レーシングのご依頼

こちらMHオハラ様よりご依頼承りました、CBR1000RR・SC59
e0085968_23185874.jpg

運よく(?)カウルお持ち込み当日のコース走行で転倒されてしまい、修復を兼ねペイント承りました。

塗装完成直後では、ガックリですもんね、、。
e0085968_23191197.jpg

レースカウルとは言え、趣味で長年イベントレースに参戦している方ですので、
所有感が増すように仕上げております。

e0085968_23192034.jpg


画像頂きました。有難うございます。!
e0085968_23193594.jpg



来年もCBR1000RRでレース、
CBR900RRでツーリングと、
CBRの有る生活を楽しまれますよう願っております♪


毎度のご依頼、誠に有難う御座います。







ガリッシュレーシング・平野様RR4
e0085968_23201699.jpg

岡山国際でトライアンフ・デイトナ675と言えば、平野選手。

e0085968_23202366.jpg

車体に合わせてヘルメットを、、というご依頼承りました。


e0085968_23203088.jpg

レース用ですので、レーシング仕上げです。(些細な線の歪や滲みはそのままです)


e0085968_23234456.jpg


いや~!まとまりましたね♪
どっからどう見ても「平野選手」と解りますね!


来年もご活躍されますよう願っております!
毎度のご依頼誠に有難う御座います。









N様ZX6R

6年?7年?振りにご連絡頂けましたN様。そしてZX6R。
仕事柄単色ペイント塗装の依頼先をお持ちですので
『その単色(オレンジ)にパターンを』とのご依頼です。

e0085968_23204827.jpg



ネジもスポンジも何もかも付けたまま塗装されていましたが、レース用ですので本人が気にしなければOKでしょう。
e0085968_232103.jpg

黒のラインのみ塗装しています。
黒部のみの塗装で全体にクリヤコートは施しておりません。



こちらも、黒に白・緑ライン塗装にオレンジとのグラデーションを塗装させて頂きました。
e0085968_23211197.jpg

こちらも全体にクリヤコートは無しです。

例えるなら、CBR1000RRの純正レプソルカラーのように、
段差云々はさておき、色毎に仕上げています。



スクリーンがゼッケンスペースです。
e0085968_23212096.jpg

スクリーンにゼッケン色を塗装させて頂きました。
裏から塗装しています。

e0085968_23212690.jpg


久し振りにお会いしたN様、
以前にも増して「風格」有るオーラが出ていてビックリしました!
同い年とは思えない(笑)

来年も、多忙だとはお察し致しますが、
レースに6R、ツーリングにMT01、
バイクの有る生活を楽しまれますよう願っております!

久し振りに、ご連絡頂き感謝です。
ご依頼誠に有難う御座います。





以前は、レース用だとしても街乗り同様綺麗に仕上げるのを信条としておりました。
今は違います。昨今減少著しいサーキットを趣味の場とする皆様が『より長く楽しんで頂けるよう』願い、安価に出来る所は安価にしています。
 また、レース用全般が同じ仕上げでは無く、街乗り同様お客様のご要望に応じて仕上げております。
綺麗に越したことは無いですが、塗装代で走行代やタイヤ代が捻出出来なくなったら本末転倒ですもんね。
本末転倒、、、、走っても無いのに『転倒』なんぞしたく無いものですね、、、(苦笑)





では皆様、
来年もレーシングを楽しまれますように!!
[PR]
by os_design | 2011-12-20 00:17 | 作業・完成品

年の瀬も迫って参りました。、、年の瀬!?迫る!?今更ですが改めてネット上だけですが調べてみると、、昔は庶民の生きるか死ぬかの時期だったとか。だから「迫る」。なるほど。
そんな師走12月、バイクどころでは無い時期ですが、来年も楽しく乗りたいですね。

乗ると言えば今年の私の走行距離、結局2000Km乗ったか!?程度で残念ですが、バイクは持ってるだけでも幸せなので、、、まぁ一応OKです。ですが今年の短い走行距離で改めて気が付いたのが、私にとって「バイクは持ってるだけで無く、『乗る』と楽しさ倍増」すると言う事でした。

何を今更、、、ですね。

元々骨折しても好んでツナギ着て山に走りに行ってた私ですが、そんな頃の楽しさはスッカリ忘れていたと言っても良いかも知れません。その要因・原因は色々有りますが長くなるのでまたいつか。

カスタムを楽しまれている皆様それぞれ確固とした方向をお持ちだと思いますが、私の場合やっぱり三つ子の魂・・・では無いですが自分の好みは「見た目<走り」だと今年出会ったバイク仲間から一緒に走りながら教わり気付かされました。来年は見た目も大事にしながら「走って楽しく」を大切に。出来ることは自分で、出来無い事はプロの力をお借りし自分なりにセットアップ・カスタムしていきたいと思います。「速さ<楽しさ」を大切に。「速さ=楽しさ」もまだ捨て切れませんが、そっちは正直色々な意味でしんどいので、早く払拭出来ればとも、、です。


e0085968_11598.jpg


私はGPZ900RですがZやCB、GSXRにCBR、、新旧問わず所有だけで私のように昔は良く走ってたのに今は走らなくなった方は少なく無いかも知れません。仕事、公私共に忙しく乗る時間は少なくなったと察します。、、ですが、、ちょっと体が許せば来年、暖かくなったら以前のように走り出してみませんか?。バイクはあの頃と同じく楽しい乗り物です。もし楽しく無いとすれば自身の気持ちの問題かも知れません。




