間に挟んで対処しました。
e0085968_11221351.jpg


十分機能はしますが、手作り品で見栄えが悪いので、今後、分解される際には純正ゴムワッシャを取り寄せて頂き、重ねてみてくださいとお伝えさせて頂きました。



フロントカウルの取り付けがもの凄く大変でした。
e0085968_11223815.jpg


GPZ-Rのフロントカウルみたいに、固有の付け方みたいなのが有るのかな?




磨き仕上げ後は洗浄して、取り付けます。
e0085968_11225292.jpg




タンクは取り付け前に作業が有りますので、付けずにお渡ししました。
e0085968_11231472.jpg



長らくお待たせ致しました!
今頃は既に走り出しておられるかと思います。
どうぞ、今年も新生隼と素敵なバイクライフをお過ごし下さい。

毎度のご依頼、誠に有難う御座います!
[PR]
by os_design | 2014-03-29 11:24 | 作業・完成品

神奈川県 Y様よりアライRX7RR5のペイントのご依頼承りました。
e0085968_10271410.jpg




元々は「自分用としてオリジナルヘルメットを塗装したいが、漠然としたイメージしかない、、どうしよ(笑)」という事で、ヒントとなる画像等の資料を頂き具体化し、イメージを膨らませて頂きましたが、打ち合わせを進めて行く中で某選手のイメージをメインとしてアレンジする事になりました。
e0085968_10273489.jpg


なかなかの数のイメージサンプルを製作させて頂きました。
色違い・パターン違い、お互い大変でしたね(笑)




昨年夏にお預かりしてから、実作業に入るまで長期間お預かりしていましたので、その間に具体的なイメージが決まるという、長らくお預かりしてしまうメリット、、。不幸中の幸い、、(^^;
e0085968_10275216.jpg


進行形でお預かりしている昨年夏からの方々、、気持ちの変化でパターンの大幅変更も勿論OKなので、どうぞ宜しくです(^^;、、、長期間に渡りすみません。



後部にはお気に入りのキャラクターを。
e0085968_10281768.jpg





でも、オーナーコダワリのメインキャラクターは子犬ちゃんです。
e0085968_10283028.jpg




チェッカーはグラデーションで透けるように。
e0085968_10284479.jpg




作業経過はこのように写真でご報告させて頂いております。出来上がりをご覧頂くと一瞬のように感じるかも知れませんが、なかなかの長編でしたので、画像も大量でした。
e0085968_10291573.jpg

詳細に試行錯誤の画像を撮ってると、収拾付かない量になりますので、
大まかに進行具合の画像でも多かったです。
個人的には、直近ではZX14Rと変わらない位に大変でした、、って私しか解りませんね、、(笑)



某選手同様、雪の結晶を透けるように複数のパターンで。
e0085968_10293661.jpg




スポイラーは青で透けるように。
e0085968_10295347.jpg


大変長らくお待たせ致しました。
また、例のお気遣い有難う御座います。
大変感謝しております。

どうぞ、これからも素敵なバイクライフを過ごされると共に、
豊かな人生を過ごされますように!


毎度のご依頼有難う御座います。
[PR]
by os_design | 2014-03-14 10:30 | Helmet 

TakeUpレーシング 田村選手用レーシングカウル。
e0085968_1363464.jpg

今回、彼の念願の一つ、非売品のレーシングカウルが入手出来たので彼色にペイントです。所謂ワークスカウルという所でしょうか。





多忙続きで、更新が滞っていましたが、話題作りの写真はパシャパシャと撮っていたり、、。
先日の大雪です、、、。もう古いですかそうですか。明日はまた甲信越で雪予報が出ていますが、もう大雪は勘弁ですね。
e0085968_137814.jpg


この日は休もうかと思いましたが、長らくお待ち頂いている方が多く、日を開けるのに躊躇しましたので、チェーンを巻いたらなんとかなるかな?と巻いて出勤。





なんとかなりましたが、いつもの3倍の時間を掛けて、のそのそ出勤。でも普段10分なので30分程度です(笑)
e0085968_1374590.jpg


作業場前の坂を下りると、帰宅時に登れる自信が全く無いので、申し訳無いのですが、なるべく邪魔にならないよう路駐しての出勤でした。(^^;





さて、その非売品のレースカウル。市中に流通している品とは大きさが異なります。
左右の幅を詰めてあります。以前、鈴鹿のレース前車検の際、丁度こちらのカウル車と田村号が並んでいる所を見たことが有るのですが、眺めると確かに全然違う、、。言う通り、小さくてカッコイイ。
e0085968_1385665.jpg


