胡散臭いと思ひ出

先日の休み、ようやく多忙な余り出来なかった野良仕事を。ゴーヤカーテンも設置。昨年毎年豊作過ぎるゴーヤなのにプランターでカーテンにすると不作。畑も嗜む大家さんに相談すると「水分が抜けてるんだね。プランターの周りに土を盛ってごらん」とご教授頂きましたので、今年はプランターの周りに土を。盛るだけでは雨で流れてしまうのでレンガで壁を作ってこのように。
e0085968_16281941.jpg


ここで気が付いた!これじゃまるで花壇じゃないか、、プ、、プランターの意味が無いではないか(笑)、、いや、、これはロマンだ。

あのエンジンを積んで、、フレームをぶった切ってあのフレームと接合して、、と妄想し「手っ取り早くそのまま乗った方が良いんじゃない?」「そんなワザワザ、、」と言われてしまう方々にはこのプランターの良さがご理解頂けるハズ、、。ここにはロマンが詰まっているのです(笑)

プランターにロマンを見い出したOSですこんにちは。


本日のタイトル胡散臭いですが、コアなバイク店(カスタム関連業等)ってご存知無ければ胡散臭いイメージは御座いませんか。私事ですが高校生の頃、転倒が過ぎておいそれと外れなくなったNSR80のFブレーキマスターシリンダー蓋に難儀し、近所の一応バイクが並べてあるバイク屋さんみたいなお店に恐々飛び込んだ事が思い出されます。私、ボロボロNSR80にボロボロ皮ツナギにまな板装着の所謂「峠小僧姿」でしたので、先方も胡散臭いと思われたのか作業は断られましたが(笑)。蓋はマイナスドライバーを叩いてなんとか回しその日も金剛山系にまな板を無事こすり付けに行けたのは良い思ひ出(笑)。実はそんなお店が素晴らしい技術技能をお持ちなのは皆さんご承知だとは思います。思ひ出のお店も後に知ったのですが凄いお店でした。
中でも塗装屋って溶剤を扱う為おいそれと街中で営業出来ず特に胡散臭いイメージ御座いませんか。特にウチ(苦笑)。あの入り口は無いなぁ、、と自分でも(笑)。開業以来出来る限り胡散臭さを軽減するよう気をつけておりますが、最近気が付きました。こちら事務所スペースの壁に貼ってある代物です。そういえば胡散臭い(笑)。
e0085968_1629108.jpg


これは以前息子が覚えたての船をプレゼントって折ってくれたものです。工場に飾っておき!って。私には宝物ですが所以をご存知無ければ胡散臭い(笑)。いやほんと、入り口の扉(一応仮設置)は自分でも胡散臭いの承知しています、、(笑)壁の古いポスター達も胡散臭い(汗)。


人様には理解出来ない品でも宝物って有りますね。バイクなんて正に、、(笑)

そんな胡散臭いにも係わらず遠方より足をお運び頂きご依頼頂きましたのがこちら「BMW純正パニアケース・ステー」
e0085968_16301225.jpg


ネットオークションで購入された傷付き有り缶スプレー品をリペアを兼ねご依頼承りました。派手過ぎず艶消しでのご依頼です。折角ですのでパールブラックでつや消し塗装させて頂きました。艶消しとはいえは粗目のパールではギラツキ感が過ぎ派手になりますので、細かいパール(ホワイトパール)を選択し塗装させて頂きました。


可動部は未塗装です。
e0085968_16302938.jpg



組み付けた画像を頂きました。
有難う御座います。
e0085968_16304798.jpg


日中はパールの輝きでまた違った表情をお楽しみ下さい。
この連休中も愛車とのツーリングを楽しまれますよう願っております!
この度はご依頼頂きまして誠に有難う御座います。




また、胡散臭いかと思われそうですが過去手掛けた仕事=作品は結構覚えているもので、、。
こちら、私がこの仕事に従事した頃・下地作業要員として手掛けた車両の塗り替えのご依頼を承りました。時間は忘れてしまっていますがかれこれ15年程前。割れの修正に苦労した事を覚えております。
e0085968_16311614.jpg

