連休は終わりましたか。

こよみではGWも終わりましたね~。良い連休でしたか?

私も、遅ればせながら今年初のニンジャでお出掛けを(^^;
正直、昨年は多忙もさる事ながら厄年でもあり、何故か乗る事に億劫でしたが、今年は乗りたい病がウズウズ。ようやく乗れました。
e0085968_12484696.jpg


お出掛け先をドコにしようかな~!周山かな~龍神かな~?な~んて考える時間も楽しみつつも、結局ある一日の午前中しか時間が取れない事もあり、折角ですからみんなに会いに某お山へ。なかなか行けない場所ですが、いつも笑いが絶えない素敵な雰囲気でホッコリ。万が一を考えツナギでは無いですがフル装備なんで遊んでみましたが、寝かすのが怖い怖い(笑)。友人の2014Z1000に乗らせて頂き、前輪が近すぎる感覚に戸惑いつつも、ニンジャだったらよっこらせ!となるトコロをスイスイ何も無くクリヤしてしまう感覚に、時代の進化を感じた休日でした。



そりゃ、もう30年ですもんね。
e0085968_1249851.jpg



比べたら駄目ですが、気のせいか私のニンジャ、前に乗ってた・乗らせて頂いたニンジャと異なり、スイスイ感が希薄なので、もう少しなんとかならないかな~と思ったり。




帰宅後はこちらも久し振りに嫁さん号のXR230を始動してお買い物に。
e0085968_12492297.jpg


このクラスのバイクは個人的に「上がり」だと感じるクラス。ニンジャもそうですが、XRも乗る間が無くても手放したく無いですね。、、、嫁さんは小型スクーターに替えたいと申してますが、、(汗)




連休中立ち寄った本屋さんで、読んでみたかったのが有ったので買ってみました。
e0085968_12494056.jpg



文字を追うのが億劫な人なのですが(笑)

良いお休みを頂けリフレッシュ出来ました。




まだ連休中、これから連休の皆さんも良い連休になりますように!




XJRホイル塗装やり直し。
若かりし頃に乗っていたバイクのホイルと同じ塗り分けを!とのご依頼でした。
e0085968_11343797.jpg


こちら、以前ポリッシュ+キャンディークリヤ仕様で塗装させて頂きましたホイルですが、恐れていた事が最悪の形で露呈し、再塗装させて頂きました。





アルミ地にクリヤ塗装は密着が非常に悪いので、予めその旨お伝えしていましたが、
最悪の事態に。
ペリペリ剥がれて大変な事に、、(泣)
e0085968_11356100.jpg


昨年、筑波TOTに出場されたXJRのホイルですが、現場でのタイヤ交換の際には、ペリペリ捲れる塗装のせいで、エア漏れも発生し多大なご迷惑をお掛け致しました。申し訳御座いません。現場では必至こいてリムの内外を剥がしました。




元々、キャンディー仕上げでは無く、メタリック塗装を御希望されていたトコロ、私が塗装のテストを兼ねて提案させて頂きました手法です。見た目は綺麗だけど実用性がどれだけ有るかテストしてみたかったのです。私自身のニンジャでもカバー類はテストしています。ヘッドカバーやらは大丈夫でも、ホイルはもうこのように実用不可と考えた方が良いです。

旧塗装膜を全て剥がして再塗装開始です。
e0085968_1250197.jpg


フロントもお詫びを兼ねて再塗装致します。



でも、アルミ地+キャンディーの綺麗さを捨てきれず、もう一度あがいてみます。

リム部に強度のヘアラインを付けて、アンカー効果という密着向上を図ってみました。
e0085968_1250469.jpg





余計な箇所にはアルミ地に直接クリヤを載せたく無いので、マスキングして改めてキャンディー塗装。勿論、密着向上のプライマーも塗装して~。
e0085968_125156.jpg


硬化促進後~


剥がれのテスト。
マスキングテープではOK!ではガムテープでは、、、




あぁ、、駄目だコリャ。
e0085968_12513071.jpg


綺麗に剥がれます。



事情を説明し、アルミ地直接の塗装は断念しました。
e0085968_12515458.jpg


もう一度綺麗にして~



プラサフ塗装から。
e0085968_1252747.jpg





研磨洗浄の後、改めて塗装です。
こちらは下色で、、
e0085968_12522375.jpg





やっぱり、キャンディの綺麗さが欲しく、キャンディーゴールドにしました。
e0085968_12523610.jpg


出来れば塗装膜の薄い方が良いんですが、綺麗さを求めて比較的厚くなるキャンディーにしました。少しでも塗装膜を薄くするために、下色もシャンパンゴールド系で色を付け作業進めました。



写真では伝わり難いですが、やっぱりキャンディー綺麗です。
e0085968_11382936.jpg





キラキラする粒を入れましたので、ひなたではキラキラ綺麗です。
e0085968_12563962.jpg



丁度、作業中同じホイルユーザーがお越しになり、このホイル、純正塗装も素材のせいか剥がれ易いね、、とご教授頂きましたので、これでも剥がれ易いと思います。




組み込み時はメカさんが慎重に作業して頂きましたので、今の所はOKです。
e0085968_1139684.jpg


世間には性能の良いアルミプライマー(透明)が必ずや存在しているハズなので、手に入れる事出来ないかな~。また、劇薬処理とかで密着向上とか出来れば良いんですが、、廃液処理が厄介です。

ご迷惑お掛け致しました。

以前よりもマシですが、やはり丁寧な取り扱いが必要です。
オーナーはレースでも使用されますので割り切られておられますが、
街乗りメインの方は、現状ウチではこのようなデメリットがありますのでご注意下さい。

綺麗さと実用具合が比例すれば良いんですけど、なかなか難しいです。
[PR]
by os_design | 2014-05-07 11:53 | Diary