その後、小型化出来ないか?とか、海外では別メーカーだけど売ってるとか、色々と相談していましたが、何かと問題が多く断念していました。しかし、今回転倒有り割れ欠け品として売ってたので、入手出来ました。どこのカウルかは言わなくても良いと思いますが、コレクターの元へ行かず実用する方の元へお越しになられました(笑)こちら、コレクターアイテムだとしても、カウルとしては割れ欠けから不要と判断されたと思われる品ですが、それを直すのがプライベート魂!(笑)。「直る」じゃなく「直す」、「廃車というのはお前次第、諦めた時が廃車」という名言(?)と同じかも知れません(笑)。





普段、レーシングな雰囲気を出すには「ステッカーです」とお伝えしていますが、
こちらが良い参考になると思います。
ステッカーを剥がした所です。
e0085968_1391318.jpg

綺麗な左側を写しました。剥がすとレースイメージが減って、スッキリでしょ!?

銀のラインもステッカーです。メタル以外はクリヤコートしていましたので、剥がすのが大変、、。メタルはヘアラインが入っていますので、クリヤを塗装するとヘアラインが消えてしまうんですね。だからクリヤ無しでしょう。ステッカーは一つ一つ剥がすのが大変なので、いっそ削り落とそうかと思いましたが、こちらケブラーカウルで、削り込んで硬いケブラー繊維が露出してしまうと修正作業が厄介ですので、手間掛けて剥がしました。




剥がす前に比較。
e0085968_1393417.jpg


写真の都合で赤カウルが大きく見えますが、確かに全然違う、、造形も違う、。
幅詰めるのに苦労された事が窺い知れます。




お顔は2013年からの、私お気に入りの顔に。
e0085968_13113688.jpg


ゼッケンスペースの為、スクリーンにも塗装です。スクリーンは3枚、ワンオフならぬサンオフ。いやスリーオフか(笑)




海外では義務付け、国内でも流行りのライトステッカーは、元々の周囲を切り取り剥がし、中を残して周囲をペイントです。
e0085968_13123711.jpg

外したら耐久用に早変わり。



写真で追うと一瞬ですが、なにかと苦労しての完成!にようやく一段落と思いきや、俺のカスタムマシン!と機能だけでなく、見た目にも拘る彼専用に作ったダクトバーの取り付けを忘れていました。
e0085968_13125774.jpg




装着して、、。
e0085968_13133435.jpg






ようやく完成!
e0085968_13134954.jpg

数色塗り分けですが、こちら実は色毎にクリヤコートを施しているものの、全体を覆うクリヤコートは行っていません。個人的に、某メーカーの1000cc限定車仕様のレプ○ルカラー塗りと名づけました(笑)

選手権等の実用カウルは、予めご依頼の際にご説明させて頂きますが、今後このような仕上げとさせて頂きます
メリットとしては、多少なりとも軽量化、そして手間賃減少。
デメリットとしては、塗装の境目の手触りが角張っている、衝撃で角が多少捲れる恐れが有る、、程度で実用品としては問題無いかと思います。



GSXRのフルモデルチェンジの噂も聞こえて来ないので、今年も自力でマイナーチェンジしたGSXR。こちらもそんなマイナーチェンジ(テスト用)タンクです。
e0085968_1314971.jpg


給油口を耐久用に付け替えて、内部に補強用立て板も追加。このメーカーのタンクは柔らかいので、補強が無いスプリント用は、クィック給油器の重さと衝撃で上面が凹んで来るんです。最初から耐久用に作られたタンクは始めから補強が有ると伺ってます。




昨年のガソリン搭載位置を後ろに下げた、マス集中化を更に進め、今年は前側をぶった切り。
e0085968_13163447.jpg


高価なタンクをぶった切るのはなかなか勇気が要るもんですが、「全ては素材」の彼ならでは。元々大ダメージを負っていたタンクですので、各部加工の際、大量のパテが出てきて笑った事だと思います。ベコベコのタンクを見られる様にするには、パテの量に比例した苦労が有る事を察してくれた事だと思います(笑)





装着画像です。
e0085968_13172122.jpg


勝ってに使ってすみません。許してね。




う~ん!カッコイイ!!
e0085968_13183182.jpg

昨年加工したペラペラシートが、ワンオフ削り出しシートレール(テスト品)でバッチリ~!な印象です。
オーバーホール中心のマイナーチェンジとは言え、GSXR新車2台分以上は費用が掛かり大変です。

今月号か昨月号か、カスタムピープル誌にGSXRレーサー載ってましたね。
レース車両もネタとして今後注力される気がしています。
今はTakeUpさんは広告出して無いかも知れませんが、こんな素敵なレーサー、、いや、本人曰くカスタムマシンですので、取材・掲載して頂ければと思ったり、、、また広告出してくれたりして、、(笑)