純レーサー仕上げです。元々のパターンの仕上げが粗すぎて胡散臭く(笑)今回も各部の割れはそのままで胡散臭いかも知れませんが、今回も純レーサー仕上げの安価仕上げと言う事でご了承下さい。

連休中もスポーツ走行を楽しまれますように!
毎度のご依頼誠に有難う御座います。



先日は10年近く前に手掛けたFZR750RR(OW01)海外製カーボンカウル・カーボン残しワークスカラーペイントを見掛けてホッコリ。全面波打ちが激しいカウルをカーボンを残す部分以外修正に次ぐ修正を施すのが辛くて辛くて、、良い思ひ出。


続くもので、恐らくこちらも10数年前の下積み時代に下地造りしたホイルのリペイント。
補修歴無くともこの時代のマルケホイルは今や錆びまみれですが、過去補修した箇所は特に錆びまみれ。
e0085968_1636691.jpg



過去入れたパテも浮き上がっておりスクレーパーで捲れます。
e0085968_16364550.jpg

もはや使用するには消費期限切れのホイルですが、でも案外鋳物のホイルって鍛造と比べ「もつ」のかな~とか思ったり。

今のM7やM10もいいですが、この形のホイルには憧れや思い出が詰まっており再販でも有れば敢えて今履かせてみたいな~とか思ったり。



こちらは現在進行形で思ひ出に残る作品。
e0085968_16392949.jpg



いやはや、大変でした、、物凄く。
e0085968_16394829.jpg



ノーマルカウルにダクト追加させて頂きました。
e0085968_1640147.jpg

このような作業の場合、気になるのは御代だと思います。
マルケ前後とは言いませんが、ゲイルアルミ前後の御代にはなるかと思います。

毎度のご依頼誠に有難う御座います!





作業ご報告です。

GSX1100S刀
青にはキラキラの粒を!と言う事で青はキャンディーで、中には2種類のフレークを入れました。
e0085968_16412015.jpg


クリヤ・研磨を繰り返しフレークのブツブツがようやく取れて次の作業に入れるように。

そしてマスキング後、白のパールを塗装しました。
e0085968_16413988.jpg

この間には物凄い手間隙が、(笑)
こちらにも虎の子の既に廃盤のお気に入りのガラスフレークを入れキラキラさせて頂きました。




パターンはアナログでラインテープ。
左右はこのように型紙を作って地道に作業。でもこの時代の車両+補修歴有りとなれば型紙通りに左右とは行かないので手直ししながらの作業です。
e0085968_16415381.jpg


アナログ作業・これぞワンオフ(笑)。



折角綺麗に塗装したブルーフレークキャンディーはたったコレだけの部分に。
e0085968_1643222.jpg

う~ん!贅沢。


そして、長らくお待たせしました。いよいよ塗装開始です。
女性だけのGPZーR倶楽部にも所属のライダーさんです。
e0085968_16432138.jpg


先ずはパターンのフチ色から塗装開始しました。
お持込のロゴデータ、どうぞ宜しくお願い致します!


刀もニンジャも昨年からのご依頼です。
大変長らくお待たせして申し訳御座いません。
引き続き作業進めます。

では皆さん良い連休を~!
[PR]
by os_design | 2013-04-29 16:44 | 作業・完成品

バイクイベント目白押し

先日、所属バイククラブの会長(今も会長でいいのかな?)からお仕事のご相談を頂き、長らくお会いしていないので近況も伺うと東京世田谷で最近タイヤショップをオープンされたと伺いビックリ!思い切りましたね!繁盛される事を心より願っております!

