追記・ロケットXJR1300・追加工+ペイント

追記です。
最近、エキサイトブログにもソーシャル表示が出来た様子、、。
多分、私がずっと知らなかっただけかもですが(汗)

表示のN様SC59でイイネ押して下さった皆様誠に有難う御座います。
折角ですので、一つ遡って表示してみました。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。




ロケットXJR1300・追加工作業承りました

昨年、オールペイント承りましたO様ロケットXJR13。
e0085968_5162812.jpg


オーナー自ら具現化されたこの形。
実にカッコイイ!と思います。








カウル装着の際セパレートハンドル化されたのですが、
タンクとハンドルの隙間が、、、。
e0085968_517132.jpg


トップブリッジの角度で解ると思うのですが、大幅にハンドルストッパーを延長加工してもこんな隙間と言う事で、、、









凹み加工されたタンクをお持込頂き、ペイント作業承りました。
e0085968_529193.jpg


凹み部分は切り取り凹板を綺麗に溶接されています。
「有り」な作業では有りますが、ハンマーで叩いて凹ましてパテで造形では御座いません(笑)









御依頼主様には、その都度作業ご報告をメールで送付させて頂いております。
大事な外装がどの様に作業が進んでいるのか手は抜かれていないか、
間違いは無いか等ご確認頂きご安心を届けると共に作業中の変更・打ち合わせも行います。
(しかしまぁ、、何が手を抜く抜かないかが?じゃ!とのご意見も、、笑)


今回は、凹んだ為にYAMAHAのロゴを何処に入れるか?
をメールと電話で打ち合わせしながら作業進めさせて頂きました。





凹み部分にロゴを被せるか、、音叉マークにするか、、
e0085968_5194353.jpg


音叉マークよりはYAMAHAロゴ!と言う事で、、、








先ずは作業を進め黒部を塗装後、改めて車体に載せてイメージ画を製作しました。
e0085968_531553.jpg



白ストロボラインとYAMAHAロゴはCGです。
画像はロゴが小さいですが、他にも大きさの異なる画像を複数製作し打ち合わせさせて頂きました。







大きさ・位置が決まり、作業を進めストロボラインのマスキング作業中です。








そして、完成しました。
e0085968_5211634.jpg

e0085968_521507.jpg







ハンドル・タンクのクリアランスもこのように確保出来ました。
e0085968_522967.jpg







今回タンクのみならず、シート座面の変更加工も承りました。
加工前の最上段画像と見比べて頂きたいのですが、左右太ももに当たる箇所を
削り込みました。
e0085968_5223062.jpg


足つき性向上では無く乗車時の違和感を無くす為との事で、座面を確保しつつ左右幅を切り詰めました。
いや~、想像以上に大変でした。(笑)加工部のみシート表皮風に塗装し仕上げました。


正立オーリンズフォーク外したからなぁ~、見た目は前の方が良かった♪とオーナーは話されますが、
散々仕様変更しテストした結果仕方なく外した事を伺と、今の姿に凄みも増して十分カッコイイかと思います。


今年もXJRと共にサーキットにホームコースと、XJRと楽しまれるよう心より願っております。

毎度の御依頼誠に有難う御座います!
[PR]
by os_design | 2012-05-08 05:23 | 作業・完成品

日曜・イベント日休                  


by os_design