今年は、再び弊社をご利用して頂けた方が特に多いと感じた一年。

こちら、M様のZ1も改めてご依頼承りました。


数年前にペイントさせて頂きました、アルミタンクのカワサキZ1。
所謂火の玉パターンのM様オリジナルペイント。
前回は他社でペイントした別タンクを見本にペイント承りました。
e0085968_22524063.jpg

今回、「火の玉の中が暗く見えるのでグラデーション無しで『中のみ』」再ペイント出来ますか?」とのご依頼。
火の玉部はラップ塗装にキャンディー・グラデーションです。




外装をお預かりし、作業の準備を進めていると、余りにも綺麗に維持されており、驚くのと
同時に気合が入りました。
e0085968_22562879.jpg

裏側も実に綺麗な状態です。
これほどまでに大切に愛車と向き合っている方からの再びのご依頼です。
嬉しく思わない訳が無いです!





作業後です。
e0085968_2371969.jpg




塗り替え部も下にラップペイント・上にキャンディーです。

e0085968_238932.jpg


火の玉の中部分のみペイントしております。(もちろん全体にクリヤは塗装しております)



通常、部分塗りで塗装を塗り重ねると、塗装境界が「あ、塗ったな」とハッキリ解るのですが、
今回は、ラップ塗装(2色)のみならずキャンディーまでもペイントしますので、
何らかの事情で「上から塗った」と一目で判明する事態になります。

ですが、このように解らないように。
e0085968_2385069.jpg


この写真の仕上げがご理解頂ける方は同業者か目の肥えた方だけかも知れません、、(笑)


テールカウルも同様に。
e0085968_23203510.jpg


艶々です。
e0085968_23204472.jpg



タンクもそうですが、部分塗り替えしたとはいえ塗装の段差は皆無で滑らかです。

e0085968_23211534.jpg

微妙に光が歪んでいるのは元々の歪です。(元々の歪も可能な限り「抜きます」が、ある一定以上はパテ付けの必要に迫られたり、重量増や他のデメリットが発生する恐れが有りますので行いません)



シートを開けた時に「残念な気持ち」にならないように、このような所も磨いて艶々に仕上げさせて頂いております。


e0085968_23254070.jpg



この部分はGPZ900Rも同じです。
ご予算次第ですが、ここを鏡面にせずとも、純正の歪を平滑にして塗装しております。
今まで気が付かなかった方は今すぐシートを外してご覧下さい(笑)
Zな方は開いて下さい(笑)

Zは元々面出てますので、多分、、、解らないですね、、。
それよりも、塗装の塗り重ねでテールカウル外周の「リブ」が無くなる若しくは歪になる事が気になるかも、、。
もちろん「外周・縁」の凸を残すように作業しております。

750R900Rは凸凹激しいので一目で解るのですが、、、
見比べる事が出来る方しか解らないですね、、(苦笑)




また、フォークをオーリンズに交換されたと言う事で、
フェンダのペイントもご依頼承りました。

e0085968_23401124.jpg





ノーブレスト・サンクチュアリ製カーボンフェンダです。
e0085968_23401976.jpg

元々は黒にレインボーフレーク(小)を載せてました。
こちらのカーボンフェンダにはカーボン目を消さないようスモークペイントし
「カーボン模様」の主張を控え大人しくしました。



e0085968_23403215.jpg


フェンダも十分に時間をかけて磨きあげ、艶々に仕上げました。




M様
これからも多忙だとお察し致しますが、「Z」との良い時間を過ごされます様
心より願っております。

この度は再度のご依頼頂き誠に有難う御座いました。
[PR]
by os_design | 2011-11-29 23:51 | 作業・完成品

GPZ-R配色見本

今年も流行語大賞の季節になって来ました。

昨今、楽しみと言うか目安にしている流行語大賞。
今年は付いて行けているかどうか、、、の目安だったりします、、(笑)


只今夜のPC作業中。


日中は実作業のみで夜間にPCでデザイン作成・メール送付です。

今日は日頃の作業に加えて久し振りにブログの表示をいじってみました。
今までワイド画面で見ると、タイトル画像表示が変でしたので調整してみましたが、
如何でしょうか!?ちゃんと映っていますでしょうか。


