カテゴリ:自己紹介( 2 )

自己紹介

半沢直樹を第二部から観始めました。これはアレですね、、スッキリされる方と仏頂面になる方とハッキリ分けれそうですね。私はかなりスッキリ派です(笑)。余りにハマって第一部も既に見終え、次は原作!となりましたがまだ古本も高く躊躇していた所、嫁さんが買ってくれました♪今第一部の終盤まで読みましたがネットの批評通りドラマの方が面白いんですが(笑)
e0085968_13472013.jpg





自己紹介パート2
走りなれてくるとサーキットを走りたくなり一番近くのスポーツランド生駒に通うように。時は高校3年生。進学希望でしたが受験勉強ナニソレ?美味しいの?状態(笑)秋の文化祭では確か同級生と学校を休んでみんなで鈴鹿フルコース・ホンダの走行会にも参加し始めてのロードコースも体験。先導付きながら「め、、めっちゃ速いやん、、」とビビリまくり。ちょっと峠を走った程度の私達には先導付きでも速すぎ、、TZR後方排気3MAの友人がデグナー二個目で転倒してしまう事程に。
e0085968_13474012.jpg


走り始めた頃です。走り方も何も分からない頃なのでライン大外しな所を走ってます(笑)当時、確かレコードタイムが34秒前半程度、初走行は確か42秒です。
これが1週30秒程度のコースで8秒落ち。単純に3倍して岡山国際に当てはめるとトップが1分42秒で走っている中で2分6秒走行。ご経験ない方には解り難いですが、トップの方が片手離しで走っても付いて行けない感じです。それなりに走れるだろうと激しく勘違いしていた身には余りにも衝撃的。速さを求めていた頃ですので悔しさも然る事ながら楽しさが圧倒的に勝り継続して通うように。




ようやく慣れてきた頃。
転倒が多くカウルやフレームは缶スプレーで塗っても直ぐにボロボロになりますので、缶は面倒で刷毛塗りもしていました。(笑)
e0085968_13475929.jpg


この頃は3日空けると禁断症状が出て週2回ペースで通い、走る度にタイムアップした楽しい頃です。その後レコードまで後コンマ5秒という所で行き詰まりドン詰まり。コンマ5秒って一瞬のようですが、それはそれは大きな差でして、、(^^;;。進学も終え「走っててもなんか楽しくないな~」と感じた大学1回生の秋。タラレバはアレですが、走り方も整備の仕方も教わる方がおらず、未整備状態のボロバイクでしたから、まともなバイクだったら壁を越えられてたかな?と思う今日この頃(苦笑)

進学後はバイクサークルに入会し夏には連泊ツーリングを経験しツーリングの楽しさを教えて貰いました。バイクの楽しさってコーナーを攻めるだけじゃないんだと改めて再認識。自分でOHしたVΓがエンジン焼きつきで終了していましたので通学・ツーリング用に次のバイクGSXR400RSP2の中古をバイク屋さんで探して貰ってましたが出物が無く、何故かバイク屋さんに置いてあったのが良く似た形の88年型GSXR750(国内仕様)。罠(笑)だったのか一目惚れしてしまい、大型免許が無いのに購入を決定。これも今だから、、ですが当時は大型免許は飛び込み試験しか無かった頃。それまでほぼ2stしか乗った事が無い身には4stで大型は余りにもハードルが高く、開始1分以内に試験終了連続。そこでバイク屋さんにお願いして先にGSXRを納車して貰う事に。免許取るまで絶対乗るな!と念押しされていましたが、ゴメンナサイ乗って練習したおかげで納車後は直ぐに1周回れるようになり無事免許取得。取得後は「これで何でも乗れるんだ!」と改めて考えるとバイクライフが広がった瞬間でした。依然バリマシも愛読するがモーターサイクリスト別冊も愛読するバイク雑誌乱読の時期でした。毎月雑誌代で3000円以上は捻出。クラブマン誌にはバイクカスタムの世界を教えて貰いました。ネットも無い当時は内容も自由でしたね。別冊で想い出に残る記事がGSXR1100Lのオーナーズトーク。年配のオーナーで(当時はそう感じましたが今で同じ年くらいかな、、)職業白バイ隊員の方が「パワーあるからウィリーをやりすぎてネックが潰れるんだよね~」と。今なら問題ありそう(笑)





