なんだか怪しい天候が続きます。


ウィーク真っ只中の鈴鹿でも、昨日ゲリラ豪雨が有ったりと、怪しい空模様。


e0085968_23312331.jpg




昨今、観客数が、、、参加者数が、、、参加型・興行型、、な話題に事欠かない鈴鹿8耐ですが、

『今の』個人的な考えは、携わる方(出走側・観戦側双方)が楽しければ、良しじゃない!?です。


バイクのレース云々を広める事はもはや無理でしょう。

あきらめてはイケマセンが、現実的には非常に高くて厚い壁がたっております。

でしたら「知っている方」だけでも楽しめれば、、と。





先日、ご紹介させて頂いた「GULF」号も、

鈴鹿のイベントへ、雑誌社絡みで展示されます。


K様すいません、、画像拝借しております!
e0085968_2341743.jpg




e0085968_2342102.jpg


ホイルも前後塗装させて頂いております、


e0085968_23422083.jpg


フレームも!




明日、鈴鹿な皆さん、どうぞ楽まれますように!1
[PR]
by os_design | 2011-07-29 23:31 | 作業・完成品

群馬県 K様 OV29

もうすぐ一年、、、。

ボルト1本、ワッシャ一枚にまで、素材に拘り加工の手間を惜しまず製作された
GULFさんの至極のOV29が、もらい事故で大破してから早一年、、。



復活の為のご依頼承りました。

e0085968_2311631.jpg


今回は、サイタニヤさんでカーボンカウルを特注され、
そちらに塗装させて頂きました。








カーボンだったと分かる箇所の一つ。
ライト。
e0085968_232883.jpg

下のダクトは、ライトのカーボンとは異なる表情を見せたいが故に、カーボンにスモーク塗装しています。









こちらはカーボンが良く見えますね。
e0085968_233427.jpg










このような文字も

e0085968_2342030.jpg





塗装で表現しております。
e0085968_234399.jpg








e0085968_235172.jpg



今回、タンクは左右のマークが異なります。
e0085968_2371012.jpg





実は、GULFジャパン公認・認可車両状態です。
e0085968_2372074.jpg











e0085968_2385790.jpg










フェンダもカーボンですが、
e0085968_23103092.jpg














「DUNLOP」ロゴは、黒+ガラスフレークですので、
e0085968_23105214.jpg









一切、カーボンの痕跡は見当たりません、、(笑)
e0085968_23121040.jpg


こんな「美」「想い」をご理解頂ける方は、かなり少ないカスタム上級者かと思います(笑)
流石GULFさんです!

カーボン目は見えなくてもいいんです、、カーボンで有れば可。
流石カスタム上級者♪

私も勿論、勉強させて頂いております。









e0085968_23135051.jpg

こちらも塗装です。


流石に線が細すぎて、作業の都合上無理かと思いましたが出来ました。

ひと安心。











リアフェンダ

e0085968_2320190.jpg









前回はカーボンそのままでしたが、

e0085968_23202250.jpg



今回は塗装。








シートは今回ゼッケンベースが入ったのが、大きな変更点です。
e0085968_23221059.jpg











e0085968_232312.jpg


こういう箇所にカーボンである事を主張されています。

e0085968_23231761.jpg





e0085968_2324049.jpg







e0085968_2324201.jpg







e0085968_23244654.jpg






e0085968_23245798.jpg







また、ナンバープレートにエンジンカバーまでも!!
e0085968_23251380.jpg





勿論、メーター取り付け板にも!!
e0085968_23255010.jpg






こんなマーク部も滑らかに綺麗に!
e0085968_23351652.jpg











週末の鈴鹿8耐イベントへ 雑誌社絡みで持ち込まれます。

出展ブースでご覧なられるかと思いますので、
どうぞ、至極の逸品をご覧下さい!


毎度のご依頼、
誠に有難う御座います。
[PR]
by os_design | 2011-07-28 23:29 | 作業・完成品

車検

GPz900Rが出来上がってから初めての車検。

改めて車検証を見ると、昭和59年。A1かな!?


