おかげさまで多忙な日々を過ごさせて頂いておりますが、、



補修ペイントのご紹介。



XJR1300
e0085968_23481852.jpg








CB1300SF
e0085968_23483459.jpg


                        中古ビキニカウルを入手され、パターンを減らして色替え。

e0085968_23484552.jpg



                    





                                      補修ペイント


e0085968_2349227.jpg




マジカルレーシング製カーボンミラー部の傷も補修。
e0085968_23491362.jpg

                   補修カーボンシェル部品は安価ですので、傷が深い場合は買い換えた方が安く済みます。






小型ウインカーもペイント補修。
e0085968_23492440.jpg







補修ペイント
e0085968_2356141.jpg




皆様方からのご愛顧感謝申し上げます。
ご依頼誠に有難う御座います。



さて、、これから、寒くなります、、
季節は冬、、、、。

どうぞお仕事の状態も寒い冬なりませんように、、、汗。
[PR]
by os_design | 2010-10-26 23:57 | 作業・完成品

e0085968_2324398.jpg


大阪S様より Zephyr750のオールペイントのご依頼承りました。











こちらのゼファー750は外装を流用・加工し角Z仕様にされております。
e0085968_23272395.jpg

                                 外の電柱にピントを合わせてみました。








パターン・ラインには相当悩まれましたが、Z1000MarkⅡのラインに決定しました。
e0085968_2330253.jpg

              黒部はラメにキャンディーペイント。光源の元では煌びやか暗所では黒という表情を魅せてくれます。








他車流用も採用されてます。
e0085968_2332396.jpg

                               虹色に光るラメも極僅か載せています。



カワサキ乗りには馴染み深いフェンダですね。
e0085968_23325435.jpg

                                  緑のカウルの写りこみに苦笑








タンクも他車流用されてます。

形状がマークⅡとは異なります。
元のタンクではマークⅡライン仕様が存在しておりますが丸味を帯びたラインですので、
マークⅡの「角さ」を演出するよう、アレンジさせて頂きました。
e0085968_23334044.jpg

                           光源違いで異なる表情をお楽しみ頂ければと思います。

e0085968_2345423.jpg



足掛け2年の歳月を掛け、先日ZEP750を完成されたS様。
想いの篭った車両のペイントをご依頼頂き嬉しい限りです。

以前、1年半?前位にはスイングアームのペイントも承りました。




これからも「造る」を楽しまれるのは勿論「乗る」も楽しまれますよう願っております。

また、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


ご依頼頂き誠に有難う御座います。
[PR]
by os_design | 2010-10-21 00:00 | 作業・完成品










    「岡山国際走ろうぜ!」












と、H氏より誘いを受け岡山国際サーキット・ブリヂストン走行会に参加してきました。

実は、元々誘ったのは私。

ですが、私は当初走る気は無く、走行会を楽しむH氏に「こんな走行会あるよ!」と紹介させて頂くだけに
しておこうかと思っていましたが、、。

折角のお誘い。私も参加して来ました。

e0085968_2312096.jpg



以前、サーキットをニンジャでもチョロチョロ走っていた「いっちょかみライダー」な私。

久しぶりの大きいバイクでのサーキット。6・7年振り。
ニンジャでは7・8年振り。


参加を決意してからというもの、
日々恐怖を感じていた次第です。














ぶ、無事に走れるのかっ!俺

((((;゚Д゚))))











実は一度は参加を見合わせたのも、私のGPZ900Rの現状では「サーキットを楽しく走るレベルにまで仕上がっていないのでは無いか?」という思いと「それでも調子に乗ってしまい、コケないか?俺」との思いが強かったからです。







当日の朝。

ニンジャ仲間3人で参加。
e0085968_23275988.jpg

S氏ニンジャとパチリ。


アンダーカウルはバンク中に路面に擦ってボロボロになるのが嫌で外しております。



いっちょ前にタイヤウォーマーなるモノを巻いていますが、、、、


いっちょかみライダーが持っているハズもなく、、、




元々はニンジャで名を馳せた隣のピットのBANNERの兼田氏が貸してくれました!!
e0085968_23295456.jpg


ありがとう!!サンクスです!!
おかげさまで安心してコースイン出来ました。








自走のH氏登場!

やはりこの時期、朝は寒かった様子。

e0085968_23332476.jpg



走行準備をして、、、受付・車検を済ませ、、、








1本目走行開始!





私のタイヤ、3周はグリップしませんよ。慎重に。

と伺っていましたので、ウォーマーで暖めていたとはいえ、念には念をで5周は慎重に様子を探りながらの走行。


そして、6週目。ちょっと開け始めようかと思った矢先、、、、












エンジンから異音がっ!



















まさか!?もう本日終了か!?


