綺麗な仕上げを行う塗装作業は多くの皆様が考えるよりも時間が掛かります。特にDIYで塗装される方は時間の把握が可能だと思いますが、ご自身で作業される数倍、、もしかして10倍の時間を掛けているかもです。

ですので、日中は実作業のみに専念しております(故に未だネット未開通だったりします。苦笑)そして夜間は自宅で在宅ワーク(笑)。仕事は家に持ち帰らないとかなんだそりゃ状態!?生きてる事が仕事であり
プライベートであり、、、区別が無くなってしまってます(笑)

するとTVを観る時間が無くなり、そして世間の『流行』に疎くなり、、昨今流行語大賞の言葉の大半を知らない事もしばしば。




昨年か、、いや一昨年か、、島根のニンジャ仲間、はるやんが「DAIGO」って人が偶然職場に遊びに来て写真撮って貰ったと話してたのですが、マジで本気で全く知らず。
どうやら爆発的な人気だったようですが「知らんもんは知らん」と他の方にも話すと「え~~!?知らんの。マジで!?と」皆さんドン引きな様子、、苦笑。



流石に危機感を覚え、それからは頑張って付いて行こうとしていますが、先日はドラ吉さんから某有名女優さんの名と姿を知らない事に「えぇ~~!!」っと。

e0085968_0141243.jpg




、、、自営業なんてそんなもんです、、、、よね!?、、、ね!と自営仲間に今年も同意を求めたくなった2011年末の今日でした。






こちら、今仕事中に見つけた私用に作った配色画。


e0085968_2392080.jpg

これからのシーズンオフにオールペイントを検討されている方もいらっしゃるかと思います。


e0085968_2392710.jpg


小さい画像ですが、皆様の参考になれば幸いです♪



e0085968_2393388.jpg


(元の900R画は昨年龍神でご一緒させて頂いたか○ちゃんさんですね、、。数年前に仲間から指摘されました。知らないうちに勝手に使っててごめんなさい)

今年も残り一ヶ月。
来月の今頃は既に正月休み。(早いなぁ、、ウチの休みの日程は未だ未定です、、)
頑張って踏ん張っていきましょう~!
[PR]
by os_design | 2011-11-29 00:28 | GPz900R

500Γ調子良く♪

先日、ご紹介させて頂きました『K様 RG500Γ』
http://osdesign.exblog.jp/15917299/

多忙な合間にお越し下さり、組み上がった姿を拝見させて頂きました♪



e0085968_024346.jpg



綺麗な写り込みを見ると、いつも鏡面仕上げに手間隙掛けて苦労した甲斐があったな~と感じます。
e0085968_025582.jpg


更にその後コーティング屋さんでコーティングを施工されましたので、更に艶々です。


Glas’yさん
e0085968_0154690.jpg





リンクとスイングアーム、フレームにエンジンカバーの塗装は効果有りでした。
特にこの角度。

e0085968_0181322.jpg

車体はレース塗りとは言え大幅に見栄えが向上しました。



e0085968_0203883.jpg





e0085968_021247.jpg



お忙しい中、お越し頂きまして誠に有難う御座います!


これからも『ガンマ』と過ごす、素敵なバイクライフを願っております。
[PR]
by os_design | 2011-11-16 00:24 | Diary

11月なのに暖かく過ごし易かった日々も終わりを告げそうな昨日今日、、。
天気予報では来週は一気に冷え込みそうですね。そろそろ速乾硬化剤と速乾溶剤でOKかな。
暖かい日々は過ごし易く有り難いのですが、材料の選択が難しいので困りものです。




そろそろバイクの季節も終わりの様子。
私の周りでも「今年は終わり。さてバラそうか・カスタムしようか」との声がちらほら聞こえ初め来ました。
バイクガレージ持ちの方も増えており、冬の楽しみとして定着してきたのかな!?
同じ趣味持ちとしては嬉しい限りです、ただ私は「その時間をなかなか作れないのが残念です、、、」




昨今、外装だけでなく、ステー類のペイントを承ることが増えました。

K様GPZ900Rサブフレーム。
e0085968_23263721.jpg


T様スーパーカブ110
e0085968_2326493.jpg




皆さん、このような『トコロ』が効くと感じておられるようです。私もそう思います。
外装の綺麗さ、清潔感も大事ですが、ちょっとしたステー等のコーディネイト・清潔感は全体に効きます。


