バイクの季節

皆さんバイク乗っていますか!?

私は月一乗るかどうかですが、楽しんでおります。


昨月はGPZ750・900Rニンジャ仲間と
昨年に引き続き高野龍神ツーリング。
e0085968_2351395.jpg


遠方組との泊まり宴会・酒飲みが楽しいひと時です♪

今年中にもう一回集まって宴会したい!





今年も千葉から遥々お越し頂いたニンジャ仲間が撮ってくれた私の900R。
e0085968_239028.jpg

カッコいい、、、笑。

ホイルはZZR1400のノーマル6Jです。
マフラーはKファクトリー製の鉄。





今月はお誘い頂き、
今も現役であの頃と同じ場所を走っておられる皆様とツーリング。

e0085968_23191681.jpg


とっても刺激的♪。


バイクっていいですね♪


皆様もどうぞ良いバイクシーズンを過されますように!
[PR]
by os_design | 2011-06-22 22:59 | Diary

レーシングカウル

既にレースシーズン真っ盛り。

そんなレーシングカウルのペイントのご依頼です。

こちら、H様のYZF-R1
e0085968_21485017.jpg

当初、パターン有りのデザインでしたが、思う所があり、単色ペイントで出来るだけお安くとの
ご依頼です。

使用されたカウルでしたので、既にゲルの割れが多々見受けられましたが(それを修正するには下手すると、新品購入の方が早い場合も御座います)、基本的に消耗品のレースカウルですから、極力お安くと言う事で、そのままペイントしています。クリヤは塗装していますが「色が付いている」程度の仕上げです。

このような場合、目安として~5万円程度です。(転倒傷は別途修正費です)







こちら、M様のNinja250
e0085968_2149511.jpg

こちら、上掲画像のR1とは色が異なり、広島の某老舗レースショップカラーです。
サイドの「Ninjaマーク」はステッカーで再現。この作業の後、カワサキから同じようなデカール付きの車両が発表になり、私の苦労はなんだったのか、、と思ったのは内緒の話(笑)

こちらもR1と同様の仕上げですが、R1よりも手間が掛かり、こちらで~6万円程度を目安として下さい。


これまで、レースカウルでもサービスで「裏側」を艶消し黒に塗装しておりましたが、
昨今のレースカウルは形状が複雑で、その作業だけで丸一日の作業になる事も多々有り、とても
サービスで、、、という状況では無くなってきました。
今後は裏塗りを希望される方は、誠に申し訳御座いませんが、別途費用とさせて頂きますので、
どうぞ悪しからずご容赦頂けますよう宜しくお願い致します。目安として1品裏塗り¥5000程度です。




皆様
今年も良いシーズン過されますよう願っております!
ご依頼頂き誠に有難う御座います。
[PR]
by os_design | 2011-06-06 22:08 | 作業・完成品

こちらO様のXJR1300

検討を重ねてロケットカウルを装着。そしてペイントのご依頼承りました。
e0085968_23524857.jpg


O様のアイデアなのですが、凄く「似合う」んですよ。
ロケット+XJR+セパハンが。
シートの形状とロケットの形状のバランスが良いのでしょうね。






周り回って噂が耳に入る方。天才肌のライディングなO様。
e0085968_2353061.jpg

自走でモトレボ参戦し、優勝はカッコイイですね♪。






シートはレオパルド社製を加工されたワンオフに近いシートです。
e0085968_23531158.jpg

塗装前に弊社で、仕上げのFRP加工をさせて頂きました。





黒部は艶消し仕上げです。

このように一部艶消し仕上げをする場合、一度全体をクリヤコートし滑らかにしてからつや消しに
する方法と、塗装の順序に従って艶有り・艶消しを塗装していく方法が有ります。

手間が掛かるのは一度全体をクリヤコートし色の段差を滑らかにした後、再度マスキングの後艶消しを塗る方法です。

比べて容易なのは順序にしたがって艶消しを入れていくという方法です。

容易とはいえ、これはこれで慎重さが求められる作業が必要で、パターン次第ですが、
さほど全体をクリヤコートする作業と手間が変わらない場合もあります。



それぞれメリット・デメリットが御座いますので、そちらをご説明させて頂いた上で、
街乗り・峠・サーキットとハードな使い方をされると言うことですから、
「順序にしたがって艶消=(多少安価)」の手法を選んで頂きました。


塗りの順序次第とはいえ、間にポリッシュ作業を入れておりますので、
艶有り部は色の段差も滑らかに磨きこんでおります。






この度はご依頼頂き誠に有難う御座います。
サーキット始め、これからも益々のご活躍を願っております。


これからもどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by os_design | 2011-06-04 22:47 | 作業・完成品