カテゴリ:GPZ-Rサイドカバー取付補修品( 2 )

GPZ-R サイドカバー塗装

GPZ-Rのサイドカバー左側のみの塗装の御依頼承りました。
e0085968_17251249.jpg



左側が今回御依頼頂きましたサイドカバーです。

右側のサイドカバーは見本として活用すると共に、
文字の変更も承りました。
e0085968_17253280.jpg


長年、こちらの文字の上にステッカーで色を変えたロゴを貼られていました。
左側の塗装を機に右側の塗装の御依頼も承りました。

右の元々のロゴが隠れるように・ご希望されるワンポイントになるような印象的なロゴを製作し塗装させて頂きました。
e0085968_17263690.jpg






塗装前のサイドカバー。
作業風景です。
エアクリーナー部はカットを希望されましたので、リスクを御説明させて頂いた上で、カット致しました。ここはカットすると割れ易いんですよね(^^;
右側も慎重にカットです。
左側のサイドカバーは割れが各部に見受けられましたので念入りに割れを確認し溶着作業を行いました。
e0085968_17274228.jpg

裏側には定番(?)のファンリレー(かな?)と擦れた痕が有りましたので、
表側をチェック。やはり定番の割れも発見です。
取り付け部シートレール差込部は欠損していましたので、先日ご紹介したキノコを使用し復活させました。

GPZ750・900R用サイドカバー取り付け部のキノコ製作・追記しました。



粗方見つかった割れを溶着後、塗装の下に隠れた割れを発見するために粗方塗装膜を削り落としました。割れが多い品は塗装の下に割れが隠れていたりします。余談ですが私のサイドカバーも念入りに確認したにも関わらず、後に割れが原因の「筋」が出てきました。結構隠れていたりします、、(^^;
削り込んだ後は、曲げてみたりと確認しましたが、大丈夫でしたので、、多分大丈夫でしたので次の作業へ、、。
そして、下地作業~プラサフ塗装~と経て作業を進めます。
e0085968_17282276.jpg


文字部は細かい作業です。
老眼を感じるこの頃。いつまで出来るかな~(^^;;;;

そして上記のように完成しました。




そして納品後、問題発生!!


取り付けキノコの位置が悪く、テールカウルとの隙間が無い!とのご連絡を頂きました。
こちら送付頂きました画像です。
e0085968_17284561.jpg


キノコの位置合わせには、現物合わせで装着確認済みでしたが、このままでは精神衛生上良くないですね。申し訳御座いません。
そして、ご連絡有難う御座います。
これまでサイドカバーの修復は数え切れない程こなしていますが、今回の事例を伺うのは初めてです。そうすると、過去内に留め我慢された方も少なからずおられたかも知れません。今更ながらですが、そのような方へ。申し訳御座いません。
ご連絡頂けたおかげで勉強になりました。
作業の都合上避けられない・避けがたいトラブルは確実に存在しますが、
そのような事例で無ければ可能な限り対応させて頂きます。
どのような事例かは、過去にも述べさせて頂いた事もありますが、また機会を設けて改めて。

サイドカバーを送付頂き修正します。
先ずはカットです。
e0085968_17291578.jpg



固定にはエポキシパテを使用します。
パテ付け面は足付け研磨・脱脂を行います。
e0085968_17293995.jpg


そして、位置を変更して装着しました。左右のズレと高さが低いとの事で調整しながらの作業です。

その後、私のGPZ-Rに装着して確認です。作業前にも装着して確認しております。確かにキツい状態でした。前回は別の車両で確認しています。丁度、シートが無い状態で入庫していた友人のGPZ-Rで、、。私のはタンデムステップがシートレール直付けで外すのに苦労する為、容易に確認出来る友人の車両だけで確認してしまいました。
e0085968_1730527.jpg


無事隙間が生まれました。尚、私のGPZ-Rはこちら側のサイドカバーの取り付け部が
狭く、割れを生じ易い為タンクを浮かせて取り付けていますので、サイドカバーとの隙間は多くなっています。
e0085968_17302538.jpg




以前はエポキシパテへの信頼は薄かったですが、最近は見直しています。
硬化後は黒に塗装し完成です。
e0085968_17304793.jpg


発送後、無事に装着出来たとのご報告を受け安心致しました。
この度は失礼致しました。

ご連絡有難う御座います。
これからもGPZ-Rとのバイクライフ・カスタムライフを楽しまれるよう願っております。
御依頼誠に有難う御座います。



明日から遅いお盆休みを頂きます。
皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご容赦の程宜しくお願い致します。
[PR]
by os_design | 2012-08-20 17:33 | GPZ-Rサイドカバー取付補修品

追記です。下記掲載画像・修復作業を施したオーナー様より「テールカウルとの隙間が少ない」とのご報告を頂きました。
目安の線は御座いますが、最終的には現物合わせでの装着をお願い致します。
高さが異なる場合[削り込む・エポキシパテ等で盛り上げる等]現物合わせでの装着を宜しくお願い致します。