なんだか愛車がシャキっとしない何故だろう!?
と言う方には是非とも「ちょっとした箇所」のお手入れをお勧めします。


これからの季節。お手入れの季節の参考にどうぞ!
[PR]
by os_design | 2011-11-11 23:27 | 作業・完成品

こぶし大に膨れた塗装膜

昨日Kawasaki・Z1についてお問い合わせ頂きました方へ、
改めて過去帳で確認したところお見積もりが間違っておりました。+5~6万円です。
今日もご覧頂けてたら良いのですが、、、、。すいません。


さて、こちらのZ1のタンク。

以前、香川県のNOI:Z様より塗装承りましたリプレイス品のタンクなのですが、塗装後1年~1年半位でプックリ膨れてきました。今年年初で10年玉程度。オーナーさんにNOI:Zさん、多忙により実際に私が見たのは報告を受け約半年後の8月。もうその頃にはこぶし大の大きさ。


膨れた箇所を剥がした後に写真に収める事を思い立ちましたので、元の画像が無いのが残念です、、。
e0085968_23131562.jpg





NOI:Sさん「ちょっと異様な膨れなので見てみて!」「もしかすると穴開いてるかも!?」と言う事でカッターとスクレーパーで捲って見た所、綺麗に素地と下地塗装が剥離していました。
e0085968_2327429.jpg




過去、購入した中古車のタンク塗装が極端に膨れているため再塗装と言う作業があり、原因を探る為にも剥離してみた所M6ネジが入ろうかという穴が多数開いていた事が有ります。板金修正作業の際、開いた穴をハンダや溶接の類で穴を塞がず板金パテで塞いでいた為にガソリンがパテに染み出し膨れていたようです。


今回、その事を思い出しました。
ですが、流石にリプレイスの新品ですのでそれは無いだろうと。でも直径1mmに満たないような程度の巣穴を目視では確認出来ました。


e0085968_23265638.jpg






拡大してみました。
e0085968_23431427.jpg



針でつついても貫通はしておりません。極々僅かな「巣」が有るのかも知れません、、。





他の目視で確認出来た巣穴にハンダで穴埋め。
e0085968_23452452.jpg




その後、下地処理を行いペイント。

e0085968_23475678.jpg

その後、クリヤ塗装・研磨の繰り返しで修正前のように段差無しの鏡面仕上げを行いました。



ただ、残念ながら今回の原因がハッキリした訳では無く、最上段画像の「十円玉大に捲った箇所」からは、目視では巣穴等は確認出来ませんでした。その後の作業では更にその上部に小豆大の膨れを発見。ハッキリしているのは全てセンターの溶接部「背骨」と言われる箇所に沿って膨れていたと言うことです。

元々リプレイス品に塗装済みの膜の下からの膨れでしたので、リプレイス品の製作工程で何らかの問題が有った事が予想されますが、その下地塗装を信用しその上から作業進めた私にも問題が有るなと結論付けました。


ちょっと余談ですが、。。個別にはご説明させて頂いておりますが、鏡面段差無し仕上げは本来塗料メーカーが想定している適正塗装膜厚を大幅に越えてしまいますので、綺麗ですが「沸き」と言うトラブルが付いて回ります。これは誠に申し訳無いのですが仕方無い事だと考えておりますが、今回のケースはそんな事例とは比べ物にならず驚いたと同時に申し訳無い気持ちで一杯でした。
尚私のGPZ900Rも湧きが発生していますので、直接「ココです」と指差して確認して頂いておりますが、そのように指をささないと分からない程度が殆どです。その対策としては塗り重ねるクリヤを材料代は高いですが3:1の混合比率の品(熱を加えると硬化が進み易く硬度も有る品)を使い、研磨⇒クリヤ⇒研磨⇒クリヤ・・・の工程の毎、十分熱を加えて硬化促進させております。因みに以前は塗り重ね用としてベーシックな10:1を使っていました。その頃は、今よりも後々もっと沸いて(1年・2年後~です)困り果てていました、、。