っていうか今シーズン終了か!?










そして直ちにピットIN!








ピットにてエンジン音を聞いていると、隣のピットから「グリーンスポーツ」店主・入谷氏が

「どないしたん!?」と尋ねて来てくれました。







「え?エンジンの異音?」








「どれどれ・・・」




そして、、、、










満面の笑みを浮かべた入谷氏がエンジンの前部を指差しながら、、、、、、。



















「セ・イ・ビ・フリョウ。整備不良。プッ」 





















「フランジ緩んでるよ。フ・ラ・ン・ジ。」 













 (*´Ω`*)プッ
 
















エキパイ取り付けのフランジが緩んでました。

過大なトルクで締め付けてフランジが曲がってしまうのを嫌って、そこそこで締めていたのが裏目に出ました、、こんなところで、、、汗。


あたた、、、、。

サーキット走行は甘く見ると自身は勿論他者も危険に巻き込みますので、
事前に念には念を。で整備はきっちりこなして来たのですが、こなしたツモリだったようです、、。

ゴメンナサイ。



入谷氏のおかげで、ピットイン後速やかにトラブルの発見ができ2本目に備える事が出来ました。
ありがとう~~入谷君♪



フランジはマシ締めしていませんでした、、、。とほほ。

公道では緩まなくてもコースでは緩みました、、、汗。





結局1本目はこれで終了。









そして、お昼を挟んで2本目









各部をチェックしてコースイン。





5周はゆっくり、6周目から徐々に開けて行きました。


今回の走行会に参加するにおいて、折角ですので各部のチェック・テストを課題に設けてました。






この1年走る度にちょこちょこイジッて来ました。その方向が合っていれば〇〇秒位は出るだろう、

また、それ以上は怖くて無理なんだろうな、、、と思っていましたが、、、、









アクセルを開けていくと、直ぐにその「怖さ」が訪れました、、。










と、止まらん!!、進入で加重掛けられない!、、、、


長期間のブランクから来る精神的な問題に加え、私程度のライディングスキルと現在の部品とそのセットでは、
恐らくこのような事態になるかと予想してました。


やっぱ、事前に思った通り、、、((((;゚Д゚))))


追記
尊敬するライダーさんの一人にちょっと聞いてみました。今回感じた違和感について。昔は精神論で答えてくれるライダーが多かった気がしますが、昨今、レーシングライダーの高年齢化に伴い理論理屈で且つ平易な言葉で説明してくれる方が増えた気がします。勢いだけじゃ怪我しますね、理路整然に返答頂くとスッキリします!。そんな説明上手なライダーさんの一人から所用の電話が有り、ついでに聞いてみました。車体やタイヤの状態はライダーさんには分からないので、単にライディングのみを取り上げてご教授頂きました。伺った内容を簡潔に述べると答えは「丁寧に乗る。至極丁寧に」。「急」の付く操作をしない。なるほど。簡単そうに思えて実に難しそう!。ライディングって面白いですね。そして奥深い。  ありがとう!大ちゃん♪。




サーキット走行自体を楽しむ走行会です。無理は禁物、他者にも迷惑。

止まらないなら手前から減速。曲がらないならよりユックリ曲がり、ほどほどで走行を楽しみながら
各部の動きをチェック。






そして終了。





あ~~楽しかった♪




とりあえずの目安で手計測もしていましたが、予想通りのタイムでちょっと安心。
約10年前のニンジャでのベストタイムから5秒落ち。十分満足!




起こしてから開けていたのが丸分かりなリアタイヤ。
e0085968_0204024.jpg

6インチに180はちと細すぎたか、、。でも寝かしすぎたら危ないからOK!(苦笑)




後ろに比べたら荒れてる感のあるフロントタイヤ。
e0085968_0223819.jpg

コーナーでは直ぐに底突きしてます。(汗)





ツーリングでも危険を感じるフロントフォーク。もうノーマルからグレードアップする決心が付きました。

ノーマルでも上手な人だったらもっと走れると思います。が、私には無理でした、、目指してましたが、、(汗)











皆で「楽しかったな~~!!」なんて会話を楽しみ、


そして後片付け。








e0085968_020172.jpg


H氏帰路へ


その後トランポ組の我々も帰宅。

e0085968_0275968.jpg



皆さんお疲れ様でした!!


いや~、久し振りのサーキット。
ドキドキでしたが、楽しく終えました。

H氏が無理に誘ってくれなかったら、思い出す事も無かったサーキット走行の楽しさ。
ありがとう!





