新しいのは良いのか?

GSXR1100Kですが、
各地へのツーリング、峠道、サーキットと頑張ってくれていましたが、
如何せん、くたびれてきました。

乗り換えにするか、「K」に金を注ぎ込むか、、、

色々なバイクに乗りたかったので、
結局乗り換えすることにしました。

中古に疲れていたので、
新車・男の60回払いですw。
今なら、男の84回でしょうか、、w


覚えている限り、当時候補としたのは

出たばかりのビューエルS1
モトグッチ1100スポルト
ZX9R・B
ZZR1100D
DUC900SSハーフカウル
GSXR1100N
GSXR1100WR
GSXR750SPR



、、、まだニンジャは入ってきていません、、笑。

選考の結果、最後に残った候補は、
やはりGSXRシリーズでしたが、
迷っているうちに、油冷最終R、SPR共バイク仲間が購入し、
じゃぁ、ということで1100WR。

結構、走りにいったバイクです。
北海道から九州。
(東北はバイクで行った事ないです、、。)

近場も良く走りに行きました。
e0085968_102641.jpg

龍神サーキッ、、いや龍神スカイラインです。
毎週末には龍神でした。

評判の悪いバイクでしたが、
私には良いバイクでしたw。

ですが、今になって考えると、開発の方々には申し訳ないのですが、
結局、水冷ダブルクレードルは過渡期のバイクであり、
楽しさは油冷の方がかなり勝っていた気がします。


このブログを書いていて、
更に気が付いた・思い出したのですが、
水冷1100は2次減速比が高い設定でした。
それは油冷に比べかなり劣る低速トルクをごまかす為だったのかと、、、。

新型が全てにおいて勝っているわけでは無いと
理解するには私にとって高い授業料でした。


続く


追記
後に、要整備GSXR1100Mを入手しました。
とうじ憧れていたカウルもセットです。
ですが、既に頭の中は、、、、、ZX900A。
そのまま売却し、モンキーの部品に生まれ変わってくれました。
[PR]
by os_design | 2007-02-01 01:00 | Diary