純正塗装タンクの塗り替え(純正・新車でも幾度も塗り重ねているタンクはが有りますので、そのようなタンクは除いて)等、現状綺麗な塗装膜のタンクは無闇に素地を出して酸化を進めるべきでは無いとの考えから、その上から作業を進める訳ですが、今回の事からリプレイス品は溶接部等は気を付けた方が良さそうですね。
オーナーさんには申し訳無いですが勉強になった事例でした。
[PR]
by os_design | 2011-11-10 00:41 | 作業・完成品

まいどお世話になります。
香川県 NOI:Z様より
2011 YZF・R6 のペイントのご依頼承りました。

このR6、
「走行≦展示」
飾って置く方が多いかも!?という事で『レーシング』イメージよりもカスタムイメージ、
『艶消しマット』で見本色はタンク前部のカバー色「艶消しパール」の感じ雰囲気で、とのご依頼です


e0085968_05215.jpg

艶消しは良い雰囲気有りますね!






でも艶消しはお手入れが大変ですので、どうぞご注意を!

e0085968_0124564.jpg

「磨いて」しまうと艶が出てしまいます。






とはいえ、磨いても「艶消し」という艶消しクリヤが高価ですが昨今開発され販売されています。

e0085968_0132626.jpg

艶消しだと、美しいR6の造形美が映えますね。


昨今、日本車も単色でも栄える造形美になってきたかと感じますが、中でもR6は見事な造形美だなと感じております。現行に近い形になってからはFRP屋さん泣かせだとも感じております(苦笑)。


余談ですが、昨今のオートバイは特に造形美が見事なもので、造形を無視したパターン塗り分けは非常に難しく、塗り分けを検討されている方は出来るだけ造形に合わせたパターンが良いかと思います。造形を無視した無理なパターンは無意識下で無理を感じてしまう=「何か良く分からないけどヘン」と言うのが私の考えなのですが、、。過去のバイクでも今も愛される純正パターンは特に造形を生かしてるのが大半です。やはり純正パターンは良く出来ていると思います。

しかしまぁ、最終的には「お好みで♪」という事で(笑)





NOI:Z 横井様

毎度のご依頼、誠に有難う御座います!
[PR]
by os_design | 2011-11-07 23:51 | 作業・完成品

TakeUp田村選手(主治医)のレース予選へ行って来ました。


e0085968_23595061.jpg


午前に子供達の発表会が有り、その後鈴鹿へ、、。






故に、到着直後は丁度主治医の予選『JSB・Q1』が始まった所。

e0085968_023791.jpg







自他共に認める『コツコツ派』の主治医。
長年コツコツ積み重ねた地元『岡山』と比べ積んだ量の少ない『鈴鹿』。
昨年に続き、苦戦覚悟の挑戦です。

e0085968_033964.jpg






レースにこんな事述べては「×」かも知れませんが私は『順位<無事』なので、とにかく怪我無くと願うばかりです。
また、1位2位・チャンピオンが誰だとかは特に興味が無かったりしますので、私は純粋なレース観戦好きでは無いかも知れません、、(苦笑)







これまでの自己ベストをコンマ5秒縮めた主治医。「お!降りてきた♪レースの神降りて来た!」と話すも、どうやら他のライダーにも「降りてきている」ようでガックシ。






セット変更後のコースイン。
e0085968_2354144.jpg




残念ながら岡山のようにQ2進出とはなりませんでしたが、明日の決勝へのデータ取りは出来たようで何より。










戦う「漢」のハンドル。MotoGP。
e0085968_23191755.jpg


青は『煙幕』
緑は『まきびし』
赤は『オイル』

、、、ってゲーム「ラリーX」では無いですね、、(^^;










予選を終え、整備に掛かる頃には仕事を進めるため帰路に着きました。


e0085968_232810100.jpg









これで、今年の全日本も終了。
バイクシーズンもそろそろ終了。
来期へ向けての整備・カスタム作業に入られている方の話もチラホラ聞こえる時期になって来ました。

一年早いですね~!


これから冬到来ですが、

直ぐに「ぽかぽか陽気の「春」がやって来ました」と話してそうです。


来期に間に合うよう冬の作業計画がまだな方はどうぞお早めに!



私も、まだですが、、、(苦笑)
[PR]
by os_design | 2011-11-02 23:43 | Diary