e0085968_23232962.jpg



毎度お世話になります。
ブルーポイント様より、フルカウルKSR110用外装のペイントのご依頼承りました。
カラーリングイメージは昨今ブルーポイント様で流行(?)しているDUCATIイメージ。
このF様カウルはGP10イメージです。



仕上げはレース仕上げです。レース仕上げとはいえ、趣味性の高いKSR110ですので、普通仕上げとも言うべきかも知れません。文字・ラインは全て塗り仕上げです。が、塗装の段差は角が取れた程度の仕上げです。

実は、これまで個別にご説明をさせては頂いていましたが、私は塗装にとってはこれ位の仕上げがベストだと考えています。

と申しますのも「塗装の段差を滑らかにする・無くす」方法は主にクリヤの重ね塗りと研磨作業の繰り返しですが、通常市販されているクリヤは厚塗り(重ね塗り含む)を想定せず、塗料設計的には適切膜圧外での作業となります。故にトラブルも誘発します。その辺りは殆どのカスタムペインターは承知されていますが、お客様へのご説明はどうかというと、所謂「負」の面ですので、もしかするとお話されている方は少ないかも知れません。ですが、その辺りは私も世の同業者の皆様もトラブルを未然に防ぐよう、それぞれ工夫を凝らしておられるかと思います。塗料メーカー選びや異なる硬化剤比率の塗料のテスト、熱を加えて硬化促進(よく焼き付けと勘違いされますが、本来の焼き付けとは異なります。あくまでも硬化促進です)時のタイミング等。
私の使用クリヤは様々な面を考慮して3:1(クリヤ3に対し硬化剤1)の比率の塗料を中吹きから仕上げまで全て使用しています。(3:1も各種あります。製品によりキャラクターは大きく異なります。レース用ではコスト・作業面(柔らかいので磨きが容易)から10:1若しくは8:1を使用するケースも御座います。)
理由は一概には申し上げ難いですが、硬化剤比率が高いと(スタンダード品は10:1)熱を加えた際、硬化が(いわゆる芯締まり)早く、通常作業ペースでの重ね塗りの際の硬化不良によるトラブルを未然に防止出来ると考えての事です。(熱源の話も必要なのですが、今回は省かせて頂きます。)
硬化剤比率は、私の知る限り、10:1 8:1 5:1 4:1 3:1 2:1とあり、一概には言えませんが硬化剤比率が高い程、高価で高品質という傾向が有ります。(それぞれの比率のクリヤの中に更に様々な種類があります。)
塗料は化学製品ですので、同じ硬化剤比率でも新しい塗料ほど高性能な傾向がありますが、昨今の環境問題からくるエコ(エゴ)の影響で、そうとは限らない製品も見受けられます。色々な意味でメーカーも難しい所だと察します。

ですので、段差無し・滑らか仕上げは非常に美しいですが、美しい反面トゲも有りますのでその辺りにご注意です。

私的には、それは「より上を得る為に捨てなければいけないモノ」だと理解して頂くしか無いかと考えています。
それは、カスタム全般に通じるかと思うのですが、エンジンチューニングでしたらモアパワーと引き換えに失うもの。部品やオイル管理の頻度等、、、。車体も然りだと考えます。その延長線上でペイントも考えて頂ければと思います。ですので、鏡面・滑らか仕上げは実は「腹を括れる上級者向け」だと考えています。


具体的なトラブルのお話は、まだまだ長くなりますので
実際にご依頼承った際にご説明させて頂きます。
何卒悪しからずご了承の程宜しくお願い致します。


とは言え、そのトラブルは大半の皆様には問題にならない程度です。

ええ。
私、大袈裟なんです(笑)

とはいえ、鏡面仕上げは小さな傷も目立ちやすく、雑な手入れではすぐにくすんで見えますので、
しっかり手入れの出来る上級者向けなのは本当です。

閑話休題。



オーナーF様始め皆様が週末のレースもご活躍されますよう願っております。
毎度のご依頼
誠に有難う御座います。
[PR]
by os_design | 2010-04-10 00:15 | ペイントについて