バイクイベント目白押しですが、未だタイヤもレーシングスリックのままで街乗りも出来ない状況のOSですこんにちは。GWにちょっとくらいは乗れるといいな。


お待ち頂いております皆様方には大変ご迷惑をお掛け致しますが、
GWは家族の時間としてお休みを頂く予定です。
予定としては5月3日~6日です。
何卒悪しからずご容赦の程宜しくお願い申し上げます。




週末の大阪舞洲イベント用デモ車のご依頼承りました。
e0085968_15424316.jpg




イベント関連は皆さん通常業務にプラスしての作業となる為か、大抵予ギリギリのスケジュールです。今回もギリギリ仕上がったと思われる販売品と同等の試作品をペイントさせて頂きました。
e0085968_154315100.jpg




「売り」のカーボンを強調するよう幅広くカーボンを残しペイントさせて頂きました。
e0085968_15475429.jpg





取り付け部は艶消しで目立たないように。
e0085968_15482565.jpg




シングルシートカウル。パターンを複数考案させて頂きましたが、タンクが純正パターンと言う事で結局純正パターンのアレンジで塗装させて頂きました。
e0085968_15484040.jpg




テールカウルの後端。このようにノーマル風に伸ばすかゼッケンをイメージし短くするかPC上でシュミレーションした結果、やはりノーマルのように。
e0085968_15485598.jpg




塗装の仕上げ方でグレードが有り、使い方・ご予算に応じて承ります。

純レーサー仕上げ
イベントレース仕上げ
街乗り仕上げ(ストリートフィニッシュ)
ミラーフィニッシュ。
「仕上げ」とは言え最初から作業内容が異なります。
今後、解り易いようにグレード名を改めて付けます。



こちらはタンクが純正ですのでそれに合わせる為と時間的な制約も有り仕上げは街乗り・ストリートフィニシュです。
e0085968_15493468.jpg




ちょっとした事ですが、パターンの角を丸めたりイメージ向上に努めております。
e0085968_15501358.jpg


純正とは言え考える事多いです。その一つがこちら。赤のパターンと青の境目。純正同様このようにするか、、、。それともタンクの赤パターンは青との境に白が入っておりサイドカバーはカーボン品そのままで塗装無しですので、ラインの繋がりは考慮に入れる必要が無い為タンク同様に境目に白を入れるか、、、。同業・若しくは趣味塗装される方には分かると思いますが作業的には白を入れた方が容易く悩みましたが、純正同様境目に白は無くしました。ハードのカスタム同様、塗装もちょっとした事が全体の印象に大きく響きますので難しい所です。特にシンプルなパターンはちょっとした事で大きく印象を変えますので注意が必要です。



装着してみました。
e0085968_15503074.jpg




マジカルレーシング様の車両です。
e0085968_15503996.jpg


これからイベント用に最後の仕上げをされるかと思います。

塗装は実際にご覧頂けないと伝わり難いと思います。週末の大阪舞洲「ホンダドリームフェスタ」でCB400SFシングルシートスタイルをご覧頂き、街乗り仕上げ・ストリートフィニッシュをもご覧頂ければと思います。

毎度のご依頼誠に有難う御座います。
社長、今日も良いお話し勉強になりました♪

やっぱり、シングルシートはカッコイイな。

では!
[PR]
by os_design | 2013-04-19 15:51 | 作業・完成品

あぁ、思い出したよ阪神大震災。今朝5時半起床後直ぐに地震。あぁ、、とうとう来たのか!?南海、、。家族はここに居る大丈夫。次に仕掛かり品の安否が気になり早く揺れ収まれ!と願った今朝。阪神大震災の時は真っ先にバイクが自立しているか確認しました(苦笑)。お預かり品は地震の際棚から落下して傷付かないよう基本的に吊るし棚にしか置けない品も退社時嫌な気がした際は、落下物の無いだろう床にお風呂マットを敷き地べたに置いて帰るように心掛けていますが、本日はタンク数個が棚に置いたままでしたので揺れている最中気になって気になって。結果落下しておらず一安心。バイク達も大丈夫で一安心。特にGPZ900Rは東北の震災後東の方からサイドスタンドが一番だと伺いましたのでサイドスタンド+念の為タイダウンで吊り上げ固定保管していましたが、ここ最近油断して前後スタンドアップ保管でタイダウンも掛けていませんでしたので心配でしたが大丈夫で一安心。
東の方から良く伺っていた携帯の緊急地震速報を初めて聞きました。
噂どおりの音ですね。