サーキット通いは減りましたが名阪スポーツランドにも通うように。
e0085968_13495232.jpg


レースは出た事もあるのですが、数周走るために走行代2回分のエントリー代が勿体無く感じ余り出ませんでした。出てもいつもコースで出会う速い方に勝てませんし走る前から順位が解り勿体無く感じて(笑)。学校対抗レースは各大学バイククラブ・サークルの合同イベントですので出てましたが。


GSXR750は不慮の事故で写真を撮る事も無く直ぐ廃車。次に入手したのがGSXR1100K。こちら目ぼしいGSXR(勿論中古)も無い時に既に初の一人遠出旅九州ツーリングの日程を決めていましたので、買い焦って決めた車両でした。後々苦労する事に。でも今と比べて行動は早かった様子(苦笑)
e0085968_1350116.jpg


遠出ツーリング=峠走行は欠かせないのでミニバイクでボロ雑巾になったツナギも思い切って新調。生駒SLのスクーター乗りのカドヤ製ツナギが余りにもカッコ良く、憧れて次はカドヤに!と思うものの、出発前に突然思い立ったので発注する時間も無く更に待つの苦手な性分なので大阪近辺の用品店を探し回りようやくレーシングワールド伊丹で見つけたもののサイズがSサイズ。当時の適正はMサイズ、今はLLワイド(笑)。試着でとりあえず入ったので窮屈ですが購入しました(笑)。ブーツはミニバイク使用そのままでボロボロになったスティルマーティンの脛部を赤にペイント。そろそろステロマーティンと呼ばれていたのが懐かしい、、(笑)。
塗装ご依頼品を皆様には長らくお待ち頂いておりますが、私は今もどちらかと言えば待つのは苦手な方なので、お待ち頂く皆様のお気持ちお察し致します。実に申し訳無く感じております


初やまなみハイウェイ。
余りの雄大さに感動し、初走行では徐行運転しながら景色を堪能。
e0085968_1351132.jpg


すっかり阿蘇のとりこになりその後何度も訪れました。



GSXRで初のコース。姫路カワサキさん主催走行会レース。中山サーキット。
白いヘルメットが大人で渋い!と思い白ヘルです。
ですが、日に日にステッカーが増え続けて結局また塗りました(笑)。
e0085968_13512350.jpg


後々二輪業界に入って知りましたが、当時この走行会レースに参加されていた方の多い事多い事。


その後、GSXR1100Kには各部のガタが。思い切って乗り換えるか世の中はカスタムブームが訪れていましたので、思い切って油冷にお金掛けるか悩みに悩んだ結果、、GSXR1100Wに乗り換えました。ZZRーDがベストセラーでしたがGSXR命なので、またもやGSXR。今度は初の新車で6年ローン。年利13%(苦笑)。本当は1100では無く当時噂がちらほら出ていたGSXR1000を待っていましたが、、実際にGSXR1000K1が出るのは6年後。その頃はGPZ900Rに発熱中(^^)


北海道。
e0085968_13521227.jpg


この頃はキャンプツーリングにドップリ。


オフでも。これは鹿児島佐多岬の林道です。
e0085968_13522616.jpg



キャンプツーリングにも行きますしスポーツ走行も楽しんでいました。
e0085968_13524532.jpg


実はこのGSXRの形は余り気に入っていませんでしたので、最終的にはクレバーウルフさんのフルカウルに変更予定でした。
当時もシートが大きいな~と感じていましたが、今見るとめちゃくちゃデカイですね。(^^;;
時代だな~。



こちらが缶スプレー最後の作品。
こんな写真しか残っておらず。
e0085968_13525898.jpg


黄と黒で塗り分け境目をピンクで塗装でしたが、塗装店で評判悪かった、、。
今更ながら黄色の補色・紫だったら良かったかな?と思う次第。


最後までお付き合い有難う御座います。
手短にはここまでが仕事としてバイクと向き合うまでの私のバイクライフです。写真は峠を走ったりコースを走ったりと攻める事に偏り気味ですが、決してそうでは無く主に西日本を中心に各地へツーリングにも出掛けてました。大きいバイクも小さいバイクもオンもオフもサーキットもツーリングもそれぞれ楽しいものだと知る基礎になった時期です。
今はバイクに乗る時間があまり取れませんが、今でもバイクに乗る際は当時の感覚を思い出すような当時に戻れるような感覚が有ります。バイクはあの頃に戻れる乗り物かも知れません。これからバイクに乗られる方も今から思い出が産まれるかと思います。。
大人になってバイクを所有する事は当時はうっすらとしか感じませんでしたが実に贅沢な事です。収入に余裕があれば良いですが多くの皆さんは苦労して費用を捻出されているかと思います。私も苦労しています(苦笑)。塗装せずともバイクは動きます。それでも費用を捻出し塗装される方々には様々な想いが有るかと思います。その想いに応えるべく今後も仕事に励みたいと思います。

そうそう俺も!良く似た感じ!と共感して頂ければ幸いです。そうで無い方もいらっしゃるかと思いますが、それぞれの楽しみ方を尊重しておりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

では!