装着にスキルが必要な品ですが、現在ヤフオクにて代理出品中ですのでどうぞ宜しくお願い致します。



これまで、GPZ750・900Rのサイドカバーの取り付け部が損傷している場合、
ゴムに差し込む取り付け「キノコ」部が残っている場合はそれを溶着し補修していましたが、無い場合は他の外装から使えそうな品を移植して作業進めておりました。

こちら私のサイドカバー。
e0085968_11563885.jpg


何かの流用です。見た目は汚いですが役には立ちます(笑)



また、装着して使用している際に割れた場合には皆さんボンド等で付けていたかと思いますが、根元が板状で心許なく外れてしまう事が多かったと思います。


こちらも私のサイドカバー。
塗装後折れてしまいましたので、溶着作業で修復しました。
e0085968_11582835.jpg


使用に問題は無かったのですが、熱を加える事で表側に「歪み」が発生してしまいました。再塗装はしたくなかったので、慎重に作業したのですが多少出ました。(苦笑)
元々、この部分には歪みが有るのですが塗装前下地処理で歪みは無くして塗装しています。


現在、元の「キノコ」が無い状態で復活の御依頼が有り、流用等で製作するにしても些細な箇所ながら作業時間は結構要しコストも掛かりますので、それならと今後の事も考え補修用「取り付けキノコ」を製作してみました。
e0085968_11592026.jpg

レジン製です。基本、仕事として御依頼承った補修作業用ですので、見た目より機能優先しています。


取り付けは接着性・作業性を求め2液性エポキシボンドを使用しています。
ホームセンター等で販売されている接着剤です。


より接着強度を求める場合自動車の板金作業にも使用されるパネルボンドが良いと思いますが高価でもあります。


この部分でお困りの方も多いと思います。
皆様の手助けになればと思い複数製作しましたので販売の予定をしております。



取り付けの際は、先ず折れた部分を平面に削り込みます。
ですが、元々の位置に付いている「円形の成型跡・キノコが付いていた十字の跡」は
位置合わせに使用しますので「跡」が確認出来るようにして下さい。

譲って頂いたS様のサイドカバーが役に立ちました。S様有難う御座います。
スポンジ有りとはかなりの年代モノですね(笑)


そして補修キノコの位置合わせを行います。
e0085968_1214096.jpg



補修キノコには位置合わせ用としてエッジを付けております。
そのエッジを元々の取り付け部の跡を利用します。
e0085968_1221153.jpg


赤線のように位置を合わせます。

取り付け座面には位置合わせ用の目安として角度を付けております。
e0085968_1225341.jpg

あくまでも目安としてご利用下さい。
接着面の確保として座面には適当で申し訳御座いませんが溝を彫っております。


反対側も同様に合わせます。
e0085968_1245665.jpg


元々の跡が隠れてしまう場合はこのようにテープ等で確認し易いようにします。


そして最終的な位置合わせを行います。
e0085968_12540100.jpg

このように平行になるように。


こちらからの角度も。
e0085968_126191.jpg

こちらは純正のキノコの画像です。

座面は角度を付けて2面構成としていますが、あくまでも目安として下さい。


改めて、、掲載画像・修復作業を施したオーナー様より「テールカウルとの隙間が少ない」とのご報告を頂きました。
目安の線は御座いますが、最終的には現物合わせでの装着をお願い致します。
高さが異なる場合[削り込む・エポキシパテ等で盛り上げる等]現物合わせでの装着を宜しくお願い致します。






また、大抵ノーマル状態でテールカウルとの「チリ」は合っていません
折角ですのでコダワリたい方は、上記位置関係をズラす等の作業を行う・補修キノコを削りこむ・テールカウルの取り付けネジ穴の拡大・移動等を組み合わせてご納得いく位置に移設するのが良いです。また、取り付け部のゴムは大抵劣化し硬化していますので、無理な力が加わり破損を避ける意味でも合わせて交換されると良いです。
e0085968_1274876.jpg


上掲画像のサイドカバーを使用しています。
こちらの画像の方が、溶着部の熱歪みが分かり易いですね。



取り付け後、塗装作業を進めている状態です。
e0085968_1282463.jpg



取り付けには多少のスキルも必要ですが、イチから製作するよりも楽に修復出来ます。

如何せん手作りですので品自体は手作り感漂う稚拙な品かも知れませんが、イチから製作するより早く、溶着作業等で修復する場合、再塗装も視野に入れなければならないですが、これが解決してくれます。

肝心の価格ですが、品自体はご覧の通りの品でお安く提供したいのですが、
如何せん生産に至るまでの費用・生産に伴う費用がかさみ1個1500円程度を予定しております。

安定してサイドカバーが取り付け可能になる効用が得られる御代として評価して頂ければ幸いです。


製作型の問題で限定販売を予定しております。
ヤフオクでの委託限定販売・店頭での限定販売の予定です。
また、取り付け作業もサイドカバーの状態によりますので一箇所¥3000~で承ります。

どうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by os_design | 2012-07-23 12:13 | GPZ-Rサイドカバー取付補修品