今まで、年式なぞ気にしていなかったのですが、
2年乗ると愛着も湧き、ちょっと気になりだしました。



ググッてみると、フレーム番号からどうやらA2の様子。


折角だったら、A1が良かったな!と2年越しに思った次第です。(笑)





もう、フレーム自体劣化してるだろうな、、、新品フレームに交換もいいな。


主治医の元へ車検のお願いに行ってきました。
e0085968_23214365.jpg


急に鈴鹿8耐に出る事になったTakeUp田村主治医。

ですので、車検も当初のんびりな予定でしたが、急遽その多忙な間を縫ってお願いして来ました。






店内で見つけた熱中症に効く部品。
これ、、カウルの中に入らないかな?
e0085968_23334836.jpg

猛暑もこれだったら耐えられそう♪







主治医も最近導入したダイノジェットで測定して頂きました。
e0085968_23352449.jpg


最近は、これが無いと仕事にならないようですね。
なんだか皆さん、スパナを買う勢いで導入しているような、、(凄い!)
こちらは主治医の趣味の道具なようです(笑)
流石なんでもトコトンな田村氏です。






「ちょっとウチのは低めに出るみたい」とは主治医談。

e0085968_23364673.jpg






それでも想像していた「最良」の結果
e0085968_2342660.jpg

馬牧場125頭

ZX10ノーマルピストン中古エンジンに+αです。

120はいってるだろう~。無かったら寂しいな、、、125出てたら十分♪と思っていましたので、
予想の範疇でベストでした。

ニンジャ仲間からすると、低い数字ですが私には満足です!





オイル交換にフィルター交換。
e0085968_23505443.jpg


男の鉄マフラーは本来フィルター交換の際、要エキパイ取り外しなのですが、
主治医と工夫しエキパイ外さずにフィルター交換できホッコリ。



オイルは主治医の今のお気に入り。巷で噂のシェルアドバンス。

アンダーにMOTULステッカーなのはご愛嬌。





これで、次の2年が始まりました。


2年で1万キロ走行。


若い時とは異なり少ない数字ですが、色々考慮すると、結構走ってるな♪との自己満足。



車検制度の是非は有りますが、「区切り」が出来ると言うのは良いなと思った次第でした。





そうそう。

なぜ、TakeUp田村氏に愛車を任せたのか。

その一つは、「壊れるよ」と言ってくれたからです。


エンジンOHしても
「壊れるよ」

「こんなのしたらどうだろうか」
「うん、壊れるよ。」



エンジン等組んで「壊れない!」という方は多いですが、

私には、機械で有る以上壊れない訳が無いと考えます。


機械なのですから、手を加えモアパワーにすると通常はノーマルより、
耐久性が劣り壊れやすくなると考えていますので「壊れない」と言う方より
「壊れる」と言う方を信じています。





必ず大丈夫。

間違いない。

絶対。

100%



これら時には必要な言葉かと思いますが、、、、。

有り得ないんですけどね、、。

私の中でのNGワードです。




カスタムだけでなく、

これが「投資」の類でしたら、その言葉の「?」が解り易いです。


「必ず大丈夫!儲かります」
「間違いない!儲かります」
「絶対!儲かります」
「100%儲かります」


どうでしょう!?
信用出来ますか(笑)


機械とは異なるでしょうが、基本同じかと(笑)




昨今の例の原子力も。

同じでは無いでしょうか。




全てのモノはいつか壊れます。
大丈夫な訳は無いです。
絶対は無いです。



ですが、大丈夫・絶対と言い切るチューナーさんもいらっしゃいます。本音は違う事を願います。

大丈夫なのが5000キロなのか、1万キロなのか、、10万キロなのか、、。
使い方にもよりますし、一概に何キロまでOKとは言い難いかと思います。

が、言い切ってくれる方を頼りにする方の為にあえてそう述べているだけだと思いたいです。


普通は「壊れる」と自分で言われる方にエンジンとか任せないですから、、、、(笑)



そんな田村氏の姿勢に打たれました。

実は私の仕事の姿勢と似てたりします。





で、2年。
まだ壊れていません。



壊れる事を知り、ハッキリ「壊れる」と言えるプロですから、壊れないようにしてくれてます。
それは責任回避とかでは無く、至極真っ当で正直な事と理解しています。




だから安心です。




原子の力の村民も、そうあって欲しいです。
[PR]
by os_design | 2011-07-24 00:30 | Diary

余りの暑さに滅入っている毎日ですが、

皆さん体調崩さすに過していらっしゃいますか!?