こちら、気持ちが大事な新聞記事。
新聞を切り抜く変わりに写真に収めているのですが、その中のお気に入りのある記事。
e0085968_1284447.jpg

73歳の大先輩。
それまでのご苦労は察するに余りありますが、素敵な人生を歩もうとする姿勢が勉強になりました。
若輩者としては、先輩の経験から深く学び、今の時間を仕事ばかりに偏らず過ごしたいものです。
、、、とは言え皆さんに仕事から逃げる言い訳の勧めをしている訳では無くいので、どうぞ!言い訳では駄目ですね(苦笑)。仕事は大事です。物凄く大事ですが「個人の想い」が有る方は、配分を見直し早いうちに行動に移した方が得策ですね。


 とまぁ、エラそうな事を述べてみた所で、私も実現困難な「それ」有るんですが、、とりあえず1000万円。それだけあれば一年間地方選ST600なら思いっきりレース出来るかな。3台くらいは廃車しても大丈夫かな!?とか思ったり(笑)

まぁ、、、、、出来る事からコツコツ始めましょうね、、皆さん。


ではまた!
[PR]
by os_design | 2011-12-16 01:49 | Diary

TakeUp様 GPZ1100(水冷)

先日、ブログ表示を触ってみましたが、ちょっと幅広で難儀する、、との声を頂き元に戻してみました。
どうでしょう~か♪。



さて、こちらは姫路のTakeUp様よりご依頼頂きましたGPZ1100。
e0085968_22125231.jpg

オーナー様は私も面識のある紳士。
ご依頼は『赤』以外はTakeUpの田村主治医と私にお任せと言う事でした。


極力シンプルに、飽きの来ないようにシンプルに。

勿論、『派手は飽きが直ぐ来る』と言う意味では御座いません。



グラブバーです。
e0085968_2214137.jpg




e0085968_22292178.jpg


日々、バイクを眺める事が楽しくなるように、
また、お手入れが楽しくなるように、
艶々に仕上げております。
e0085968_22302682.jpg

車体パターンは基本的にGPZ1100純正塗り分けパターンです。
アッパーのみが異なります。


タンクの文字はちょっとした御洒落、
カフスボタンの御洒落の様に、さり気無く派手にしてみました。
e0085968_22325233.jpg


ベースの赤にも細かいフレークを散りばめておりますが、文字にも塗り分け表現のみならずフレークで飾りました。





フロント正面にも「Kawasaki」
e0085968_22322246.jpg



e0085968_22422366.jpg






GPZ1100(水)の特徴的なエアダクト。
e0085968_22405145.jpg

見事な造形美。
この部分のみ純正パターンとは異なります。
塗り分けラインは造形を生かすよう無理なくシンプルに。





センターカウルレスですので、この部分は艶消し塗装でスッキリ見えるように。
e0085968_22423865.jpg


「あの人のバイクは何か雰囲気が違う、、、」
は塗装ではこのような積み重ねが効きます。

効くと信じてます(笑)




テールカウル
e0085968_22511791.jpg




1100を立体的に。
e0085968_22582572.jpg



e0085968_22585162.jpg




一見しただけでは解らない、複雑な形状なシートカウルです。
e0085968_22592795.jpg

開発の方々のご苦労の賜物だったりして、、。





そんなご苦労の賜物に、田村主治医のアイデアで穴を開けました。
e0085968_2259966.jpg



e0085968_2321052.jpg


別角度から
e0085968_2322227.jpg

内側の艶消し部分はアルミでワンオフ・ダクト製作された品です。艶消しに塗装しています。



「中にオイルクーラーを配置してあるので、負圧で熱気を抜く様な感じでダクトを!」
との事で、このように製作しました。

e0085968_2324568.jpg


実際どれくらい負圧が掛かるかはお楽しみと言う事で、、笑。

余談ですが、
過去に、GPZ900Rのライト部にOILクーラー、サイドに負圧で抜くダクト、それを繋ぐボックスを
簡単に(いや、、困難でしたが、、笑)FRPで製作して取り付けた所、サーキット使用で油温が10℃下がりました。

街中では、、、忘れました、、、某「心眼.」さんの以前の仕様ですので、また聞いときます。




e0085968_23122752.jpg







ウインカーも塗装しております。
e0085968_23134138.jpg

意外と手間暇必要なウインカー塗装。塗装代で新品買えます(笑)



ミラーも塗装です。
e0085968_2316725.jpg

意外と手間隙必要なミラー塗装。、、ミラーも同じく塗装代で新品(補修部品)買えます(笑)


またまた余談ですが、ウインカーのみならず純正ミラーも手間隙必要です。
PP素材ですので、傷はPP専用パテで補修するか、、若しくは別のワザで、、
PPプライマーの使用は勿論、表面の装飾加工を塗装に適した「ツルツル」にする作業、、、。

スクーターのインナー塗装・オフ車の外装塗装同様、適した作業手順を踏まないと、
艶が無い、直ぐに剥がれる、、等のトラブルになります。


デザインはシンプルながら、115時間の作業を要したGPZ1100。(デザイン・乾燥時間除く)





これからも「傍にはGPZ1100」の生活を楽しまれますよう願っております。

ご依頼誠に有難う御座います!
[PR]
by os_design | 2011-12-05 23:33 | 作業・完成品