大半の方は、ペイントをご依頼される前に御見積もりを取られるかと思います。

昨今メールでお問い合わせされる場合が殆どかと思います。

その際「詳細は現物を見てからと言うことで、、」とお茶を濁されたと感じる方は多いかとお察し致します。

不信感を持たれた方も多いかと思います。


ですが、、ご依頼先も不安なのです。


例えば、、

「NSF・NSRミニのカウルを綺麗に仕上げて下さい」との場合。


この場合主な問題点は
・どのような形状のカウルなのか?
・新品なのか中古なのか?
・新品の場合、綺麗な「型」で作った良品なのか安価を求めそれなりの「型」でそれなりの仕上げの品なのか。
・中古の場合、塗装済みかそうでないか。ゲルコートの割れはどの程度発生しているか?
・塗装済みの場合、塗装の種類は何か?缶スプレーなのか主に我々が使う自動車補修用塗料なのか?
・重ね塗りをしている場合、膜厚がどの程度あるかどうか。
などなど、、、、


それぞれ条件により「下地作業」を行う際、1時間で済む場合もあれば半日・一日以上数日必要な場合も。

故に現物を拝見してからという事ですので悪しからず御容赦頂けますよう宜しくお願い致します。


例えば、下掲載NSF・NSRカウルが新品未塗装として作業する場合。

e0085968_0565173.jpg


e0085968_0575624.jpg


上は凹凸が無く作業は早いですが、下は凹凸ゆえ全ての作業に手間が掛かります。


具体的に弊社でこのカウルのポリッシュ作業時間を比較すると(コンパウンド・バフ3種類使用。ポリッシュ前#2000~#3000番ペーパー研磨含む)、
上カウル・約1・5時間。下カウル約4時間。
3時間の差はメカニックさんの工賃を例に述べると、1時間¥5000として¥15000ですね。
大半の方はご理解頂けていますが、「5000円/時」の中には電気・水道・ガス代、家賃、材料代、ご飯代、、、などなどが含まれて居ます。
平均的なアルバイトの時給とは内容・意味が異なる事をご理解下さいますよう願います。


全ての作業はお客様の為の「ワンオフ」です。故に「カウル1色〇〇円」と何もかも同じ様に定価を設定する事が出来ないのです。弊社でも目安の金額は掲載させて頂いていますが、あくまでも目安ですので定価では御座いません。
ですので、そもそも我々の仕事は定価を設定出来ない・出来かねない・安めの定価に後々追加追加では無理がある。と考えている事を何卒ご理解下さいます様宜しくお願い致します。

[PR]
by os_design | 2010-03-11 01:33 | ペイントについて

FRP製品をペイントの際、皆さんの為(私もその方が作業が楽ですし、、(^^;)に「元が良い製品を買って下さい!」とお願いしていますが、その理由がうまく伝わっていない事がしばしば。


一番の理由はこういうことです。

空洞チェックで見つかった大きな空洞
e0085968_86570.jpg


このような空洞が後々膨張収縮を繰り返し、塗装面にプックリ膨らんできます。

こちらのカウルメーカーは綺麗な品を造る有名メーカーですが、
ハンドレイアップ製法という手作業ですので、空洞が出来るのは致し方無いかと。


e0085968_8123692.jpg


ですが、ちょっと大きいですね(^^;


FRP製品を購入された際、注意書に「熱を加えてはイケマセン!」と記載されているのは
このような空洞が必ずと言って良い程混入していますので、その対策かと思います。


レース用以外、念入りな作業を求められる際には(値引きを求められた際にはお安くするため行いません)空洞チェックをしますが見落としは出てきます。致し方ない事ご了承頂かなければならないところですが、所謂「安物」はこの空洞が多いため、後々プックリ膨れてくる可能性が高いです。

バイク用外装のFRP製品は手作業で作るFRP製品が殆ど全てですので、手作業ということは練度に応じます。

可能な限り空洞を見つける作業を行いますが、空洞が見つかる度に修正作業を行いますので、
作業代はかさみ結局高価な方の良品を購入したほうが安い且つ後々の信頼性も良好という事もしばしば。


綺麗にされるなら、結局、初期投資は高くても良品を購入した方が良いです。いやまじで。


また、パテ修正を行いますが、個人的にはゲル層とパテの収縮率の違いで、
e0085968_8222674.jpg

膨らみこそしなくてもパテ跡は後々出てくる可能性が有るかとも。

白ゲルやFRP製品の樹脂で修正すれば良いのでしょうが、
作業コストが上がりすぎますので思案中。いや、ちょっと無理かな、、(^^;

ニンジャに例えると1・2万円程度のニンジャアッパカウルを念入りに作業すると、下地作業のみで2万円~位にはなりますが、
ゲルやFRP樹脂で作業すると、ちと面倒。樹脂パテってのを作れますが、ちと面倒なので、コストが合わない、合わせられないのがちと問題。


更にメス型が悪いのかオス型が汚かったのか、整形の悪い品が多いので、
空洞だけでなくコダワル方には丸くなったエッジも修正します。

綺麗にするなら結局それなりの品を買ったほうが安かったと言う事になります。

ですが、ご自身で作業される場合やレース用などの消耗品でしたら、
安上がりで良いですね!


