GPZ900Rフレーム

自分のを塗り替えました。
e0085968_1032509.jpg

錆が酷くなってきたので塗り直し。錆が酷くなった原因は、酸性剥離剤の中和不足。錆の戻りが激しいので今はそれ使っていません。


1984年、昭和59年製のフレームです。当初、内部の錆も処理しようと「容器」に浸けこむ算段をしていましたが、容器作りが非常に面倒になり断念、、。

一人だけに容器製作中の姿をみられ、メンドクサイことやってんな~!と(笑)
やっぱ、メンドクサかったです。


ブラスト処理を行いましたが、自分のは後回しになる「アルアル」になり、、、放置が長くなって、また少々錆が、、。中の錆も処理予定でしたので、少しの錆は問題なし。腰を上げて錆との戦い、、。
ご承知の通り、ブラスト後の素地は非常に錆を呼び易い。素手で触るとたちまち錆が出ます。触れるのにも軍手必須なそんなトコへ、錆取り剤って使ったらどうなる!?処理後に錆も呼び易いよね。想像通り!?

錆取り剤塗布してみました。
e0085968_10334144.jpg



e0085968_10335044.jpg




定番のサビる箇所、バッテリーケース台付近は結構な状態。
e0085968_1034599.jpg


勿論、錆は落ちましたが、やはり戻りが激しい。


表面改質系の錆取り剤を幾つか試すも、良い結果にならないので、
e0085968_10342314.jpg





初めて黒錆転換剤を使ってみました。
e0085968_10343666.jpg





予め、錆びたロングプライヤーにてテスト。
e0085968_10344559.jpg





刷毛塗り。指示では2回塗り、テストは1回塗り。
e0085968_1035118.jpg





膜が出来たらカッターで捲ってみます。
e0085968_10352236.jpg






膜が厚い所は転換されている様子。薄い所は効果が薄い印象。
e0085968_10353391.jpg




e0085968_103663.jpg



e0085968_10361329.jpg




使った転換剤は、パーマテックス・ラストトリートメント。
e0085968_10362587.jpg




e0085968_10363625.jpg




e0085968_10364876.jpg




そして、プライマーサフェーサー塗装し、錆で掘れた箇所の手直しして、、
e0085968_10365992.jpg






さて、、今回はどれだけ持つのだろうか、、。
e0085968_1037893.jpg

もう、どうしようも無くなったら、ZX750Gフレームも有るので、そっちを使えないかな!?とか思ったり。ただ、書類無いんですよね~。先日、書類の再発行の簡素化のニュースを見ましたが、750Gも書類作れないかな!?一年新しい1985・昭和60年製です(苦笑)
新品フレームってまだ出るのかな!?と調べた所、2017/7/24現在最終A16も国内最終A11も販売終了でした。
新品フレームってしっかりしてるんかな!?テストはもう手遅れ。






話しは変わりまして扇風機、工場扇修理。
e0085968_10372756.jpg

首振り時、カックンカックンして回らなくなりました。



無理に回すと、ギアが欠けて回らなくなりますね。
e0085968_1037523.jpg

家庭用みたいに、無理に回して破損させていました。




以前にも欠けたギアを修理しましたが、直ぐにアウト。
e0085968_1038990.jpg





逆ネジの罠にハマりつつ、、歯車を取り外して、
e0085968_10382074.jpg




アルミで歯を作って、、
e0085968_10383216.jpg





トーチで炙って差し込み。
e0085968_10384526.jpg




掴み部分他を削って整形し、
e0085968_10385692.jpg






取り付けたら無事可動。
e0085968_10391479.jpg



今週は鈴鹿8耐ウィーク。
ピットでは、首がカックンカックンした工場扇を良く見掛けますね。
直ぐに直りました。ピット要員の為にどうぞ直してあげて~~!


では~





_
[PR]
by os_design | 2017-07-24 10:39 | Diary