GSX1100S刀作業開始しております。
e0085968_126286.jpg




ご連絡させて頂きました通り嫌な予感は的中。
結構なダメージを受けていた外装を綺麗に修復された外装でしたので、
折角の形を崩さないように慎重に作業を進めプラサフ塗装まで進みました。
e0085968_1261964.jpg



チョークノブ。
こちらもご連絡させて頂きました通り両面テープで固定されていました。
e0085968_1264277.jpg


既にチョークは必要無い車両ですので、仕上げ後も両面テープで貼り付けておきます。




TMRキャブレター他ブラックに。
e0085968_127043.jpg



エンジン周りを全て黒に統一するためだと言う事です。
あえてトップキャップもリンクル塗装で無いところが玄人好みな雰囲気です。


e0085968_1271524.jpg



毎度のご依頼誠に有難う御座います!



GPZ900Rサイドカバー部分補修。
e0085968_1273939.jpg


若い頃、私がDIYで塗装を楽しんでいる頃深く感銘を受けた塗装店で塗装されたニンジャです。現在は閉店されたようで弊社にご依頼承りました。その感銘を受けたGSX1100Sカタナが掲載されたクラブマン誌を穴が開くほど眺めたあの頃。日本刀と着物そして夜景文字がカスタムペイントされたそのカタナは物凄く魅力的で今でも記憶に残っております。
そうか、、閉店されたのか、、。

裏側の取り付け部の「キノコ」も補修させて頂きました。
ご依頼誠に有難う御座います!
余所さんで塗装された品でも作業承ります。
私に出来る事で喜んで頂けるなら余所もウチも関係御座いませんので、どうぞお気軽に!


西日本の我々も余震に注意ですね!
でもこれからは余震なのかな、、、、、。

いつかの南海に備えて。

では!
[PR]
by os_design | 2013-04-13 12:12 | 作業・完成品

アナログ感

以前にもアナログ感がいいな。大切に。と述べさせて頂いた事が有りますが、http://osdesign.exblog.jp/17535182/  さて、どうすれば、、と未だ悩んでおります。
未だバイクはキャブ車しか所有した事が無いOSですおはようございます。

っていうかここ15年間、数年空いたものの同じバイクがメイン(笑)。我が家のトイレに鎮座して丁度一年の2012年4月号バイカーズステーションGSXR特集。あぁ、、欲しいな~乗りたいな~。



アナログと言えばやはりイコール昭和、、こじつけ感たっぷりですが、
こちら昭和の代表バイク(と私は思っています)RZ250(4L3)。
e0085968_9271091.jpg


なんとビックリ!!新品程度極上。タンク内部も極上錆び無し正に新品です。
以前塗装させて頂きました車両をご覧になられて「ここなら、、」と作業を任せて頂きました。誠に嬉しい限りです。



デカールも新品。
e0085968_9272750.jpg


作業はデカールを貼り付けた上でデカールの段差を無くなるまでクリヤコートして磨き上げます。
有る所には有るんですね~。

アナログ=人の手による作業として捉え、さてどう表現するべきか、、。人の手が入った事を感じさせない方向、すなわち見切りが綺麗だとか線が綺麗だとかの方向に走って来た私にはそれは間逆だと感じて至極難しい。見切りが綺麗だとかは何れ機械作業に置き換わる事は必須。さてどうするか、、。今までミスと感じていた事を味わいと捉えるか!?むぅ。