ご理解頂ければ幸いです!
[PR]
by os_design | 2010-02-18 08:38 | ペイントについて

本日は、用途に応じてお安くお気軽に。

という事で、レーサー仕上げのご説明をさせて頂きます。


丁度、良い見本がありました。

KSR110ミニンジャレーサー。

e0085968_23362715.jpg


春頃に、昨年秋の転倒傷もそのままの状態の頃、馴染みのショップ様に「貸してくれんか?」との依頼。

急遽、レーサー仕上げで塗り上げました。


遠距離での姿はこのような感じ。


、、、しっかし、なんだ、、何かカッコ悪い立ち姿だ、、、汗。
 姿はセパハンの方がカッコイイ、、笑。



近距離ではこのような感じです。

e0085968_23403826.jpg


いわゆる柚子肌ですが、転倒当然のレーサーですので必要十分です。

写真写りも前出画像の通り、必要十分です。







このレーサー仕上げと正反対の見本。

私のGPZ。

e0085968_2351861.jpg


柚子肌無し。平滑な鏡面仕上げ。

「Smooth Surface」です。


通常、ご依頼承る際には、平滑な肌仕上げを基本としてお見積もりさせて頂いています。


傷の付き難い高硬度のクリヤを使用していますが、やはり傷は付き物。

平滑な面は傷が目立ち易くもあります。

「Smooth Surface」は、日々のお手入れも大切ですのでオーナーを選びます。




また、個人的な感想では、所有感も大幅に異なります

事実、ミニンジャの所有感も以前と比べ、、。


レーサーでも、決勝カウルが綺麗だと、車両が纏う雰囲気が異なります。


ですが、お代は同色でも倍近くになりますので、通常はお手軽なレーサー仕上げが良いですね。



レーサー仕上げ

600・1000cc SSマシン フルカウル・シート(タンク別) 
6万円~(色・造形・点数・状態により積算します)



昨今のSSマシンは複雑な形状・部品点数増により、

これまで以上に、一台「幾らです」と申し上げに難い状況です。

実際にカウルを拝見しないと、ご返答し難い事、何卒ご理解頂ければと思います。



本日は良く頂くご質問の一つ、
レーサー仕上げについて、ご説明させて頂きました。


最後まで、お読み頂き誠に有難う御座いました。
[PR]
by os_design | 2009-11-05 00:45 | ペイントについて

オールペイントのお客様

オールペイントを承った際には、
「タッチUPペイント」を進呈させて頂いています。
e0085968_0463912.jpg

末永く、綺麗な姿の愛車とお付き合い頂ければと思います。
[PR]
by os_design | 2007-01-26 00:46 | ペイントについて

社外品外装 その2

では、社外品外装そのままの形状ではなく、好みの仕上がりにするにはどのような
作業になるのか、、。

例えば、こちら。
e0085968_23273325.jpg
新品ですが、パテで形状の修正を加えています。
雌型の跡が、かなり残っていましたので、
削り込んだ後、薄くパテを塗り消し去ります。


これは、ある車種を別車種にする外装組み換えキットですが、
このようなキットの場合、手作業で一から作成しますので、
左右非対称は勿論、多少の「アラ」は当然発生します。
(金型から作成出来るよう、市場が賑わう事を期待します。)


ライト周り
e0085968_23364543.jpg
デフォルメカウルですが、本来の形状と比べ、エッジが損なわれていますので、
重点的に修正しています。
e0085968_2337925.jpg


修正後、プライマーサフェーサー塗装後です。
e0085968_23373386.jpg



人気車種は、ノーマル形状の外装が多くのメーカーから発売されていますが、
本来の形状を損なっている商品もあります。

そのような場合、ご予算に応じて上掲記載の修正作業を行います。

腕の良い評判の外装ショップの製品では、これらの作業が皆無に近くなります。

それらの製品を購入される際、他社と比べ高価かも知れませんが、
結局のところ、、、、という具合になります。

しかしながら、価格が高ければ良品とも言い難いのも事実です。

では、その見分け方は?