で、次のカスタムプランも進めては行きたいですがサーキット走行が楽しく、

来年も参加したいなと思い、以前サーキットを走っていた時のノートを探してみました。

数年前にも探したのですが、見つからず、、、、、。





今回、ふと思い立ち探してみると、実にあっさり発見!

e0085968_032870.jpg





くだらん事を殴り書きですので、モザイクかけてみました(笑)
e0085968_0325789.jpg






S氏曰く、「コース走るニンジャって少なくなりましたね、、」と言う事で昔はこんなに居たよってな証拠。
e0085968_032259.jpg

現在モトレボではNKマシン全て混走のようですが、昔は参加台数も多く水冷・空冷NKは別開催。
上はウルトラNKっていう「水冷・鉄フレーム車」だけのクラスです。
台数が多く予選も2クラス。当時花形クラスでした。




唯一の表彰台。
黒田さんの後姿は遠かった、、、汗。
e0085968_0383787.jpg

1位は伝説のアゲイン製3型刀改GSXR1100Wエンジン搭載車。
当時で38秒台のタイムで周回。
すっげ~速い。正に別格。





とはいえ、
こちらスーパーライダースという国際ライダーや速い人の為のクラス。
e0085968_12447.jpg

皆さん別格。

今より2世代も3世代も前のタイヤでのレースです。
今もレースが有ったなら、2・3秒以上は余裕で上がるんだろうな、、と思ったり。








こちらはNKモンスタークラス
e0085968_0393521.jpg

空冷車のクラスです。
(XJR1200・1300やGSF(油冷・)は元から「走る」のでウルトラNKクラスだったような、、。)


決勝。
e0085968_0424362.jpg


ポールポジションは友人の岸君。
その後、43秒まで積めたはず。
長らく会ってないけど元気かな~。




VTR-FとTL-Sの発売で盛り上がりを見せ始めたツインクラス。
e0085968_0443128.jpg


ふと思う。

この時からツインへの流れが出来上がり、
現在のイベントレースから待ち乗りまで外車主流の大型バイクへと繋がるような気がしない訳でも、、、。


下手に国産がツインへの色気を出さなかったら、、、自身で種まきして外車へユーザーを取られ、、、。



DUCはデスモセディチRR別格として、基本街乗りでは4発出さないだろうし、、出してもL型か、、。


この辺りが「ブランド力」とそれを育てて行く気概の差なんだろうな、、と思ったり。
事業規模や抱えてるモノが異なるので一概には論じられませんね、、。ごめんなさい(苦笑)。


閑話休題。







サーキット走行は実に楽しい!って事を思い出した一日でした。






走行前の過度な不安は無くなりこれからは年に1度か2度、カスタムのチェックを踏まえサーキット走行を楽しめれば!と思うようになりました。


いや~~、楽しかった!






いらん事を思い出した気がせんでもないです(笑)
[PR]
by os_design | 2010-10-19 01:26 | GPz900R

京都府 T様より
スーパーカブ110のビジネスボックスとスペアGSタンクのペイントのご依頼承りました。

e0085968_23575711.jpg


ボックスは元々素材色(グレー)での販売。
それが余りにも素っ気無い為塗ってみようか。というご依頼です。


主に通勤用と言う事で、安価に仕上げさせて頂きました。





ですが、通勤を主な用途とはいえ、趣味性も大事にされている様子。


e0085968_0111968.jpg



e0085968_0185168.jpg














未だ新車の雰囲気が残っていますが、既に1000キロ超えておられます。
e0085968_014264.jpg




日々の通勤で汚れるハズが綺麗な各部。
e0085968_0165314.jpg

愛着が伺えます。





e0085968_8471710.jpg



e0085968_8473046.jpg

実に綺麗!。


見習わなければ!、、と思いました(笑)。






カタログ値通り、1リッター60Km越えておられるT様のスーパーカブ。

これからも、通勤は勿論、趣味の時間もカブと豊かな時間を過ごされます様願っております。


ご依頼頂き誠に有難う御座います。
[PR]
by os_design | 2010-10-14 08:55 | 作業・完成品

GPZ900R補修ペイント

e0085968_095126.jpg


テイクアップ様よりH氏のGPZ900R補修ペイントのご依頼承りました。


アッパーカウルを損傷され、リペイント。
損傷したカウルは形状的には元に戻せますが、今後の事を考えると買い換えたほうが得策+安価ということで買い替えをお願いし、新しいカウルにそれまでのパターンをアレンジしペイントさせて頂きました。





e0085968_010748.jpg



以前は「灰汁が強いのはちょっと、、、。」と言う事で、フロント部には模様は無しで落ち着いた感じにペイントさせて頂きました。
が、慣れてくると「更に印象的でも可」と言う事で、今回は前面に模様を付けております。







以前は白黒ラインの上下に模様です。
e0085968_0101811.jpg




毎度のご依頼
誠に有難うごいます。
[PR]
by os_design | 2010-10-05 01:39 | 作業・完成品