ネットで拾ったノーマル画像と見比べ、いや~カッコ良くなった!と私、自画自賛。
e0085968_13185492.jpg






後日、今までカウルを小さくスッキリ見せる為、一部艶消し黒を塗装していたのですが、今回、造形の問題からそれを無くした為、白が多いな~!との意見を頂き、黒を足してみたのがこちら。
e0085968_13192097.jpg


白の面積は減ってスッキリするんですが、造形を無視してるんで、実際に塗装すると違和感でるかも~と。





艶消し黒増やしたり減らしたりしながら、ここも黒だな。うん。とシート下周りを黒にしてみた画像がこちら。
e0085968_13193612.jpg

おぉ!いいんじゃない。
伺うと、テスト後、後々には黒にする予定だったようです。




スイングも黒に。
e0085968_1320012.jpg


好み次第ですが、なんか重たい印象になったな、、。
って、私のバイクじゃないのですが、、(笑)



今日から鈴鹿モータースポーツファン感謝デーに参加しています。
コツコツ毎年、自力でマイナーチェンジを進めたGSXRとテイクアップレーシングをどうぞ宜しくお願い致します。





この動画良いよね~、こんな雰囲気。オーストラリアで製作された北海道出張4輪・ドリフト動画ですが、これはバイクでも同じで、似た事してたりして来ましてね。
Kei To The City [Season 6 Premiere]
http://www.youtube.com/watch?v=Cu6h5IoqkoA#t=3569
なんか、もう、、大事なモノを置いて来ちゃったような、大事な事を思い出させて貰ったような、、。

いいと思います!!



最後に。

只今、多くのご依頼を頂きまして込み合っております。嬉しい限りですが、皆様方には特に納期面で大変ご迷惑をお掛けしております。誠に申し訳御座いません。通常、単品塗装のご依頼等は、それまでご依頼頂いている作業と同時進行出来るなら、そのように対応させて頂きましたが、現在、お待ち頂いている方が多く、同時進行出来るとは言え、その分それまでにご依頼頂きました作業の手が止まるのは確実ですので、当面単品のご依頼も、順番に先の納期とさせて頂きます。どうぞご容赦の程宜しくお願い致します。


うまい例えは無いかな~と考えていた所、タクシー乗り場を思い付きました。

現在、OSタクシー乗り場には多くの皆様が立ち並んでおられます。運転手としては嬉しい限りですが、並んでおられる方は何時になったら乗れるんだ!?と我慢を強いてしまい誠に申し訳御座いません。それも長距離の方が多く、早く乗って目的地に辿り着きたいだろう事は十分承知しております。長距離ゆえ、その道中が目的地の方を同乗させて頂く事が、言わば通常の単品ご依頼の際の対応ですが、同乗の方の目的地が自宅であったり、長距離の方の道中とは完全一致しないので、ルートから外れ先に乗られた方にご迷惑をお掛けしています。先乗りの方には多少ご迷惑をお掛けしていますが、通常運行はそのように運行しています。ですが長時間立ち並ぶ状態では、それはやはり考え直さなくてはなりません。通常運行ではレジに並ぶ際同様、単品の方には「お先にどうぞ」という皆様の温かいお気持ちに頼っていましたが、レジの列が長くなりましたので、申し訳御座いませんが、一品でも後ろに並んで頂きたく思います。、、、、レジの方が例えに良いかな、、(苦笑)。また、「ちょっとそこまで、二駅で急ぎだから」すなわち「シャッと塗るだけだから」と述べられる方も稀におられますが、実際乗って頂き目的地を詳しく伺うと、その二駅が山超えの二駅という事が多々有るのが塗装作業ですので、既に並んでおられる方にご迷惑をお掛け致することになります。誠に申し訳御座いませんが順序良く並んで頂きたく思います。どうぞご容赦の程宜しくお願い申し上げます。

上手い例えになったかな、、(^^;

現在の納期ですが、作業には不確実な要素が多く「梅雨頃かな、、ボソ」というお返事をさせて頂いております。ヘルメットに関しましては「もう夏ですね、、ボソッ」と返答させて頂いております。重ねてお詫び申し上げます。
日々の運行には車両の日常点検整備も必要ですので、点検整備=定休日は頂いておりますが、何卒ご容赦を、、。



昨年よりファクシミリが不調で、とうとう壊れた様子。
もはやファクシミリを使う事は2件、そのうち1件は季節の長期休暇のご案内だけになりましたので、これを機会に廃止致しました。松江の社長、すみませんm(__)m

先日、GPZ-R・トップガンカラーのお問い合わせ頂きました方、G2カラーとしてお話してしまってましたが、
あれ?G2?のハズは、、G1ベースですね。こちらもすみません。


では!!
[PR]
by os_design | 2014-03-01 14:07 | 作業・完成品