やはり、皆様なじみのバイク店か、常日頃それらと接している方々にご相談されるのが
一番です。


皆様の豊かなバイクライフを願っております。
[PR]
by os_design | 2006-12-05 23:27 | ペイントについて

社外品外装

いつも弊社ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

今回は社外品外装についてです。


塗装される際に、社外品の外装を入手される方も多いと思います。
そのような外装のペイントを承る際、重要な点の一つが
その「品」自体の仕上がり具合です。

初めから取り付け付加・困難など、よく聞く話です。
そのような品を綺麗に仕上げるには相当手間が必要です。

安価な外装を購入したのは良いが、塗装代が余計に掛かり
トータルでは高くついた、、とは、これまた良くある話です。

決して、安価な社外品を否定するのでは御座いません。
安価に商品が手に入るのは喜ばしい事です。

昨今、海外より樹脂製品も多く輸入されています。
外装に限らず、純正部品の代用品として多くの商品が安価に手に入るように
なりました。

最近、良く聞きますのがそれら樹脂部品の白化の進行が早い、
外装品の爪が全く合わない、そもそも違う部品では?と思うくらいに合わない、、、
多分危険。


皆様には、そのようなリスクを十分ご理解頂いた上で、
豊かなバイクライフを送られます様願っております。
[PR]
by os_design | 2006-12-05 23:09 | ペイントについて

仕上げ

仕上げ工程で「磨きをおこなうのか、おこなわないか」は、
作業者の拘りの出る部分です。

おこなう派は「鏡面仕上げ」等、塗り肌では表現し難い
仕上げを好みます。
おこなわない派は、そもそも「磨き」行為は塗装工程で、
狙った塗装肌を塗れない故誤魔化し行為である、
また、磨きをおこなう事で「傷」を付ける事を嫌う等
挙げられます。

では、どちらが正解か?

作業者自身の拘りですので、
私にはどちらが正解か述べることは出来ませんが、
少なくとも、私は「磨き派」です。

しかし、補修ペイント(一部ペイント)の場合、
他の部品の塗装肌に合わすのが、
一番だと思います。
「肌造り」には高度な技術と経験が必要です。

ですが、磨いた塗装肌を好まれる方々が、
殆どですので、弊社では基本的に
磨き仕上げを致します。

私の思う最上級の磨きは、
高級4輪車等ではなく、
天体望遠鏡の反射鏡です。

大型の反射鏡にもなると
年単位で磨きあげます。

弊社では、同様の仕上げを行なう気持ちで、
作業を行っています。

こちら
e0085968_022412.jpg

このタンクの写りこみです。
e0085968_049128.jpg

各社の選りすぐりの数種類のコンパウンドを使用し、
磨き上げています。

某有名量販店様
4ミニパラダイス出展車両のタンクです。

黒単色では御座いません。

お客様ご要望の技法を施してあります。
ご覧頂ける機会が御座いましたら、
是非、その深みを味わって下さい。
[PR]
by os_design | 2006-07-20 00:36 | ペイントについて

塗装自体は、、。

みなさん塗装の経験は有りますか?

昨今、情報入手が容易になり方法自体は良くご存知の方が
多いと思います。

カウル・ヘルメットの塗装をした事が無い方、
一度は経験されるのも良いと思います。
結構楽しいですよ。

経験された方。
キッカケは何でしたか?

恐らく「傷が付いた為」というご意見が多いかと思います。
みなさんご承知の通り、塗装自体は特殊な色でないかぎり、
さほど難しいものでは御座いません。
では、何が難しい・大変なのか、、。

まず、下地です。

タンクの凹み等を修理するためにパテを使用した方なら分かると思いますが、
「面出し」に手間掛かります。

そのような作業を行っても、出来上がり状態では、
どのような下地作業を行ったか、見えません。

また、見えない故に作業者次第で幾らでも手を抜けるところでもあります。
では、どのような手口で手を抜くか。
様々な手口を数多く見てきましたので、
実際にお会いした時にでも、、。


OS DESIGNでは新品状態では比較的低価格で、
承りますが、下地作業が必要な場合は別途ご費用を頂く場合が御座います。
それは手を抜く事無く作業を行うためです。
どうぞ、ご了承下さい。
[PR]
by os_design | 2005-12-30 00:09 | ペイントについて

例えば、、、


「塗り直すにあたり、全くノーマルと同じではつまらない、、
しかし、派手なパターン等は嫌い」
という場合。

そのような場合は、ノーマルパターンの色替えをお奨め致します。
e0085968_23282944.jpg


純正であるようで無いパターン配色
e0085968_23305995.jpg



e0085968_23382987.jpg



末永くお付き合い出来る愛車となります。


OS DESIGではお客様の愛車から、
色替えサンプルを製作することも可能です。
是非、ご相談下さい。
[PR]
by os_design | 2005-12-13 23:44 | ペイントについて