PS 毎回ですが、後に読み直して誤字脱字やアレ?と感じた箇所は随時訂正していますので、どうぞ悪しからずご容赦願います(^^;;
[PR]
by os_design | 2013-09-20 13:54 | 自己紹介

自己紹介

ご無沙汰しております。
今日はハンター記念日OSですこんにちは。買えませんけど、、(^^;
ここ1ヶ月はほぼ1台に専念しておりました。ご予算はありますので区切りは設けていますが過去最高の手間隙が掛かっており未だ現在進行形です。早いもので開業して9年目。実はこんなに継続出来るものとは思ってもいませんでした。正にあっと言う間。贅沢を言えばキリが無いですが振り返ると一瞬。正に皆さんのおかげ様です。言葉にすると薄っぺらくなりそうですが、ほんと感謝しております。有難う御座います。
開業当初より変った事と変らない事があります。変らない事の一つに毎回更新の際は初めてご覧頂いている・一期一会を大切にと考え、基本的になるべく回を分けずに1回終了できるよう更新しています。作業しながらそんな事を考えていたら、それなら、、と今回は改めて自己紹介の巻~としてみました~!

高校入学時点でバイクに全く興味が無かった私。中学時代の同級生が高1の夏休みに原付免許取るので一緒に付いて来てくれんか~!(笑)で一緒に付いて行く事になり、折角行くなら、、と勉強して原付免許取得してから始まった私のバイクライフ。それまでバイクに乗る機会は有りましたが、当然無免許で何かすご~く悪い事をしていると感じ面白さよりも罪悪感の方が強く興味は持てませんでした、、、が取ったら景色がガラリと反転。何かが変った瞬間。これで大手を振って乗れるんだ!と思うと何か体中が痺れた事を思い出します
クラブ活動をしていましたので、夏休み等長期休暇中にスーパー等でバイトして手にいれた初めての愛車がアドレスチューン。モトちゃんぷを愛読し当時クラス最高出力7.2馬力のアドレスチューンに惚れて購入しましたが、今思えばチャンプRSかDJ1RRの方が私には良かった(笑)。GダッシュやハイアップRが出る数ヶ月前の頃。自分のクセはまだ分からない頃なので仕方無~い(笑)週末は勿論、平日もクラブを終えて帰宅後は毎日の様にブラブラ走り回っておりました。まだ「攻める」という行為は知らず、単に自転車で行けない「遠く」へ楽に行けることに感動していました。高1の晩秋にふらりと辿り着いたのが「金剛山」そこでは何か分からないけど大きいバイクから私の様なスクーターまで沢山の人だかり。で、何かよく分からないけどバイクが沢山コーナーで駐車して、それぞれが走っている人を見ていたので私もそこに止めて眺めてみた。大きいバイクや小さいバイク、スクーターまで何か良く分からないけど(笑)バイクを凄く倒して物凄いスピードでコーナーを曲がっていた。何だか分からないけど楽しいのかな?で私も走り出してみました。そしたら何か楽しい(笑)。人生を大きく変えるクセが動き出した瞬間でした(笑)そしてSUZUKI道も。


昔の写真を発掘してきました。

初めての大きいバイク。RGV250Γ。いちびってカッコつけて(自分ではカッコつけてるつもり(^^;;)パシャリ
e0085968_10594650.jpg


余りにも転倒が多く、生傷だらけでしたので初めて購入したツナギでパシャリ。
バンクセンサーが削れておりますが、この頃はコイツで走るのは速すぎて怖く膝スリどころでは無かったので、自分で道路にこすり付けて削ったような思い出が(笑)
昨今、膝スリ道場のような企画走行会が賑わっているように感じますが、こんな事していましたので擦った事無いが今からでも擦りたい!という方の気持よ~く解ります!。
ヘルメットはバイク屋さんで捨ててあったものを拾ってきて自分でパターンはそのままに色替えペイントしたものです。、、、よくそんな怖い事が出来たもんだ、、無知って怖いですね。