作業の前にチェック。勿論タンクは新品ですが訳有って補修歴が見受けられました。
e0085968_9274970.jpg


最近、上記させて頂きました通りこのような箇所も味わいじゃないか!?と思えるように。
本来ベースの色を塗装後デカールを貼り付けてクリヤコートですので、デカールの上に色が載る事は無いです。ですが良くある事ですので特に問題無いです。
さて、これを人の手が入った味わいとするかどうか。オーナーさんの「純正」というコダワリ感はこのような箇所含め「純正」だと思われるのかどうか。


オーダーには修正作業は入っておりませんがもしかするとオーナー様もご存知無かったかも。悩んだ結果、経験から判断するのもどうかと思いましたが経験則から修正した方が喜んで頂けますので修正させて頂きました。
e0085968_9281440.jpg


事後承諾となってしまいお気に召さなければ元に戻すつもりでしたが、良を頂き一安心。要はやはり私が気になってしまい自己満足の部分。故に作業代が~と、どうこう言う話では御座いません(笑)私の自己満足で喜んで頂けたなら幸いです。先日お客さんはそんなん求めてへんねやとウダウダ述べさせて頂きましたが、大幅なコスト増に繋がる事はさておき、求めておられ無くとも喜んで頂ける事はこれからも大事にしていきます。




それは例えばこちら、私のハイエースのワイパー。
e0085968_9282726.jpg


もう10年超えて使っているとハゲハゲになって来ましたので再塗装。
足付けして洗浄し黒塗っただけ。クリヤは塗りましたが。黒かったら良し。
このような作業を承る際、今までなら先ずブラストから、、と言う提案をさせて頂いておりましたが「そんなに求めてないんや、、黒かったらええねん。」と言う場合に「そうですね、黒塗るだけにしましょう。」とお気軽にご依頼承ります。この品の場合、その後直ぐにまた錆びが出そうとか剥がれ易い等は私にはどうでも良い話。また塗リ直せば良いんです。
簡単に言えば実用品と嗜好品は分けて考えます。



こちらGSXRレースタンク。実用品。
e0085968_9294269.jpg


逝ってますね~!この状態で左右の形が全く異なります。左右同形状にするならば、イチからやり直し若しくはパテてんこ盛りですが、そんなのは求められておりません。レース用なので見た目がマシになれば良し。というオーダーです。


鹿児島のショップさんの品です。地元にお付き合い有る塗装屋さんも居られるだろうし当初プラサフまでにしましょう!でしたが純正色・K9青で塗装も承りました。


パット見綺麗になりました。
e0085968_930815.jpg

ちょっと難儀なこのキャンディー色。丁度良いキャンディー青色がK9発売当初は存在していましたが、直ぐに廃盤になっておりさてどうするか、、と怯みましたが、思いつきで調色してみたら良しな発色が出て一安心。でもお伝えさせて頂きました通り色ブレは有る筈です。



e0085968_9302432.jpg

画像ではとても綺麗ですが、ゴミ・ブツそのままの磨き無しレース安価仕上げです。もう一度クリヤコートし磨き上げれば大幅に綺麗になりますが、大幅なコスト増になりますので控えております。


最後に。
溶接される方はビートの綺麗さをかなり気にされますが、個人的には余りに綺麗なビートよりも多少不揃いの方が好みです。人がやってくれた!みたいで。また、昔々購入した某レースカウル屋さん販売のバックステップが旋盤・フライス手仕上げそのものの品で表面なんてアルミ板素材そのまま削りっぱなし。アレってコーティングというのでしょうかアルマイトみたいな黒っぽい表面に罫書線も残る品。介在してくれたバイク屋さんは「ちょっと、、」みたいな感じでしたが、私には罫書線も「何方かがこのステップの為に罫がいてくれたんだ、、ワンオフみたい!」と喜んでいました。都合良い客みたいですが実際愛着も沸きました。今では一般売りする商品には有り得ない品だとは思います(笑)が今だから思い出してしまいました。経験則だけの判断は誤りに繋がると感じておりますが、何かヒントになりそうです。

では!
[PR]
by os_design | 2013-04-04 09:31 | 作業・完成品