スプレーガンです。

今日は道具のご紹介。
スプレーガンです。

e0085968_23302567.jpg


自分で言うのもアレですが、日々使っている割には綺麗な方だと思います。

このような置き方をする際、先端に気を付けないと傷みますので要注意です。(^^;





ペイントは間口が広く、趣味として楽しまれている方も多いと思います。

ホームセンターでは数百円から缶スプレーも販売しており気軽に楽しめますね。



で、稀にコンプレッサーを用意しスプレーガンでペイントを始めてみよう!という方から

「どんなスプレーガンがいいのだろう!?」とご質問を受けます。




そのような方々に、私の主観ですが以下ご参考にどうぞ。




塗料によって使うガン(塗料の吹き出し口・ノズル口径)は異なってくるのですが、

「着色する」という目的のみでしたら、極端な例は除いて(ラメ用の大口径のガン等)大は小を兼ねるということでOKです。



着色にプラスして、「綺麗に」「艶やかに」などの要素が加わると、塗料に応じた種類のガンが必要です。




また、スプレーガンメーカーの差は、個人の好みが多いに影響すると思いますので難しい所です。

重さ・重心。噴出しパターン等、作業者の好みが分かれると思います。




うちのガン達です。


譲ったりして減ってはいますが、エアブラシ合わせて15丁を使い分けています。

多くありますが、スプレーガンマニアでは無いです(笑)

e0085968_22181352.jpg


特に特殊で高価なスプレーガンは持っていません。

1丁平均で標準的金額だと思われる、1・5万円~2万円程度です。

全て右手用。カップは金属が好みです。

吸い上げ式2丁の他は全て重力式。







高級スプレーガンは他の設備との関連性も要考慮ですので、あえて購入していない、、、、、と強がってみたりして、、(^^;


いや、本当は5万以上もするガンを試してはみたいのですが、、苦笑。





最近購入したのはこちらのガン。


アネスト岩田のW101美粧シリーズ2丁
e0085968_22213497.jpg


旧型と比較し、軽量で霧が細かい印象です。

カタログ値の吹き付けパターンは広いようですが、私の使い方ではパターンの実用範囲は狭いようで

ガンの運行回数が多いのと、重心位置が悪いのかなんとなく違和感を感じるのがネックです。






道具の進化を感じられるよう、定期的にガンを購入しています。





と言いたいところですが、そうそう買い足し出来るものではなく、、(^^;

年に1・2丁購入する程度です。




偽物が出回っているのか、ホログラムシールで本物との主張をされています。

e0085968_2242297.jpg


ホログラムが綺麗。



「W101」なかなか良いガンですが、私には、以前に購入したこちらの方が好みに合っています。






デビルビス LUNAシリーズ
e0085968_22472393.jpg


購入の決め手はマグネシウムボディ(笑)。

マグネシウムやら、カーボンにチタン。ついつい素材に過剰反応してしまいます。



さほど期待はしてなかったのですが、これが良い仕事をしてくれます。


霧が柔らかくて細やかで、、、解り難いですね(^^;



握り心地も良く、そして軽い!!


軽さって、重要だと再認識。


過去使用のデビルビスのガンに良い印象は無かったのですが、これは私に合っています。


次買うならデビルのガンを、もう一丁かな?



そういえば、同業の仲間が「明治の新しいガン良いよ♪」と教えてくれたので、

こちらが先かな?




かなり長くなりましたので、次は後日ということで!。
[PR]
by os_design | 2010-01-21 22:22 | Diary