私の方は、皆様のおかげ様で相変わらず何かと忙しい日々を過させて頂いております。

一人仕事ですので仕事をこなす量は限られており、納期のご迷惑をお掛けしておりますが、

どうぞ、これからもご愛顧の程宜しくお願い致します。



最近は、一ヶ月の時間を要するペイント作業を進めつつ、合間に単品のペイント・加工作業を進めるスタイル

が定着しております。


合間とはいいながら、決して『ついで』で出来る作業では無いのですが、便宜上そう述べさせて頂きました。





こちらは、そんな合間に決して『ついで』では無い作業を経て完成した、
ZRXにダエグカウル・コンバートです。

e0085968_22465438.jpg




ノーマルカウルに左右ダクトの追加です。
e0085968_2333660.jpg





1100・1200シリーズ輸出モデルを模したポジションランプ追加加工です。
e0085968_234178.jpg






ライトボックスも製作しております。
e0085968_2353533.jpg





これらの加工・ペイント代ですが、
これがFRP等大量市販品になると、お安いかと思いますが、
ワンオフ「世界で一品」ですので、御代はベースカウル代を除き諭吉さん10人以上になります。




それが高いと思うか安いと思うか、、、。


対価は作業にそれだけ手間掛かるので仕方が無いですが、逆にそれだけ手間掛かりますので、

安易に「同じ仕様」とは出会わず、満足度は価格以上です。


多少器用な方は自作出来るかも知れません。
が、自作チャレンジしてみると、思ったより大変でその対価に納得して頂けるかと思います。



毎度のご依頼
誠に有難う御座います。

これからも、豊かなZRXライフを過されますよう心より願っております。
[PR]
by os_design | 2011-07-18 23:25 | 作業・完成品

見かける事が多くなったこちらの動画。



台湾  TC BANK 大衆銀行


深く響く方そうでない方、感じ方はそれぞれですね。

私は感涙にむせびました。

個人的にはバイク業界人には観て欲しいと思います。



個々の感じ方次第ですので、映像全てに賛同する必要は無いかと思いますが、
バイクは単なる移動手段で無い事だけは感じて頂けたらと思います。



弊社ではそんな「単なる移動手段」とは考えてはいない方からのご依頼が殆どです。

その想いを大切にし、私の想いも込めて仕事をさせて頂いております。


皆様の大事なパーツ達。
e0085968_22374068.jpg



e0085968_22381366.jpg



e0085968_22382831.jpg

分解塗りですので、裏側もこのように。
e0085968_22383840.jpg

e0085968_22384651.jpg




アルミじゃ無いので、ペイントで色付け華やかに。
e0085968_22392816.jpg



こちらはアルマイトでは不可な艶あり黒に。
e0085968_22404048.jpg




e0085968_22411294.jpg





焼け色塗装。
引っかき傷は使用済みなパーツでしたので、元の傷が透けています。
e0085968_2335851.jpg

そんな事よりも焼け色になっている事が重要だというご依頼です。

「一歩先」に出られるカスタマーなオーナー様だと思います。




レンズも。黄ばみをリフレッシュ。
e0085968_2343595.jpg

バイク乗りは車好きも多いです。






バイクは乗るも良し・飾るも良し・持つだけでも良し・造るも良しな移動手段を越えた存在です。


その意味が心に響く方だけでも結構ですので、これからもバイクが有る生活を楽しんで参りましょう!

[PR]
by os_design | 2011-07-05 23:33 | Diary