ほんと良くコケました。
e0085968_110183.jpg





ヘルメットは転倒してボロボロになるたびに塗装していました。
こんなのも。
e0085968_1101327.jpg




その後、今は無き(でいいのかな?)イーグルジャパンの若井選手のヘルメットで衝撃を受け、真似して塗装したヘルメット。
e0085968_1102730.jpg


これから今に繋がる自分にしっくり来るパターン(人真似ですが、笑)が決まりました。こちらはバリバリマシンにも投稿して掲載されて嬉しかったです。
ですので、カスタムピープルやロードライダーなどに掲載して欲しいな~!と言う方の気持ち分かります。
評判がよくて仲間内のヘルメットを缶スプレー代を貰い幾つか色違いで塗装しました。今みたらそりゃ~汚い代物のハズですが楽しかったです。


一番掲載したかった自分用にふざけた塗装のヘルメットの写真が有ったハズですが、無い、、どこに言ったのだろう、、。
ご依頼の際、「こんなの塗ってもらうの恥ずかしいな」とか「こんな風にしたいけど伝えるの恥ずかしいな、、」と話される方もいらっしゃいます。が、私はこうしたい!と言う想いが大切だと考えています。全然恥ずかしい事では御座いませんので、どうぞ恥ずかしがらずにご要望をお伝え下さい!ほんと全然恥ずかしく無いです。ご自身がコレ!と思われる形にするのが一番です。私なんぞこんなペイントしてました、、、とのサンプルを探してましたが、、無い(笑)





高1の秋に目覚めて「あ~膝を擦ってみたい~!」と思って練習するが、全くそんな事が出来る気配無く時は高3の春。
出会いのおかげで苦節1年半で初めて膝を擦った頃です。
e0085968_1104959.jpg

す、、素晴らしい直立具合ですね~笑。

運動クラブの仲間からで「ウチのクラスで膝する奴おるみたい!そして速いみたい!」「紹介して!教えて欲しい!!!」と知り合った友人と同じ偶然クラスになった高3の春。12クラスも有りましたので神さんは私に幸か不幸か道を印してくれたのかも(笑)。そして教えてもらってようやく擦れました。場所は車がまず通らない極端な低速のヘアピン。通称ゴミ峠



ここで練習していたらΓでも擦れるようになっていました。
e0085968_1114397.jpg

某世界GP250cc日本人ライダーの頭の傾きに憧れてました(笑)
余談ですが、アッパーカウルは当時一世風靡したオメガスピードの耐久カウル。現アサヒナレーシング。未だに朝比奈さんに初めてお会いする同年代同世代方の多くが口にする「お世話になりました~(笑)」も私もこの業界に入って口にしました(笑)


でもまだΓで走っていても怖く、日頃はNSR80でした。今は当時の面影も無い持尾峠です。
e0085968_112664.jpg

ここで走っていると気が付いたらΓでも怖く無くなっていました。実に不思議な感覚でした。
気が付いたら一つ年上の幼馴染が同じムジナになっており、譲ってもらったNSR80です。
自宅から近い久宝寺公園の駐車場などにも通っていた頃です。当時は曲がり角や広場があればどこでも溜まっていましたね。


トレーナーを作ったり真っ当な走り屋生活を送っておりました(笑)
e0085968_1123293.jpg


バリマシの俺の背中(確か、、)に送ろうぜ~!と撮った写真です。神戸の御前浜公園です。
名前は、、伏せておきます(^^;;;




最後に。
昨今、昔憧れだったり乗っていたバイクを今改めて購入したりする方も多いと思います。私もこの型のΓは今欲しいと思いますので気持ち理解できます。

でも乗り物としての括りではこちらの方が欲しいかな。
憧れに憧れて購入したユーノスノードスター・NA6CE
e0085968_1125189.jpg

GTロマンという漫画が大好きでした。
確か「計画的陳腐化政策からの脱却」という台詞からイタリア車に限らず旧車への憧れを抱いてました。
それが今のニンジャに繋がるとはこの時は思いもよらず、、。

恐らく人生最初で最後になりそうな遊び車(^^;
ホイルを替えるお金がなかったので白に塗ってみました。
ガンマで何がしたいと言えばサーキット走行ですが、やはり今のバイクと比べてしまいますので、思い出の乗り物を改めて欲しい!と言うのはNA6CEの方がいいかな~?車の運転スキル全く無いので他車と比べても解らないと思いますので~♪

中2病という言葉がありますが、当時と根本は変っていないと言う意味に捉えるなら私は多分、高2病だと思います(笑)


続く、、、かな、、、


では~!





_
[PR]
by os_design | 2013-09-14 11:05 | 自己紹介