GPZーRエンジン塗装・ガンコート塗装テスト

「下処理にサンドブラスト無しでエンジン塗装を」というご依頼。
塗料はガンコートに決まりましたので、先ずはブラスト処理無しのガンコート塗装テストを行いました。


私のパルシングカバー(塗装済)を剥離処理しテストに。
傷の処理の為パテが入っていましたが、「焼き」のテストも兼ねてそのまま塗装してみました。


脱脂・洗浄・130℃程度30分焼き乾燥・プライマー塗布(専用プライマー・通常プライマー・未塗装部)・本塗り


塗装後です。
e0085968_74242.jpg

塗料の指示書では「170℃・1時間」ですが、念の為「190℃・1時間」の焼入れを行いました。
表面のカサブタ状の箇所は、パテ・サフ(通常品・非耐熱品)の付いていた箇所です。
やはり、非耐熱品ではブツブツに沸きました。



キズを付けて剥がれ具合を見てみました。
e0085968_716104.jpg

専用プライマー部とそれ以外はあからさまに密着度合いが異なりました。


適当ですが、クロスカットテストも行い、テープで剥がれるかのテストも。
専用プライマー部は剥がれません。他は剥がれました。


赤線はプライマー塗り分け部。
時計回りに上から専用プライマー部・何も無し・一番狭い箇所が通常プライマー部です。
e0085968_7202372.jpg




右が専用プライマー・左が通常プライマー。
e0085968_7253124.jpg

同じ力で傷を付けていますが、見るからに線幅も異なっているのがご理解頂けるかと思います。
特に外周部が解り易いです。
中心部はの線は更に強い力を加えてみました。
流石に強く傷を付けると同じ様な線傷が付きました。



次は耐剥離材テスト。
使用剥離剤はネオリバー#100
e0085968_7281253.jpg



気温が低く過ぎ粘度が高いです。
e0085968_7313983.jpg



冷たいと剥離反応も鈍りますので、ヒートガンで暖めました。
e0085968_7322316.jpg




e0085968_733454.jpg



その後、洗浄し表面を確認。
e0085968_734119.jpg

剥離剤で捲れた箇所は有りません。
傷の箇所も通常の塗装膜の様に、傷から捲れるという様子も伺えません。


結果、
ブラスト無しでも良好な密着性能でしたので、


そして、本塗り。
e0085968_7362461.jpg





e0085968_7455449.jpg

ヘッドカバー・クラッチカバー・パルシングカバーは通常塗料による塗装です。



e0085968_7493731.jpg

ヘッドカバー文字部は素地出し無しです。

ヘッド左右はマスキングで素地出しです。
e0085968_7494447.jpg


飛び石等での傷付きの際、そこからポロポロ捲れて来ないか心配でしたので、
簡易テストでは御座いましたが、ブラスト無しでもプライマー塗布で安心出来ました。


車両は10数年前から知っていますが、オーナー様とは一度お会いしたかどうか、、!?な不思議なご縁のエンジン。昔からショップにカスタムで入庫の際良く見てました。
化粧直ししたエンジンで、これからも末永くGPZ-R・ニンジャライフを豊かに過ごされます様願っております。


毎度のご依頼
誠に有難う御座います。
[PR]
by os_design | 2012-02-07 07:04 | 焼き付け塗装