ネタ元発見

「セルフビルドでガレージライフ・実行してから悩みましょう」の
ラット氏
より、先日出張先の業界イベントで、
興味深い資料を頂きました。

ありがとうございます。
e0085968_23225140.jpg
         横浜 T様「刀」です。塗装のご依頼誠にありがとうございます。

以前にも掲載致しましたが、
コチラ
ヤマハ(発)のフィルムオングラフィック。
「これがネタ元だろう」という資料です。

株式会社 倉本産業

まだHPには掲載されていませんが、
セブンタックアルテとしてイベントで発表。

メッキ調も製作でき
その仕上がりはかなり良好との事。

また、インクのみの水転写シートも発表。

e0085968_23273668.jpg
       茨城 I様田口選手レプリカヘルメット ご依頼誠にありがとうございます。


水転写の特徴として、曲面追従性・グラフィック性などが優れているようです。
実際に製品を見たラット氏の感想から想像すると、
VTR-SP1(SP2は実際に見ていません)のタンクデカールやV-MAX限定
フレイムスモデルなどの極薄精密グラフィックの様な感じです。

同業の皆様も思い浮かぶ車種が有ると思います。

SP1は指の腹で撫でると多少段差は感じましたが、
足付け作業で取れる段差でした。

V-MAXは、、、、
粒子の細かさも素晴らしく、目を凝らして見ないと
デカールだと判別し難いくらいでした、、、。


e0085968_23573399.jpg
            大阪 SD様 塗装のご依頼誠にありがとうございます。


セブンタックアルテは小ロットには不向きだと思われますが、
水転写は近いうちに業務用プリンタ等で製作可能になる、
と思われます。


現在、エンジンチューナーの皆様は今後エンジン自体が無くなるのでは?
という危機感が有りますが、
ペイントショップもデザイン製作でしか活躍の場が無くなるのでは?
と考えさせられました。

、、、、使えるプリンタ出たら買うしかないな、、、。
これ買えるくらいはするんだろうなぁ。
e0085968_0111538.jpg

[PR]
by os_design | 2006-10-14 23:15 | Diary

日曜・イベント日休                  


by os_design